235件中 31 - 40件表示
  • 日本プロ野球

    日本プロ野球から見たソフトバンクグループ

    情報・通信系 - ソフトバンク(ソフトバンクグループ)、楽天(楽天)、DeNA(ディー・エヌ・エー)日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球

    日本プロ野球から見たローソンHMVエンタテイメント

    ローソンチケット スピードアップ賞(スピードアップ賞) - ローソンHMVエンタテイメント協賛日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球

    日本プロ野球から見た三洋電機

    オールスターゲーム(7月下旬、冠スポンサーはマイナビ(2017年から)〈1988年 - 2006年まではSANYO、2007年はガリバー、2008年 - 2016年まではマツダ〉)日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球

    日本プロ野球から見た四国

    プロ野球の歴史おいて、地方別でみると唯一、四国地方からNPBに加入したチームが存在しない。ただし、2005年より四国アイランドリーグ(現・四国アイランドリーグplus)が発足したため、独立リーグのプロ野球チームは存在する。日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球

    日本プロ野球から見た埼玉西武ライオンズ

    1949年11月・12月:プロ野球再編問題。日本野球連盟がセントラル・リーグとパシフィック・リーグに分裂(2リーグ分立)し、日本野球機構が誕生。「毎日オリオンズ(現在の千葉ロッテマリーンズ)」、「大洋ホエールズ(現在の横浜DeNAベイスターズ)」、「西鉄クリッパース(現在の埼玉西武ライオンズ」、「近鉄パールス」、「広島カープ(現在の広島東洋カープ)」、「国鉄スワローズ(現在の東京ヤクルトスワローズ)」「西日本パイレーツ」が発足。日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球

    日本プロ野球から見たプロ野球ドラフト会議

    一方、日本野球機構(NPB)は、外国人(日本の学校卒業者を除く)およびNPB在籍経験のある独立リーグ選手に対しては「移籍」の形でNPB球団と契約することを認めているが、それらに該当しない選手についてはプロ野球ドラフト会議での指名を受けなければ契約できない。この点について、独立リーグ(アイランドリーグとBCリーグ)側は、選手の経歴によらず移籍可能にしたいという意向を持っていると報じられている。日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球

    日本プロ野球から見た兵庫ブルーサンダーズ

    関西独立リーグは2009年シーズンより開始。大阪エキスポセブンティーズや三重スリーアローズが加入する予定があったが、いずれも独自にリーグを結成する方針に変更した(大阪エキスポセブンティーズはリーグ発足に至らず)。また、初年度参加の大阪ゴールドビリケーンズは2009年のシーズン終了後に脱退し、2010年シーズンから韓国人選手主体のソウル・ヘチ(旧コリア・ヘチ→韓国ヘチ)が加盟した。2011年からは大阪ホークスドリームのほか、2010年限りで休止した神戸9クルーズの選手を引き継いだ兵庫ブルーサンダーズ、チームの権利を引き継いだフォレストホームの設立による神戸サンズが参加した。一方、明石レッドソルジャーズは代表者の死去などに伴い、2011年から活動を休止した。2012年度は06BULLSと大和侍レッズの2球団が加入する一方、大阪ホークスドリームやソウル・ヘチはリーグ戦への参加を休止した。2012年度終了後、大阪ホークスドリームはリーグを脱退してクラブチームに変更、神戸サンズと大和侍レッズは活動を休止した。このため、リーグ発足当時から残っている球団は紀州レンジャーズのみとなっていた。2013年度は紀州・兵庫・06BULLSの3球団であった。シーズン終了後、紀州と他の2球団が運営方針をめぐって対立し、全球団が脱退したためリーグは事実上活動を停止した。兵庫と06BULLSは、新たにBASEBALL FIRST LEAGUE(ベースボール・ファースト・リーグ)を設立した。日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球

    日本プロ野球から見た06BULLS

    関西独立リーグは2009年シーズンより開始。大阪エキスポセブンティーズや三重スリーアローズが加入する予定があったが、いずれも独自にリーグを結成する方針に変更した(大阪エキスポセブンティーズはリーグ発足に至らず)。また、初年度参加の大阪ゴールドビリケーンズは2009年のシーズン終了後に脱退し、2010年シーズンから韓国人選手主体のソウル・ヘチ(旧コリア・ヘチ→韓国ヘチ)が加盟した。2011年からは大阪ホークスドリームのほか、2010年限りで休止した神戸9クルーズの選手を引き継いだ兵庫ブルーサンダーズ、チームの権利を引き継いだフォレストホームの設立による神戸サンズが参加した。一方、明石レッドソルジャーズは代表者の死去などに伴い、2011年から活動を休止した。2012年度は06BULLSと大和侍レッズの2球団が加入する一方、大阪ホークスドリームやソウル・ヘチはリーグ戦への参加を休止した。2012年度終了後、大阪ホークスドリームはリーグを脱退してクラブチームに変更、神戸サンズと大和侍レッズは活動を休止した。このため、リーグ発足当時から残っている球団は紀州レンジャーズのみとなっていた。2013年度は紀州・兵庫・06BULLSの3球団であった。シーズン終了後、紀州と他の2球団が運営方針をめぐって対立し、全球団が脱退したためリーグは事実上活動を停止した。兵庫と06BULLSは、新たにBASEBALL FIRST LEAGUE(ベースボール・ファースト・リーグ)を設立した。日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球

    日本プロ野球から見た開幕戦

    開幕戦(3月下旬 - 4月上旬)※現状ではほぼ毎年セ・リーグとパ・リーグが同時に開幕しているが、稀に開幕日を別にする年もある。日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球

    日本プロ野球から見た三重スリーアローズ

    2004年の創設当初の名称は「四国アイランドリーグ」で、四国4県の各1球団が加入して2005年シーズンを行った。2007年12月、福岡・長崎の九州2球団が新規加入したのに伴い、「四国・九州アイランドリーグ」に改称。2008年シーズンから6球団で公式戦を行っていた。福岡(福岡レッドワーブラーズ)は経営難に伴い、2009年でいったんリーグ戦への参加を休止し、2010年は5球団で開催された。福岡は事務所は存続し、「準加盟球団」として新たなスポンサーを探して2011年の復帰を目指すとしていたが、2011年の復帰は見送られた。また、長崎セインツは2010年シーズン限りで撤退・解散した。一方、休止が決まったジャパン・フューチャーベースボールリーグから三重スリーアローズが加盟して2011年度より参加したことに伴い、「四国アイランドリーグplus」に改称。しかし、三重は2011年度限りでリーグを脱退し、解散。2012年度以降は四国4チームで公式戦を開催しており、福岡の復帰は実現していない。資金は4億円程である。日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

235件中 31 - 40件表示

「プロ野球チーム」のニューストピックワード