148件中 71 - 80件表示
  • インターリーグ

    インターリーグから見たドラフト会議ドラフト会議

    通算成績は2017年度終了時点。ただし日本における交流戦とは異なり、インターリーグにおいての優勝チーム決定制度、最高勝率チーム・勝利リーグに対する表彰制度、勝利リーグに対するドラフト優先指名権付与は一切存在しない。インターリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 小津正次郎

    小津正次郎から見たドラフト会議ドラフト会議

    しかしその年のドラフト会議で獲得した新人の岡田彰布の起用を巡ってフロントと現場が対立した。小津正次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2COOL!

    2COOL!から見たドラフト会議ドラフト会議

    2006年11月20日の放送は、ドラゴンズ情報が、大学・社会人ドラフトの前日だったため、東京支社からの放送で、担当の村上和宏が、パーソナリティーの大仁田厚にいじられまくった。また、この日が公休で、上京時にたまたま東京支社に立ち寄った川島葵が、パーソナリティー2人につかまり、20時台の「くるくるファイヤー」を川島を含めた3人で進行した。2COOL! フレッシュアイペディアより)

  • フィリピンプロバスケットボールリーグ

    フィリピンプロバスケットボールリーグから見たドラフト会議ドラフト会議

    1985年からはドラフトも行われている。フィリピンプロバスケットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • WWE王座 (世界ヘビー級)

    WWE王座 (世界ヘビー級)から見たドラフト会議ドラフト会議

    2005年4月3日に開催されたWresleMania 21でジョン・シナがJBLから王座を奪取し、6月のドラフトで王座を持ったままRAWに移籍。WWE王座 (世界ヘビー級) フレッシュアイペディアより)

  • 文昶辰

    文昶辰から見たドラフト会議ドラフト会議

    2012年、Kリーグドラフト会議を経て浦項スティーラースに入団。文昶辰 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見たドラフト会議ドラフト会議

    2015年は「ドラフト上位」で監督オファーを受けるために現場から離れフリーの立場となった。城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 黄錫鎬

    黄錫鎬から見たドラフト会議ドラフト会議

    大学卒業の際にはKリーグドラフト会議の目玉選手と見られていた。そこへサンフレッチェ広島の足立修スカウトの目にとまり、日本行きへの勧誘を受けた。黄錫鎬 フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ウェガリー

    ロイ・ウェガリーから見たドラフト会議ドラフト会議

    ウェガリーは1980年にマンチェスター・ユナイテッドでのテストに不合格になった後、アメリカの大学でのプレーを選択した。2シーズンをで過ごした間の1983年に大学の年間ゴール記録である21ゴールを挙げている。北米サッカーリーグ (NASL) のは1984年の大学ドラフトで彼を1巡目で引き当てた。NASLの最終年である1984年に、彼は21試合に出場し、9ゴール、17アシストを記録し、最優秀新人賞を受賞した。素晴らしいことに、タンパベイを指揮していたのはであり、彼のつてでウェガリーに将来のイングランドへの移籍の道を築くことに大いに貢献した。NASLの終焉を迎え、彼はのへ移籍し、2年間を過ごした。南フロリダ大学においては、元チェルシーのストライカーであり、UEFAカップウィナーズカップを制したのもとでプロとしてのキャリアとは何であるかという基礎を学んだ。ロイ・ウェガリー フレッシュアイペディアより)

  • トニー・メオラ

    トニー・メオラから見たドラフト会議ドラフト会議

    1999年、紙の「1980年代のニュージャージー州内高校トップテン選手」として掲載した。メオラはサッカーでの優秀さのみならず、ライバル高校との対抗戦に3種の競技をこなしている。彼は同校のバスケットボールのキャプテンとしても活躍し、その上、1987年の同州選抜野球チームにも名を連ねた。ニューヨーク・ヤンキースがドラフト指名をし、後にファームチームでプレーすることになった。トニー・メオラ フレッシュアイペディアより)

148件中 71 - 80件表示

「プロ注目のドラフト候補選手」のニューストピックワード