1 2 3 次へ
25件中 21 - 25件表示
  • ドラフト会議

    ドラフト会議から見たフランチャイズ・プレイヤー

    NFLでは、制限付きFA及びフランチャイズ・プレイヤーのFA移籍の補償としてドラフト指名権が譲渡される。トレードによる移動も多い。ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • ドラフト会議

    ドラフト会議から見たメジャーリーグベースボール

    MLBでは、1978年よりFA移籍による補償としてドラフト上位指名権の譲渡が行われる。ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • ドラフト会議

    ドラフト会議から見たNBA

    NBAやNHLなどで採用。ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • ドラフト会議

    ドラフト会議から見た契約金

    リーグの発展に伴って有望な選手との契約を目指すチーム同士が競い合い、新人選手の獲得費用の高騰が進んでいたNFLが、契約金の抑制を目的として新人選手との交渉権利の分配を目的に初めて導入したプロスポーツ特有の制度である。ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • ドラフト会議

    ドラフト会議から見たKHL

    一方で、前述のように欧州をはじめとした多くの国では、このような例外措置が許されていないので、プロスポーツリーグの選手獲得や移籍については完全な自由競争が原則となっており、チーム側を見ても最上位のカテゴリのリーグに参加できるチームの数に制限はあるものの、プロチーム自体の数に対する制限や新規参入への障壁は設けられておらず、一口にプロリーグといっても1つの国で最上位カテゴリから地域末端の下部カテゴリまでに合計百を超えるチームがひしめき合っていることもある。これらのプロチームは強化戦略や資金力などを勘案しながら数千に及ぶ選手と自由に交渉し、双方が交渉内容に納得すれば契約を締結する。ただし、リーグ運営上の観点から、シーズン中に選手がコロコロと移籍したり、チームが補強名目で選手を大量にトレードしたり勝手な引き抜きを行うようなことがない様に、完全な自由競争が原則であってもシーズン中の移籍・トレードや契約の破棄については禁止や手続上の制限などといった規約が各プロリーグ毎にその実情に応じて設けられる。一方、ヨーロッパでもアイスホッケー・KHLに限っては所属チームが少ないため例外的にドラフト会議が採用されている。ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
25件中 21 - 25件表示

「プロ注目のドラフト候補選手」のニューストピックワード