99件中 11 - 20件表示
  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た山本昌

    プロ野球に限らずプロスポーツ選手が現役でいられる期間はそれほど長くなく、高校卒業後すぐプロ野球球団に入団したとしても、40歳を迎える前には引退してしまうケースがほとんどである。これまでの現役最長記録は工藤公康の29年(2010年シーズン終了時点)であり、それまでは野村克也の26年が最長であった。ちなみに選手として公式戦に出場した年齢では、最年長記録が浜崎真二の48歳10ヶ月、最年少記録が西沢道夫の16歳(現行労働法制下ではない戦前の例だが)という例がある。2012年9月現在、最年長の現役選手は中日に所属する山本昌(投手、47歳1ヶ月)であり、野手では阪神に所属する金本知憲(外野手、44歳)である。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た代田建紀

    まれに、アマチュア球界や独立リーグなどの他の野球リーグ、ブルペン捕手や打撃投手といった裏方が現役に復帰するケースがある。例として、宇野雅美、栗山聡、代田建紀、山田秋親などがいるが、活躍例はほとんどなく、1年もしくは数年で退団するケースが多い(ソフトバンク―独立リーグ―ロッテと渡り歩いてロッテで復帰初勝利・ヒーローになった山田は稀な例)。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た元木大介元木 大介

    引退後は、アマチュア球界復帰などの形で選手として現役を続ける場合もあるが、それ以外では監督やコーチなどの野球指導者、野球解説者、スポーツキャスター、野球評論家、スカウト、スコアラー、打撃投手、ブルペン捕手、球団職員などの野球関連の仕事がある。しかし、毎年発生する引退選手に対して野球関連のポストは限りがあるゆえに、野球関連の仕事に就けない者が多数出るため、野球とは別の分野に就職することになる。また、親会社のはからいで映画俳優になった八名信夫や江本孟紀、三沢淳、高橋栄一郎のように政治家になった者がいたり、板東英二、宮本和知、パンチ佐藤、岩本勉、元木大介のようにそのキャラクターを活かしてタレントとして定着したり、尾崎将司(プロゴルファー)、ジャイアント馬場(プロレスラー)、宮本孝雄(競輪選手)、龍隆行(プロボウラー)のように他のプロスポーツに転向して活躍した例もあるが、こういった成功例は全体として見れば極めて稀である。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た村田修一

    なお、出場予定のない選手や試合中ケガをした選手を除き、選手が試合終了までに帰宅してしまうことが報じられることがあるが、このような事をすると職場放棄とみなされてしまう。監督の采配に納得のいかない場合などによく見られ、これが退団のきっかけに繋がることも少なくない。ただし、不振に陥った村田修一のように、原辰徳監督によって意図的に帰らせた例も存在する。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見たアレックス・ロドリゲス

    メジャーリーグの選手は厳しい環境下でプレーしており、成績が伴わなければ契約が更新されず直ちに自由契約、シーズン途中でマイナーリーグに降格、故障で成績が上がらない間にトレードで代わりの選手が入ったら戦力外通告などは日常茶飯事である。ただし選手にとって厳しい面ばかりではなく、逆に球団がどうしても手放したくない貴重な選手と思えば年俸は天井知らずであるし、期待されている選手の獲得合戦の際には何千万ドルという大金が動く。アレックス・ロドリゲスは2007年10月にニューヨーク・ヤンキースと10年総額2億7500万ドル(約309億円、均等割りでも年間2750万ドル=30億9千万円)、出来高も含めると3億ドル(約330億円)の大型契約を結んだ。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た野村克也

    プロ野球に限らずプロスポーツ選手が現役でいられる期間はそれほど長くなく、高校卒業後すぐプロ野球球団に入団したとしても、40歳を迎える前には引退してしまうケースがほとんどである。これまでの現役最長記録は工藤公康の29年(2010年シーズン終了時点)であり、それまでは野村克也の26年が最長であった。ちなみに選手として公式戦に出場した年齢では、最年長記録が浜崎真二の48歳10ヶ月、最年少記録が西沢道夫の16歳(現行労働法制下ではない戦前の例だが)という例がある。2012年9月現在、最年長の現役選手は中日に所属する山本昌(投手、47歳1ヶ月)であり、野手では阪神に所属する金本知憲(外野手、44歳)である。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た尾崎将司

    引退後は、アマチュア球界復帰などの形で選手として現役を続ける場合もあるが、それ以外では監督やコーチなどの野球指導者、野球解説者、スポーツキャスター、野球評論家、スカウト、スコアラー、打撃投手、ブルペン捕手、球団職員などの野球関連の仕事がある。しかし、毎年発生する引退選手に対して野球関連のポストは限りがあるゆえに、野球関連の仕事に就けない者が多数出るため、野球とは別の分野に就職することになる。また、親会社のはからいで映画俳優になった八名信夫や江本孟紀、三沢淳、高橋栄一郎のように政治家になった者がいたり、板東英二、宮本和知、パンチ佐藤、岩本勉、元木大介のようにそのキャラクターを活かしてタレントとして定着したり、尾崎将司(プロゴルファー)、ジャイアント馬場(プロレスラー)、宮本孝雄(競輪選手)、龍隆行(プロボウラー)のように他のプロスポーツに転向して活躍した例もあるが、こういった成功例は全体として見れば極めて稀である。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た原辰徳

    なお、出場予定のない選手や試合中ケガをした選手を除き、選手が試合終了までに帰宅してしまうことが報じられることがあるが、このような事をすると職場放棄とみなされてしまう。監督の采配に納得のいかない場合などによく見られ、これが退団のきっかけに繋がることも少なくない。ただし、不振に陥った村田修一のように、原辰徳監督によって意図的に帰らせた例も存在する。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た中日ドラゴンズ

    プロ野球に限らずプロスポーツ選手が現役でいられる期間はそれほど長くなく、高校卒業後すぐプロ野球球団に入団したとしても、40歳を迎える前には引退してしまうケースがほとんどである。これまでの現役最長記録は工藤公康の29年(2010年シーズン終了時点)であり、それまでは野村克也の26年が最長であった。ちなみに選手として公式戦に出場した年齢では、最年長記録が浜崎真二の48歳10ヶ月、最年少記録が西沢道夫の16歳(現行労働法制下ではない戦前の例だが)という例がある。2012年9月現在、最年長の現役選手は中日に所属する山本昌(投手、47歳1ヶ月)であり、野手では阪神に所属する金本知憲(外野手、44歳)である。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た引退

    また、社会人野球の選手は加齢や故障その他の理由によって現役を引退しても即解雇とはならず、その企業で仕事を続けることもできる。逆に社の経営不振などにより廃部、つまり野球部自体が消えてしまった場合はその社の従業員である以上、他社への転職や会社の許可のもとでのクラブチームへの在籍によってしか野球を続ける手段がなくなる。これに対しプロ野球球団に属する選手は戦力外と判断されて放出された場合は別の球団と自力で選手契約を結ぶ事が出来る。しかしどこの球団も手を挙げない場合はコーチなどの指導者、野球解説者、スポーツキャスター、タレントなどの道がなければ全くの無職となってしまう。日本野球機構(NPB)加盟球団所属のプロ野球選手が本人の意思により任意引退した場合、保有権がある最終所属球団の了解がない場合は他の野球チームと契約を結ぶことができない。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

99件中 11 - 20件表示

「プロ野球選手」のニューストピックワード