前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示
  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た板東英二

    引退後は、アマチュア球界復帰などの形で選手として現役を続ける場合もあるが、それ以外では監督やコーチなどの野球指導者、野球解説者、スポーツキャスター、野球評論家、スカウト、スコアラー、打撃投手、ブルペン捕手、球団職員などの野球関連の仕事がある。しかし、毎年発生する引退選手に対して野球関連のポストは限りがあるゆえに、野球関連の仕事に就けない者が多数出るため、野球とは別の分野に就職することになる。また、親会社のはからいで映画俳優になった八名信夫や江本孟紀、三沢淳、高橋栄一郎のように政治家になった者がいたり、板東英二、宮本和知、パンチ佐藤、岩本勉、元木大介のようにそのキャラクターを活かしてタレントとして定着したり、尾崎将司(プロゴルファー)、ジャイアント馬場(プロレスラー)、宮本孝雄(競輪選手)、龍隆行(プロボウラー)のように他のプロスポーツに転向して活躍した例もあるが、こういった成功例は全体として見れば極めて稀である。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た岩本勉岩本 勉

    引退後は、アマチュア球界復帰などの形で選手として現役を続ける場合もあるが、それ以外では監督やコーチなどの野球指導者、野球解説者、スポーツキャスター、野球評論家、スカウト、スコアラー、打撃投手、ブルペン捕手、球団職員などの野球関連の仕事がある。しかし、毎年発生する引退選手に対して野球関連のポストは限りがあるゆえに、野球関連の仕事に就けない者が多数出るため、野球とは別の分野に就職することになる。また、親会社のはからいで映画俳優になった八名信夫や江本孟紀、三沢淳、高橋栄一郎のように政治家になった者がいたり、板東英二、宮本和知、パンチ佐藤、岩本勉、元木大介のようにそのキャラクターを活かしてタレントとして定着したり、尾崎将司(プロゴルファー)、ジャイアント馬場(プロレスラー)、宮本孝雄(競輪選手)、龍隆行(プロボウラー)のように他のプロスポーツに転向して活躍した例もあるが、こういった成功例は全体として見れば極めて稀である。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た宮本和知宮本 和知

    引退後は、アマチュア球界復帰などの形で選手として現役を続ける場合もあるが、それ以外では監督やコーチなどの野球指導者、野球解説者、スポーツキャスター、野球評論家、スカウト、スコアラー、打撃投手、ブルペン捕手、球団職員などの野球関連の仕事がある。しかし、毎年発生する引退選手に対して野球関連のポストは限りがあるゆえに、野球関連の仕事に就けない者が多数出るため、野球とは別の分野に就職することになる。また、親会社のはからいで映画俳優になった八名信夫や江本孟紀、三沢淳、高橋栄一郎のように政治家になった者がいたり、板東英二、宮本和知、パンチ佐藤、岩本勉、元木大介のようにそのキャラクターを活かしてタレントとして定着したり、尾崎将司(プロゴルファー)、ジャイアント馬場(プロレスラー)、宮本孝雄(競輪選手)、龍隆行(プロボウラー)のように他のプロスポーツに転向して活躍した例もあるが、こういった成功例は全体として見れば極めて稀である。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た工藤公康

    プロ野球に限らずプロスポーツ選手が現役でいられる期間はそれほど長くなく、高校卒業後すぐプロ野球球団に入団したとしても、40歳を迎える前には引退してしまうケースがほとんどである。これまでの現役最長記録は工藤公康の29年(2010年シーズン終了時点)であり、それまでは野村克也の26年が最長であった。ちなみに選手として公式戦に出場した年齢では、最年長記録が浜崎真二の48歳10ヶ月、最年少記録が西沢道夫の16歳(現行労働法制下ではない戦前の例だが)という例がある。2012年9月現在、最年長の現役選手は中日に所属する山本昌(投手、47歳1ヶ月)であり、野手では阪神に所属する金本知憲(外野手、44歳)である。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た松井秀喜

