359件中 81 - 90件表示
  • 内海町 (香川県)

    内海町 (香川県)から見たドラフト会議ドラフト会議

    また、元プロ野球選手として第一回ドラフト会議で阪神が1位指名した石床幹雄、元近鉄バファローズの鳥坂九十九もこの地の生まれである。内海町 (香川県) フレッシュアイペディアより)

  • 新屋晃

    新屋晃から見たドラフト会議ドラフト会議

    鹿児島県の照国高校(現在の鹿児島城西高校)を卒業後、二塁手として1972年、日拓ホームフライヤーズにドラフト6位で入団。主に控えとして過ごすが、走塁ミスのため二軍落ちし、引退。1979年にパシフィック・リーグ審判部に入局した。審判員同期に、セントラル・リーグ元審判員の鷲谷亘がいる。新屋晃 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴見信彦

    鶴見信彦から見たドラフト会議ドラフト会議

    1988年ドラフト会議で阪神タイガースが2位指名。会社からプロ入りを拒否されたため交渉は難航し、年末になってようやく合意し、一人だけの入団発表となった。鶴見信彦 フレッシュアイペディアより)

  • NHLドラフト

    NHLドラフトから見たドラフト会議ドラフト会議

    NHLドラフトは、北米のプロアイスホッケーリーグ、NHLが主催するドラフト会議である。正式にはNHLエントリードラフト(NHL Entry Draft)。NHLドラフト フレッシュアイペディアより)

  • 染田賢作

    染田賢作から見たドラフト会議ドラフト会議

    同志社大では2004年に関西学生リーグ史上初の完全試合を達成するなどエースとして活躍。リーグ通算29試合、15勝9敗、防御率1.12、221奪三振。4回生時に秋季リーグMVP、春秋連続で最優秀投手、ベストナインを受賞。同年の世界大学野球選手権大会・日米大学野球選手権大会日本代表に選出され、2004年度ドラフト会議で自由枠で横浜に入団。染田賢作 フレッシュアイペディアより)

  • 呂明賜

    呂明賜から見たドラフト会議ドラフト会議

    台湾の中国文化大学から1988年にドラフト外で日本野球機構の読売ジャイアンツに入団。呂が1年目につけていた背番号97は、入団時の体重が97kgだったことに由来するが、読売ジャイアンツ在籍の2年目(1989年)以降、背番号を12に変更している。呂明賜 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎健

    山崎健から見たドラフト会議ドラフト会議

    1990年、ドラフト4位で広島東洋カープに入団。斎藤雅樹ばりのサイドスロー投手として、特に阪神戦では勝負強さを発揮し、「虎キラー」と呼ばれた。1996年シーズンには4完封を記録し、奇しくも引き合いに出される巨人の斎藤雅樹と並びセリーグの最多完封を記録する。しかし、1998年以降は伸び悩み、2000年は27試合に登板して6勝をあげるも、僅か6試合の登板に終わった2001年シーズン終了後に自由契約となった。山崎健 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡清治 (野球)

    松岡清治 (野球)から見たドラフト会議ドラフト会議

    1971年、ドラフト7位でヤクルトスワローズ入団。181センチ、74キロという恵まれた体格をいかした真っ向から投げ下ろす本格派でもあり速球派。速球は角度もあり、威力十分。カーブ、フォーク、シュート、スライダー。ルーキー時の1972年、イースタンでは最多勝「12勝6敗」をはじめ4つのタイトルを獲得。翌年の新人王の最有力候補といわれたが、その後ほとんど出場機会には恵まれなかった。1976年にロッテオリオンズに伊達泰司との交換トレードで移籍したものの、ほとんど活躍できずに、翌年に引退。松岡清治 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 相原勝幸

    相原勝幸から見たドラフト会議ドラフト会議

    沖縄水産高校時代に甲子園出場経験は無く3年夏はベスト4。、千葉ロッテに大学・社会人ドラフト6巡目で指名を受け、入団。相原勝幸 フレッシュアイペディアより)

  • 新井潔

    新井潔から見たドラフト会議ドラフト会議

    群馬県吾妻郡中之条町出身で、富岡市小野中、東農大二高から本田技研に入社、1990年のドラフト会議でヤクルトのドラフト4位指名を受けて入団。1992年は1A・サリナス・スパーズに野球留学した。新井潔 フレッシュアイペディアより)

359件中 81 - 90件表示

「プロ注目のドラフト候補選手」のニューストピックワード