113件中 31 - 40件表示
  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見たジャイアント馬場

    しかし、毎年発生する引退選手に対して野球関連のポストは限りがあるために、野球関連の仕事に就けない者も多数出るため、野球とは別の分野に就職することになる選手も多い。NPBが2007年から2014年に退団した選手への調査を行ったところ、平均して2割から3割程度の選手が野球関係以外の道を選んでおり、進路不明の者も相当数存在する。野球関連ではない仕事で成功した例としては、親会社のはからいで映画俳優になった八名信夫や江本孟紀、三沢淳、高橋栄一郎のように政治家になった者がいたり、板東英二、宮本和知、パンチ佐藤のようにそのキャラクターを活かしてタレントとして定着したり、他のスポーツに転向して活躍した尾崎将司(プロゴルファー)、ジャイアント馬場(プロレスラー)、宮本孝雄(競輪選手)、龍隆行(プロボウラー)が挙げられる。また、玉葱農家として成功した河野博文、うどん製造の修行をしてうどん店を開業した條辺剛のように実業家として成功する例もある。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た中埜肇 (実業家)

    ビジターで試合を行う際は、選手は交通機関を利用して移動する。近距離であればバスもしくは、各自移動、遠距離で移動する際は、新幹線か飛行機を利用し、最寄り駅から試合会場まではバスで移動する。混乱を避けるために、2つの班(例・新幹線と飛行機)にわけて移動することが多い。従来は飛行機を利用することが多かったが、1985年に発生した日本航空123便墜落事故で阪神タイガース球団社長の中埜肇が死亡した事を契機に本州間の移動はできうる限り新幹線を利用するようになった。長距離の移動は飛行機を利用するが、飛行機嫌いの選手、スタッフもおり、その選手はできるだけ新幹線などの交通機関を利用しているという。また、登板予定のない先発投手は、遠征を免除され、2軍の練習場で調整を行う場合もある。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た酒井勉

    NPB所属選手は契約更改という形で毎年契約を更新する単年契約が一般的であったが、1993年オフに当時オリックスに在籍していた酒井勉が、3年という日本球界史上初の複数年契約を結んだ。その後、FA宣言による他球団移籍が一般的になり、FAによる移籍、あるいは他球団流出防止のための残留のいずれでも(日本人選手、外国人選手を問わず)複数年契約を結ぶケースが増えるようになった。一例として、プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た條辺剛

    しかし、毎年発生する引退選手に対して野球関連のポストは限りがあるために、野球関連の仕事に就けない者も多数出るため、野球とは別の分野に就職することになる選手も多い。NPBが2007年から2014年に退団した選手への調査を行ったところ、平均して2割から3割程度の選手が野球関係以外の道を選んでおり、進路不明の者も相当数存在する。野球関連ではない仕事で成功した例としては、親会社のはからいで映画俳優になった八名信夫や江本孟紀、三沢淳、高橋栄一郎のように政治家になった者がいたり、板東英二、宮本和知、パンチ佐藤のようにそのキャラクターを活かしてタレントとして定着したり、他のスポーツに転向して活躍した尾崎将司(プロゴルファー)、ジャイアント馬場(プロレスラー)、宮本孝雄(競輪選手)、龍隆行(プロボウラー)が挙げられる。また、玉葱農家として成功した河野博文、うどん製造の修行をしてうどん店を開業した條辺剛のように実業家として成功する例もある。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た古沢憲司

    一方例外的に長期にわたって現役を続ける選手(フランチャイズ・プレイヤー、ジャーニーマン)もおり、現役最長在籍記録は山本昌の32年、一軍公式戦出場実働最長記録は工藤公康・中嶋聡・山本昌の29年である。ちなみに、2014年9月6日時点で、選手として公式戦に出場した年齢では、最年長記録は山本昌の50歳1か月、最年少記録は戦前(年少労働者保護規定なし)が西沢道夫の16歳。労働基準法・児童福祉法下における最年少記録は高校を中退してプロ入りした古沢憲司の16歳4か月である。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見たプロ野球コーチ

