359件中 61 - 70件表示
  • 栗田雄介

    栗田雄介から見たドラフト会議ドラフト会議

    チームの廃部により、2003年に近鉄の入団テストを受験し合格。ドラフト会議で7巡目指名され入団。栗田雄介 フレッシュアイペディアより)

  • 川村一明

    川村一明から見たドラフト会議ドラフト会議

    1980年のドラフト会議で阪急ブレーブスの1位指名を受けたが拒否している。なおこの年、日本ハムファイターズから1位指名を受けた高山郁夫、読売ジャイアンツから4位指名を受けた瀬戸山満年も入団を拒否、3名ともプリンスホテルに進んでいる。川村一明 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井大輔

    酒井大輔から見たドラフト会議ドラフト会議

    松坂世代の一人。春日丘高では3年春の県大会で優勝。高校時代はMAX146km/hの投手であり、また50m5秒7の俊足と高校通算35本塁打という強打もあり、上位指名候補としても名前が挙がっていた。1998年ドラフト7位で広島東洋カープに入団。指名時のコメントで、「カープは好きな球団だった。」と発言した。酒井大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 桧山泰浩

    桧山泰浩から見たドラフト会議ドラフト会議

    東筑高校時代は投手で4番を打ち、3年春にセンバツに出場。東筑高の同期に広島・高信二がいた。1985年に近鉄のドラフト1位指名を受け入団。1987年、同期入団の池上誠一と共にアメリカ・ルーキーリーグのソルトレイクシティ・トラッパーズに野球留学した。先発入りを期待されていた1991年に一軍未勝利のまま退団。1992年には韓国プロ野球のサンパンウル・レイダースでプレーした。登録名は「黄泰浩」(ファン・テホ、)。桧山泰浩 フレッシュアイペディアより)

  • 川本大輔

    川本大輔から見たドラフト会議ドラフト会議

    三原中央シニア時代は全日本にエースとして出場、広陵高等学校時代は3年春にセンバツ出場、夏に広島県大会ベスト8入りを果たす。2000年ドラフト5位で読売ジャイアンツ入団。川本大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部良男

    阿部良男から見たドラフト会議ドラフト会議

    宮城水産高校を卒業後、ノンプロの全常磐を経て、1969年にドラフト4位指名で西鉄ライオンズへ入団。阿部良男 フレッシュアイペディアより)

  • 切通猛

    切通猛から見たドラフト会議ドラフト会議

    姫路南高から芝浦工業大学に進学。東都大学1部リーグ通算42試合出場、84打数12安打、打率.143、0本塁打、4打点。卒業後は東芝に所属していた。1968年のドラフト9位で阪急ブレーブスに入団。1975年オフに阪神タイガースに金銭トレードされる。1976年にはウエスタン・リーグで本塁打王を獲得する。1977年には代打を中心に74試合に出場した。1978年オフに引退。翌1979年からコーチ・スコアラー・スカウトを務めた。切通猛 フレッシュアイペディアより)

  • 山田真実

    山田真実から見たドラフト会議ドラフト会議

    和歌山・高野山高から1985年ドラフト2位で近鉄に入団。1991年ウエスタン・リーグ最優秀防御率を獲得。1995年現役引退。引退後は近鉄打撃投手兼スコアラーを経て現在はオリックス打撃投手。ニックネームは「おじゃ」(おじゃまんが山田くんから)。特技は読経(特に般若心経が得意)。山田真実 フレッシュアイペディアより)

  • 近澤昌志

    近澤昌志から見たドラフト会議ドラフト会議

    2000年、近鉄にドラフト3位指名を受け入団。近澤昌志 フレッシュアイペディアより)

  • 衣川隆夫

    衣川隆夫から見たドラフト会議ドラフト会議

    実兄の幸夫も捕手としてプロ入り(近鉄→ヤクルト)しており、兄弟捕手としてのプロ入りもささやかれたが、大学卒業時にドラフト指名はなく、社会人のホンダ入り。入社1年目の2002年には日台対抗戦の日本代表に選出され、ドラフト指名解禁時にはプロの指名があるものと期待された。衣川隆夫 フレッシュアイペディアより)

359件中 61 - 70件表示

「プロ注目のドラフト候補選手」のニューストピックワード