148件中 81 - 90件表示
  • ジェフ・アグース

    ジェフ・アグースから見たドラフト会議ドラフト会議

    大学を卒業した後の1991年、アグースはのでプレーした。直後の同年2月13日、のが彼をドラフト2巡目で指名した。彼は1991-1992シーズンで30試合に出場し、7得点した。1992年はサイドキックスを去り、全てをサッカーのアメリカ代表に捧げたが、ダラスは、今度は1993年の(CISL)のドラフトでまたも引き当てたが、さすがに契約にサインをしなかった。ジェフ・アグース フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の野球

    2008年の野球から見たドラフト会議ドラフト会議

    11月16日 -関西独立リーグのドラフト会議で、神戸9クルーズが川崎北高の吉田えり7位指名。2008年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 黄善洪

    黄善洪から見たドラフト会議ドラフト会議

    大学卒業後、ドイツ下部リーグでプロキャリアをスタートさせ、1993年にドラフトで完山ピューマ(現・全北現代モータース)に指名されるが、1対5という異例のトレードで浦項スティーラースに入団。黄善洪 フレッシュアイペディアより)

  • 指名制度

    指名制度から見たドラフト会議ドラフト会議

    指名制度 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田 えり

    吉田えりから見たドラフト会議ドラフト会議

    2008年11月の関西独立リーグの合同トライアウトに合格し、同リーグのドラフト会議で神戸9クルーズから7巡目で指名を受けた。12月2日に正式契約し、背番号は17となった。日本プロ野球リーグ所属の女子選手としては日本女子野球連盟(1950年 - 1951年)以来、そして日本で初の「男性と同一チームでプレーする女性プロ野球選手」となった。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • WNBAドラフト

    WNBAドラフトから見たドラフト会議ドラフト会議

    WNBAドラフト(WNBA Draft)は、アメリカ合衆国の女子プロバスケットボールリーグ・WNBAが実施するドラフト会議である。WNBAドラフト フレッシュアイペディアより)

  • ビッグクラブ

    ビッグクラブから見たドラフト会議ドラフト会議

    一方で「ビッグクラブが存在する環境では、国内リーグの優勝争いが事実上ビッグクラブに限定されてしまい、それ以外のクラブのサポーターが不満を抱えるほか、リーグ全体としても面白さを殺ぐ」として、極力ビッグクラブが存在しないようにすることが望ましいとする「ビッグクラブ不要論」も存在する。このような不要論が出る理由としては、特定のビッグクラブの突出を比較的許容する欧州型のスポーツに対し、米国ではクラブ間の戦力が極力均衡するような各種制度(ドラフト会議、サラリーキャップなど)が運用されるプロリーグが多く、日本においては欧州型・米国型両方のスポーツ文化が混在していることが背景にあるとの指摘がある。ビッグクラブ フレッシュアイペディアより)

  • クラブチーム (社会人野球)

    クラブチーム (社会人野球)から見たドラフト会議ドラフト会議

    クラブチームは全日本クラブ野球選手権大会を除き、全国大会の表舞台に立つことは少ないが、都市対抗野球大会の補強選手として活躍を見せ、NPBのスカウトの目に留まりドラフト指名される場合や、入団テストを経由してプロ入りする選手も見られる。クラブチーム (社会人野球) フレッシュアイペディアより)

  • ドラフト外入団

    ドラフト外入団から見たドラフト会議ドラフト会議

    ドラフト外入団(ドラフトがいにゅうだん)とは、ドラフト制度が存在するプロスポーツ機構において、ドラフトを通さずに選手をチームに入団させること。ドラフト外入団 フレッシュアイペディアより)

  • 小林茂生

    小林茂生から見たドラフト会議ドラフト会議

    1987年のドラフト会議でロッテ・オリオンズから4位指名を受けて入団。しかし、一軍出場が無いまま、1993年限りで現役引退した。小林茂生 フレッシュアイペディアより)

148件中 81 - 90件表示

「プロ注目のドラフト候補選手」のニューストピックワード