359件中 51 - 60件表示
  • 小津正次郎

    小津正次郎から見たドラフト会議ドラフト会議

    しかし、その年のドラフト会議で獲得した新人・岡田彰布の起用を巡ってフロントと現場が対立。小津正次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 会田照夫

    会田照夫から見たドラフト会議ドラフト会議

    三協精機を経て、1970年のドラフト会議でヤクルトアトムズから8位指名を受け入団。同期指名には山下慶徳(1位)・若松勉(3位)・杉浦享(10位)・倉持明(12位、入団せず)らがいる。会田照夫 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡新之介

    片岡新之介から見たドラフト会議ドラフト会議

    福山市の中学校卒業後、倉敷工業高校から芝浦工業大学に進学するも中退し、その後クラレ岡山に所属した。1969年のドラフト5位で西鉄ライオンズから指名を受け、翌年のシーズンいっぱいクラレ岡山でプレーすることを条件に西鉄と合意し、1970年暮れに入団した。片岡新之介 フレッシュアイペディアより)

  • 岩切英司

    岩切英司から見たドラフト会議ドラフト会議

    1981年から1983年まで、3年連続で都市対抗野球に出場。1983年のドラフト6位で阪神タイガースに入団。木戸克彦や嶋田宗彦の存在もあり2軍暮らし・ブルペン生活が長く続き、1990年に38試合に出場する。同年オフ、岩切・池田親興・大野久・渡真利克則 - 藤本修二・西川佳明・吉田博之・近田豊年・右田雅彦の4対5の超大型トレードで福岡ダイエーホークスに移籍。しかし吉永幸一郎の台頭もあって、4年間で14試合の出場にとどまり1994年オフに引退。その後2000年まで同チームの育成コーチとして働いた。岩切英司 フレッシュアイペディアより)

  • 小林敦美

    小林敦美から見たドラフト会議ドラフト会議

    宇部鴻城高からリッカーを経て、1983年ドラフト2位で阪急ブレーブス入団。1989年現役引退。小林敦美 フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷幸春

    渋谷幸春から見たドラフト会議ドラフト会議

    鳴門高校から四国電力を経て、1970年ドラフト8位で中日ドラゴンズに入団。渋谷幸春 フレッシュアイペディアより)

  • 中村国昭

    中村国昭から見たドラフト会議ドラフト会議

    津久見高校では、高橋直樹と共に夏の甲子園に出場。1966年のドラフト会議で読売ジャイアンツに5位指名されるもこれを拒否した。日本鉱業佐賀関からドラフト外で1970年にヤクルトスワローズに入団、開幕試合にもルーキーながらスターティングメンバーとして出場した(ヤクルト球団の「新人野手開幕試合スタメン」はこれ以降、2010年の荒木貴裕まで現れなかった)。どこでも守れる内野手として1973年に121試合、1975年も110試合に出場した。1978年に三浦政基との交換トレードで、日本ハムファイターズに移籍。翌年に引退した。その後、2005年に故郷である大分に社会人野球チームの大分ソーリンズ野球倶楽部を結成し、監督に就任した。中村国昭 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋明 (投手)

    高橋明 (投手)から見たドラフト会議ドラフト会議

    高橋は1971年に西鉄に移籍したが、当時の西鉄には既に1968年のドラフト14位で入団した外野手の高橋明という同姓同名の選手が在籍していた。このため、球場のスコアボードや新聞紙上では、投手のほうは「高橋明」、外野手のほうは「高橋外」と表記された。2人とも1972年限りで引退している。高橋明 (投手) フレッシュアイペディアより)

  • 下田充利

    下田充利から見たドラフト会議ドラフト会議

    岡山県立東岡山工業高等学校から1976年ドラフト6位で日本ハム球団に入団。プロ入り後に腰痛に苦しみ、1982年に引退。下田充利 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉好弘

    児玉好弘から見たドラフト会議ドラフト会議

    1965年秋に開かれたドラフト会議では、東京オリオンズから15位指名を受けたが、これを拒否した。児玉好弘 フレッシュアイペディアより)

359件中 51 - 60件表示

「プロ注目のドラフト候補選手」のニューストピックワード