    2007年に松坂大輔がメジャーリーグに移籍した際には、ボストン・レッドソックスはポスティングシステムで西武ライオンズと約5100万ドル、本人と約5200万ドルと合計1億ドルを超える巨額の契約をし、日米ともに話題になった。選手側も少しでも良い条件を引き出すために、球団と契約交渉を行うための代理人を置くことがある。松井秀喜がアーン・テレムという敏腕代理人を置いたことで、メジャーリーガーには代理人がつくことが日本でも広く知られることになった。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た松坂大輔

    2007年に松坂大輔がメジャーリーグに移籍した際には、ボストン・レッドソックスはポスティングシステムで西武ライオンズと約5100万ドル、本人と約5200万ドルと合計1億ドルを超える巨額の契約をし、日米ともに話題になった。選手側も少しでも良い条件を引き出すために、球団と契約交渉を行うための代理人を置くことがある。松井秀喜がアーン・テレムという敏腕代理人を置いたことで、メジャーリーガーには代理人がつくことが日本でも広く知られることになった。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た金本知憲金本 知憲

    プロ野球に限らずプロスポーツ選手が現役でいられる期間はそれほど長くなく、高校卒業後すぐプロ野球球団に入団したとしても、40歳を迎える前には引退してしまうケースがほとんどである。これまでの現役最長記録は工藤公康の29年(2010年シーズン終了時点)であり、それまでは野村克也の26年が最長であった。ちなみに選手として公式戦に出場した年齢では、最年長記録が浜崎真二の48歳10ヶ月、最年少記録が西沢道夫の16歳(現行労働法制下ではない戦前の例だが)という例がある。2012年9月現在、最年長の現役選手は中日に所属する山本昌(投手、47歳1ヶ月)であり、野手では阪神に所属する金本知憲(外野手、44歳)である。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た競輪選手

    引退後は、アマチュア球界復帰などの形で選手として現役を続ける場合もあるが、それ以外では監督やコーチなどの野球指導者、野球解説者、スポーツキャスター、野球評論家、スカウト、スコアラー、打撃投手、ブルペン捕手、球団職員などの野球関連の仕事がある。しかし、毎年発生する引退選手に対して野球関連のポストは限りがあるゆえに、野球関連の仕事に就けない者が多数出るため、野球とは別の分野に就職することになる。また、親会社のはからいで映画俳優になった八名信夫や江本孟紀、三沢淳、高橋栄一郎のように政治家になった者がいたり、板東英二、宮本和知、パンチ佐藤、岩本勉、元木大介のようにそのキャラクターを活かしてタレントとして定着したり、尾崎将司(プロゴルファー)、ジャイアント馬場(プロレスラー)、宮本孝雄(競輪選手)、龍隆行(プロボウラー)のように他のプロスポーツに転向して活躍した例もあるが、こういった成功例は全体として見れば極めて稀である。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た山田秋親

    まれに、アマチュア球界や独立リーグなどの他の野球リーグ、ブルペン捕手や打撃投手といった裏方が現役に復帰するケースがある。例として、宇野雅美、栗山聡、代田建紀、山田秋親などがいるが、活躍例はほとんどなく、1年もしくは数年で退団するケースが多い(ソフトバンク―独立リーグ―ロッテと渡り歩いてロッテで復帰初勝利・ヒーローになった山田は稀な例)。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た落合博満

    NPB所属選手の報酬はメジャーリーグや欧州サッカーなどと同様に日本国内の他のプロスポーツと比べても破格である。支給は年俸制。近年は億を超えることも珍しくなくなった。年俸が1億円を超える選手は、「一億円プレイヤー」などと呼ばれる。日本人初の一億円プレイヤーは落合博満(当時中日ドラゴンズ)である。1980年前後までは、「一千万円プレイヤー」という言葉が一流選手の代名詞として用いられていた。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示

「プロ野球選手」のニューストピックワード