1549件中 51 - 60件表示
  • 中井正広のブラックバラエティ

    中井正広のブラックバラエティから見た日本プロ野球日本プロ野球

    2008年11月9日放送分はプロ野球日本シリーズ第7戦中継の延長とドラマ『the波乗りレストラン』の放送でレギュラー編成より1時間55分繰り下げの翌10日(月曜日)0:25(9日(日曜日)深夜)からと開始時間が最も遅い放送となった。中井正広のブラックバラエティ フレッシュアイペディアより)

  • 所沢市

    所沢市から見た日本プロ野球日本プロ野球

    プロ野球球団埼玉西武ライオンズのフランチャイズの西武ドームの所在地である。西武グループの本拠地でもあり、駅前には西武百貨店(ただし旧セゾングループ)など、西武の名を冠するビルが連なっている。所沢市 フレッシュアイペディアより)

  • 松山市

    松山市から見た日本プロ野球日本プロ野球

    県や市のスポーツ施設も多数あり、坊っちゃんスタジアムでプロ野球公式戦などが年に数回行われるほか、堀之内や愛媛県総合運動公園でa-nationなどの野外ライブが実施されたり、愛媛県武道館でディズニー・オン・アイスが公演したりする。松山市 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の野球

    2006年の野球から見た日本プロ野球日本プロ野球

    4月9日 - 大阪ドームで行われた日本プロ野球、阪神対横浜第3回戦で金本知憲外野手がフルイニング出場を果たし、904試合連続フルイニング出場の世界記録を樹立した。2006年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本信護

    倉本信護から見た日本プロ野球日本プロ野球

    倉本 信護(くらもと のぶもり、1913年6月9日 - 1983年1月23日)は、広島県出身の日本プロ野球草創期の選手(内野手、捕手)。阪急軍創立時の正捕手。倉本信護 フレッシュアイペディアより)

  • GAORA

    GAORAから見た日本プロ野球日本プロ野球

    日本プロ野球の阪神タイガース戦・北海道日本ハムファイターズ戦をはじめ、サッカー、アメリカンフットボール、テニス等のワールドスポーツや、吉本興業のお笑い番組などを中心に編成。GAORA フレッシュアイペディアより)

  • 辻発彦

    辻発彦から見た日本プロ野球日本プロ野球

    二塁手として歴代最多の8度のゴールデングラブ賞を受賞し、守備は日本プロ野球史上でも屈指のレベルに有る。守備の際は投手が打ち取った当たりを安打にせず確実にアウトを取ることが野手の責任と考え、基本的には浅めに守っていた。前方の弱いゴロへのダッシュなどは、三塁手時代の経験が活かされたという。ゴロについては「とにかく前にでて取りに行く」スタンスの持ち主である。理由は「ボールがバウンドする数が減るほどイレギュラーの確率が下がるから」で、今も自身が守備を指導するときは必ずそう説く。辻発彦 フレッシュアイペディアより)

  • 投手

    投手から見た日本プロ野球日本プロ野球

    日本プロ野球草創期では、野球の人体に与える影響が全くの模索段階にあったことと、不人気による人員不足のため、戦前から戦後の混乱期までしばしば無謀な先発連投が強要された。さらに戦時中は、国威発揚の為の非科学的な精神論の横行も先発投手酷使の大きな原因となった。セントラル・リーグとパシフィック・リーグの2リーグ制に移行後、人員不足はある程度解消され、先発投手の登板間隔を2日、3日と長めにとるようになり、間隔日数を表す「中○日」(中2日、中3日など)という言葉が使われるようになった。それでもエースピッチャーが先発・リリーフに連投する姿が見られ、1958年日本シリーズでは稲尾和久(西鉄)が先発とリリーフで7試合中6試合に登板、4連投4連勝する大活躍で「神様仏様稲尾様」と称えられた。1961年中日ドラゴンズに入団し、酷使により数年で投手生命を絶った権藤博の教訓から、「投手分業制」が近藤貞雄によって提唱され、「先発完投」から「先発-抑え」の投手起用へ移行。抑え投手を確立することで先発投手、特にエースの疲労軽減を図った。1980年代以降は「先発-中継ぎ-抑え」という継投策が一般化している。先発投手の登板間隔は日本プロ野球では試合日程の都合から中4〜6日が主流。5〜6人の先発投手で先発ローテーションを組み、順番に先発登板する起用法が行われている。投手 フレッシュアイペディアより)

  • 宜野湾市

    宜野湾市から見た日本プロ野球日本プロ野球

    真志喜・宇地泊地域の宜野湾バイパス沿い(通称コンベンションエリア)には沖縄コンベンションセンター、宜野湾海浜公園(総合運動公園)、トロピカルビーチ(海水浴場)、宜野湾マリーナ(宜野湾港)、ラグナガーデンホテル(全日空ホテルズ)など様々な施設が集積しており、那覇市の奥武山町と並んで沖縄県のイベントの中心地的な役割を担っている。有名アーティストのコンサートはコンベンションエリアで行われる事が多い。また、宜野湾海浜公園内のスポーツ施設群はプロ野球の横浜DeNAベイスターズが春季・秋季のキャンプ地として使用している。更なる発展を目指して宜野湾市は観光関連企業の誘致を行っており、過去にはプリンスホテルやDFSギャラリア・沖縄の建設計画があった。現在はインターコンチネンタル東京ベイを運営するホスピタリティ・ネットワーク社、サイバーファームの子会社サイオン、不動産業のジョイント・コーポレーション、ボウリング・アミューズメント企業のラウンドワン進出が決定し、「沖縄インターコンチネンタルホテル(仮称)」や「沖縄宜野湾BAYリゾート計画」などの開発が予定されている。宜野湾市 フレッシュアイペディアより)

  • ドミニカ共和国

    ドミニカ共和国から見た日本プロ野球日本プロ野球

    国内では、夏季にマイナーリーグのルーキー級であるドミニカン・サマーリーグが、10月に入ると、メジャーリーグやマイナーリーグなど、海外でプレーしているドミニカ人選手を中心に6チームが参加するウィンターリーグ(Dominican Winter Baseball League)が開催される。このウインターリーグを勝ち抜いたチームは、カリビアンシリーズでメキシコ、プエルトリコ、ベネズエラの各ウィンターリーグ優勝チームと対戦する。日本のプロ野球から2006年から中日ドラゴンズが選手の育成を目的として若手選手を派遣している。ドミニカ共和国 フレッシュアイペディアより)

1549件中 51 - 60件表示

「プロ野球チーム」のニューストピックワード