2076件中 81 - 90件表示
  • 2013年のワールドシリーズ

    2013年のワールドシリーズから見た日本プロ野球日本プロ野球

    レッドソックスの内野手ザンダー・ボガーツは、アルバ(オランダ王国構成国)出身者では初のワールドシリーズ出場選手となった。また、同僚の救援投手・田澤純一は、日本プロ野球を経ずにMLB入りしてシリーズに出場する初の日本人選手となった。2013年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 都市対抗野球大会

    都市対抗野球大会から見た日本プロ野球日本プロ野球

    第1回の行われる前は日本プロ野球は存在しておらず、東京六大学をはじめとする学生野球を頂点としていたが、東京日日新聞(現在の毎日新聞社の前身)の新聞記者であった橋戸信が、早大野球部時代に行ったアメリカ遠征で、メジャー・リーグが地元に根ざしたフランチャイズ制を採用しているのにヒントを得て、日本の各都市を代表するチームを競わせる大会を作ってはどうだろうかと発案。約1年かけて全国の有力クラブチームの関係者に説得を行い、1927年に、学卒者たちによる全国的な野球大会が開かれることとなった。これが都市対抗野球の始まりである。都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本信護

    倉本信護から見た日本プロ野球日本プロ野球

    倉本 信護(くらもと のぶもり、1913年6月9日 - 1983年1月23日)は、広島県出身の日本プロ野球草創期の選手(内野手、捕手)。阪急軍創立時の正捕手でもあった。倉本信護 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のダービーマッチ

    日本のダービーマッチから見た日本プロ野球日本プロ野球

    なお、元々の「ダービー」という語源は英国発祥のフットボール競技から由来しているため、その流れから考えれば主にサッカーやラグビーなどにおいて用いられてきた言葉であった。しかし、近年の日本国内ではプロ野球などといった英国以外から発祥した競技スポーツでも頻繁に使用されている。日本のダービーマッチ フレッシュアイペディアより)

  • 宜野湾市

    宜野湾市から見た日本プロ野球日本プロ野球

    真志喜・宇地泊地域の宜野湾バイパス沿い(通称コンベンションエリア)には沖縄コンベンションセンター、宜野湾海浜公園(総合運動公園)、トロピカルビーチ(海水浴場)、宜野湾マリーナ(宜野湾港)、ラグナガーデンホテル(全日空ホテルズ)など様々な施設が集積しており、那覇市の奥武山町と並んで沖縄県のイベントの中心地的な役割を担っている。有名アーティストのコンサートはコンベンションエリアで行われる事が多い。また、宜野湾海浜公園内のスポーツ施設群はプロ野球の横浜DeNAベイスターズが春季・秋季のキャンプ地として使用している。更なる発展を目指して宜野湾市は観光関連企業の誘致を行っており、過去にはプリンスホテルやDFSギャラリア・沖縄の建設計画があった。現在はインターコンチネンタル東京ベイを運営するホスピタリティ・ネットワーク社、サイバーファームの子会社サイオン、不動産業のジョイント・コーポレーション、ボウリング・アミューズメント企業のラウンドワン進出が決定し、「沖縄インターコンチネンタルホテル(仮称)」や「沖縄宜野湾BAYリゾート計画」などの開発が予定されている。宜野湾市 フレッシュアイペディアより)

  • 応援団

    応援団から見た日本プロ野球日本プロ野球

    社会人野球・都市対抗野球大会や日本プロサッカーリーグ(一部)、あるいは高校生の全国規模の著名なスポーツ大会(全国高等学校総合体育大会、高校サッカー、春の高校バレー、高校野球など)では、応援席で郷土芸能を取り入れたり、本拠地にゆかりのある民謡や盆踊りをアレンジしたもの(例・川崎市のチーム=東芝硬式野球部や川崎フロンターレの「川崎踊り」、栃木サッカークラブや日光アイスバックスの「栃木県民の歌」など)、また広島県に本拠地を置くチーム(日本プロ野球・広島東洋カープやJリーグ・サンフレッチェ広島、その他アマチュアクラブ多数)がしゃもじを使うなど、郷土色のある応援を繰り広げる例がある。応援団 フレッシュアイペディアより)

  • ヘンスリー・ミューレンス

    ヘンスリー・ミューレンスから見た日本プロ野球日本プロ野球

    NPBでの登録名は「ミューレン」。NPB史上初のオランダ人選手である。ヘンスリー・ミューレンス フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た日本プロ野球日本プロ野球

    NPBでは、西武ライオンズ・埼玉西武ライオンズへの在籍中から、オリックスへの移籍1年目の2015年まで本名を登録名に使用していた。2016年からは登録名を中島 宏之(読みは本名と同じ)へ変更している。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中村剛也

    中村剛也から見た日本プロ野球日本プロ野球

    中村 剛也(なかむら たけや、1983年8月15日 - )は、大阪府大東市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。妻は元タレントの村上麻里恵。愛称は主に「おかわり君」等。日本プロ野球歴代3位の6度の本塁打王獲得経験者。中村剛也 フレッシュアイペディアより)

  • 辻発彦

    辻発彦から見た日本プロ野球日本プロ野球

    辻は、二塁手として歴代最多の8度のゴールデングラブ賞を受賞し、守備は日本プロ野球史上でも屈指のレベルに有る。守備の際は投手が打ち取った当たりを安打にせず確実にアウトを取ることが野手の責任と考え、基本的には浅めに守っていた。前方の弱いゴロへのダッシュなどは、三塁手時代の経験が活かされたという。ゴロについては「とにかく前にでて取りに行く」スタンスの持ち主である。理由は「ボールがバウンドする数が減るほどイレギュラーの確率が下がるから」で、今も自身が守備を指導するときは必ずそう説く。辻発彦 フレッシュアイペディアより)

2076件中 81 - 90件表示

「プロ野球チーム」のニューストピックワード