28件中 11 - 20件表示
  • ドラフト会議

    ドラフト会議から見た談合

    特に橋本内閣の時期、日本の行政改革の過程で公共工事の談合を半ば制度化されているという趣旨で「ドラフト会議」と報道用語等で表現していた。ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • ドラフト会議

    ドラフト会議から見た2007年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    選手獲得に当たり違反を犯したチームはその度合いによってドラフト指名権の全部または一部を剥奪される罰則を受ける場合もある。主な事例として西武ライオンズが不正スカウト問題により2007年の高校生ドラフト上位2選手の指名権を剥奪されている。ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • ドラフト会議

    ドラフト会議から見たアーリーエントリー

    資格年齢もリーグによって、中卒程度でも可能な場合や原則大卒を取る場合など様々である。原則大卒でも、NFL・NBAにてアーリーエントリーが認められる場合がある。ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • ドラフト会議

    ドラフト会議から見た独立リーグ

    指名可能な範囲は大きく分けて限定された地域(多くは当該国内)の選手のみが指名される場合と、国内外の選手が対象となる場合がある。基本的にはアマチュア選手が対象となるが、独立リーグなど他リーグのプロ契約選手も含まれる。ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • ドラフト会議

    ドラフト会議から見た通過儀礼

    また、プロスポーツのドラフト会議は大きな社会的注目を集めるイベントで、ドラフト制度を持つほとんどのプロスポーツリーグではほぼ全ての新人選手がプロ選手になる課程で通る通過儀礼の一面を持つことから、ドラフト会議そのものを華々しくショーアップしてシーズンオフの恒例イベントとして大々的に開催するプロスポーツも少なくない。ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • ドラフト会議

    ドラフト会議から見たトライアウト

    上記のように初期には獲得を希望する選手との入団「交渉権」を分配するための会議であるが、近年特にリーグを単一の企業体としてみなすリーグにおいて事前にリーグにてトライアウト等で選別された選手を分配するという単純に戦力均衡の手段としてのみを目的とする会議も増加している(bjリーグドラフト会議)。また、選手獲得をドラフト入団に限定するリーグとドラフト外入団を認めるリーグが存在する。ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • ドラフト会議

    ドラフト会議から見た独占禁止法

    北米を中心としたプロスポーツリーグで行われているが、契約の自由に対する制限および近年の独占禁止法などに抵触するため法令で例外措置を受けなければ実施できない場合が多く、欧州では禁止されており、これらの国では自由競争の元で選手の獲得が行われている。ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • ドラフト会議

    ドラフト会議から見たエクスパンション・ドラフト

    ドラフト会議(ドラフトかいぎ)とは、プロスポーツリーグにおいて、選手を各チームに振り分けるために行う会議のことである。本項では新人選手獲得のための会議について記述する。新人獲得以外にもルール・ファイブ・ドラフトやエクスパンション・ドラフトなどとして採用されることもある。ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • ドラフト会議

    ドラフト会議から見た1965年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1936年にNFLにおいて初めて取り入れられた後、以降競技や国の枠を超えて広がり、日本では1965年にプロ野球においてドラフトが行われたのが最初である。ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • ドラフト会議

    ドラフト会議から見たプロフェッショナルスポーツ

    ドラフト会議(ドラフトかいぎ)とは、プロスポーツリーグにおいて、選手を各チームに振り分けるために行う会議のことである。本項では新人選手獲得のための会議について記述する。新人獲得以外にもルール・ファイブ・ドラフトやエクスパンション・ドラフトなどとして採用されることもある。ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「プロ注目のドラフト候補選手」のニューストピックワード