2076件中 91 - 100件表示
  • 後楽園球場

    後楽園球場から見た日本プロ野球日本プロ野球

    1936年(昭和11年)に日本のプロ野球(当時は職業野球)は本格的に始まったが、東京府内では東京六大学野球リーグの反発で明治神宮野球場が使用できなかったこともあり、同年7月1日の東京におけるプロチーム同士の初試合(東京巨人軍対名古屋軍)は早稲田大学の戸塚球場を借りて挙行せざるを得ず、東京で試合を開催する球場の問題が持ち上がっていた。このため、杉並区に上井草球場、当時の深川区に洲崎球場が造られたが、上井草は3万人という収容人員に比して交通の便が悪く、洲崎は海岸沿いの低湿地に立地していたため満潮時に度々球場が浸水するという問題を抱えていた。後楽園球場 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球再編問題 (2004年)

    プロ野球再編問題 (2004年)から見た日本プロ野球日本プロ野球

    2004年のプロ野球再編問題(プロやきゅうさいへんもんだい)は、2004年に日本プロ野球球団の大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブが、合併を前提に話し合うと発表したことを始まりとして議論されたプロ野球の業界再編問題である。プロ野球再編問題 (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • 日米野球

    日米野球から見た日本プロ野球日本プロ野球

    日米野球(にちべいやきゅう、英語:Major League Baseball Japan All-Star Series)は、日本プロ野球(NPB)とメジャーリーグベースボール(MLB)の選抜チームが日本で対戦したシリーズ戦。明治時代から行われていた歴史的な国際野球試合だったが、野球の国際化に伴って、をもって一旦休止されたが、に野球日本代表(侍ジャパン)の強化試合として復活した。日米野球 フレッシュアイペディアより)

  • 郭泰源

    郭泰源から見た日本プロ野球日本プロ野球

    ロサンゼルスオリンピックのアジア予選も兼ねて実施されたのアジア野球選手権大会では、チャイニーズタイペイ、日本、韓国の3カ国同時優勝に貢献。さらに日本とのロサンゼルスオリンピック代表決定戦(韓国は既に出場決定)では、池田親興との投げ合いを9回2安打1四球の完封サヨナラ勝ちで制し、出場権獲得の立役者となった。一時はMLBのカージナルスやメッツ、ドジャース、ブルージェイズ、NPBの巨人や西武、中日、ヤクルト、大洋などが獲得を検討するほどだった。郭泰源 フレッシュアイペディアより)

  • スマラジW

    スマラジWから見た日本プロ野球日本プロ野球

    2016年の日本プロ野球ポストシーズン期間中の火 - 金曜日にセントラル・リーグクライマックスシリーズ ファイナルステージおよび日本シリーズのナイトゲームを開催する場合には、『MBSベースボールパーク』として他局制作分中継の同時ネットを実施したため、当レーベルの番組を休止。本来は当レーベル各曜日の番組に内包している「MBSニュース」「お天気のお知らせ」については、中継終了の直後から、10分間の独立番組としてセットで放送した。スマラジW フレッシュアイペディアより)

  • なんばパークス

    なんばパークスから見た日本プロ野球日本プロ野球

    かつてプロ野球球団「南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)」の本拠地球場として使用され、1998年に解体された大阪球場の跡地に、南海が「未来都市なにわ新都」をコンセプトとして再開発を実施。2003年10月7日に第1期部分が、2007年4月19日に第2期部分が開業した。なお、2005年4月1日からは南海の完全子会社である「南海都市創造」が営業を行っていたが、同社は2010年10月1日、南海に吸収合併され解散したことから、再び南海による直営となっている。なんばパークス フレッシュアイペディアより)

  • おっちゃんラジオ

    おっちゃんラジオから見た日本プロ野球日本プロ野球

    このページでは、2011年10月25日(火曜日)から11月11日(金曜日)まで、日本プロ野球のクライマックスシリーズの合間に放送された日替わりの特別番組『パーソナリティ秋の交流戦』も取り上げる。おっちゃんラジオ フレッシュアイペディアより)

  • 三浦方義

    三浦方義から見た日本プロ野球日本プロ野球

    に大映スターズに移籍。林義一コーチから「肩の開きが早い」という指摘を受けて左足の踏み出し位置を変えると、投球フォームもややサイド気味のスリークォーターに変えて、かつ横の変化球も覚える。藤本定義監督の方針で無理な登板過多を避けたことも奏功し、29勝・防御率1.77(リーグ5位)の好成績を挙げ、最多勝利のタイトルを獲得(日本プロ野球史上、青森県出身者としては初のタイトル)。それまでの記録(荒巻淳らの26勝)を破って、当時のシーズン勝利数のパ・リーグ記録を作る。翌は12勝・防御率3.54(リーグ13位=最下位)と成績を落とす。また、同年には稲尾和久が35勝を挙げて勝利数のリーグ記録もわずか1年で更新された。大映が毎日と合併し大毎オリオンズとなったにも11勝と3年連続二桁勝利を記録するが、以降は4年間で4勝に留まり、に引退した。三浦方義 フレッシュアイペディアより)

  • 今中 慎二

    今中慎二から見た日本プロ野球日本プロ野球

    現役時代は中日ドラゴンズに所属し、からまで、4年連続で開幕投手を務めるなど、1990年代のNPBを代表する左腕として活躍した。今中慎二 フレッシュアイペディアより)

  • ジャフェット・アマダー

    ジャフェット・アマダーから見た日本プロ野球日本プロ野球

    ジャフェット・イシドロ・アマダー・エルナンデス('、1987年1月19日 - )は、メキシコ合衆国バハ・カリフォルニア州出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。現在は、NPBの東北楽天ゴールデンイーグルスに所属。NPB史上最重量選手'である。ジャフェット・アマダー フレッシュアイペディアより)

2076件中 91 - 100件表示

「プロ野球チーム」のニューストピックワード