359件中 71 - 80件表示
  • 荻野一雄

    荻野一雄から見たドラフト会議ドラフト会議

    引退後はデサントに勤務。その後巨人にスカウトとして復帰し、後に編成部専任次長も兼任、ドラフトによる選手補強に手腕を発揮した。荻野一雄 フレッシュアイペディアより)

  • 石田芳雄

    石田芳雄から見たドラフト会議ドラフト会議

    上武大学第一高等学校(現在は廃校)野球部で活躍。1972年夏の群馬県高校野球選手権大会では敗北を喫し、甲子園出場はならなかったが、アンダースローからのその小気味いいピッチングがスカウトの目にとまり、1972年のドラフト会議で阪急ブレーブスから3位指名を受け入団。しかし、プロでは内気な性格が災いして思うような結果が出せず、1976年限りで引退した。石田芳雄 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・トンプソン (1971年生の内野手)

    ジェイソン・トンプソン (1971年生の内野手)から見たドラフト会議ドラフト会議

    1993年のドラフト会議にてサンディエゴ・パドレスの指名を受ける。(9順目)ジェイソン・トンプソン (1971年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 松尾幸政

    松尾幸政から見たドラフト会議ドラフト会議

    西郷町立西郷小学校、西郷町立西郷中学校、出雲西高等学校を経て、1975年のドラフト会議で近鉄に6位指名されて入団。隠岐出身で唯一のドラフト指名された野球選手となった。松尾幸政 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野英司

    矢野英司から見たドラフト会議ドラフト会議

    法政大学では入学早々リリーフエースとして活躍、チームの全日本大学野球選手権大会7回目の優勝に貢献した。東京六大学リーグ通算22勝、防御率1位1回、ベストナイン1回を記録。また、4年春の東京六大学リーグ戦では、このリーグ所属の選手としては初めて神宮球場のスピードガンで150km/hを計測した(スコアボードに表示されたもの)。1998年度のドラフト会議でドラフト2位(逆指名)で横浜ベイスターズに入団。矢野英司 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野貴英

    佐野貴英から見たドラフト会議ドラフト会議

    滝川第二高校では2年選抜と3年夏に甲子園に出場。高校通算本塁打は44本。1988年のドラフト会議で6位指名で横浜大洋ホエールズに入団。荒削りな打撃を改善できず一軍出場は無かった。打撃フォームは一本足打法だった。佐野貴英 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木健 (投手)

    鈴木健 (投手)から見たドラフト会議ドラフト会議

    1993年、ドラフト3位で広島東洋カープ入団した。同年、プロ初勝利を完封で飾る。鈴木健 (投手) フレッシュアイペディアより)

  • 右田一彦

    右田一彦から見たドラフト会議ドラフト会議

    九州学院高等学校から1981年に電電九州よりドラフト1位で阪神との抽選の結果、大洋に入団。快速球が武器の1軍での即戦力投手として期待されたものの、1年目は2軍でイースタン・リーグでの優勝に貢献するという働きに終わった。2年目には1軍で13試合に登板するも、速球中心の単調な投球は1軍では通用せず防御率は8.80と惨憺たる結果に終わり、1983年11月に竹之内徹と共に新谷嘉孝・欠端光則との2対2の交換トレードでロッテオリオンズに移籍した。右田一彦 フレッシュアイペディアより)

  • 梅津茂美

    梅津茂美から見たドラフト会議ドラフト会議

    1977年、九州産業高等学校の選手として第59回全国高等学校野球選手権大会に出場。日本学生野球協会の表彰選手に選出される。同年のドラフト会議で南海ホークスから2位指名を受けたが、入団しなかった。梅津茂美 フレッシュアイペディアより)

  • 仁部智

    仁部智から見たドラフト会議ドラフト会議

    卒業後、TDKに入社し、2003年の第74回都市対抗野球や第30回日本選手権出場に貢献する。2003年ドラフト5巡目で広島東洋カープに入団。仁部智 フレッシュアイペディアより)

359件中 71 - 80件表示

「プロ注目のドラフト候補選手」のニューストピックワード