    また、社会人野球の選手は加齢や故障その他の理由によって現役を引退しても即解雇とはならず、その企業で仕事を続けることもできる。逆に社の経営不振などにより廃部、つまり野球部自体が消えてしまった場合はその社の従業員である以上、他社への転職や会社の許可のもとでのクラブチームへの在籍によってしか野球を続ける手段がなくなる。これに対しプロ野球球団に属する選手は戦力外通告された場合は別の球団と自力で選手契約を結ぶ事が出来る。しかしどこの球団も手を挙げない場合はコーチなどの指導者、野球解説者、スポーツキャスター、タレントなどの道がなければ全くの無職となってしまう()。日本野球機構(NPB)加盟球団所属のプロ野球選手が本人の意思により任意引退した場合、保有権がある最終所属球団の了解がない場合は他の野球チームと契約を結ぶことができない。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た政治家

    しかし、毎年発生する引退選手に対して野球関連のポストは限りがあるために、野球関連の仕事に就けない者も多数出るため、野球とは別の分野に就職することになる選手も多い。NPBが2007年から2014年に退団した選手への調査を行ったところ、平均して2割から3割程度の選手が野球関係以外の道を選んでおり、進路不明の者も相当数存在する。野球関連ではない仕事で成功した例としては、親会社のはからいで映画俳優になった八名信夫や江本孟紀、三沢淳、高橋栄一郎のように政治家になった者がいたり、板東英二、宮本和知、パンチ佐藤のようにそのキャラクターを活かしてタレントとして定着したり、他のスポーツに転向して活躍した尾崎将司(プロゴルファー)、ジャイアント馬場(プロレスラー)、宮本孝雄(競輪選手)、龍隆行(プロボウラー)が挙げられる。また、玉葱農家として成功した河野博文、うどん製造の修行をしてうどん店を開業した條辺剛のように実業家として成功する例もある。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見たロサンゼルス・ドジャース

    しかし、これらの大会にはメジャーリーガー(40人ロースター枠登録選手)は参加しておらず、米国の場合は3Aクラスの選手で構成されている(ただし米国以外ではシーズンと重ならない大会に限りロースターも含めて招集する場合がある。前出の1998年アジア競技大会の韓国代表には当時ロサンゼルス・ドジャース所属だった朴賛浩が含まれていた)。背景にはこれらの国際大会の多くがMLBシーズン中(それも8月以降のプレーオフ争いも佳境に入った時期)に開かれるためシーズンを中断するか各球団が主力を欠いて消化しなければならず、また、大会において負傷した際の補償など課題も多いため各球団並びに選手会が消極的なのがある。この問題はオリンピック競技からの野球除外に至った要因のひとつともされている。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た出来高

    プロ野球選手の報酬は各選手の活躍に応じて大きく変動し、成果主義の典型的なモデルとみなされることもある。報酬の支払いについて定期昇給や賞与の制度は定められていないが、成績に応じた出来高払いの契約を結んでいる選手もいる。ただし年俸の減額に関しては野球協約92条で制限が設けられており、年俸1億円以上の選手の場合40パーセント、1億円未満の選手の場合25パーセントを超える減額は原則行われない。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た飛行機

    ビジターで試合を行う際は、選手は交通機関を利用して移動する。近距離であればバスもしくは、各自移動、遠距離で移動する際は、新幹線か飛行機を利用し、最寄り駅から試合会場まではバスで移動する。混乱を避けるために、2つの班(例・新幹線と飛行機)にわけて移動することが多い。従来は飛行機を利用することが多かったが、1985年に発生した日本航空123便墜落事故で阪神タイガース球団社長の中埜肇が死亡した事を契機に本州間の移動はできうる限り新幹線を利用するようになった。長距離の移動は飛行機を利用するが、飛行機嫌いの選手、スタッフもおり、その選手はできるだけ新幹線などの交通機関を利用しているという。また、登板予定のない先発投手は、遠征を免除され、2軍の練習場で調整を行う場合もある。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

113件中 31 - 40件表示

「プロ野球選手」のニューストピックワード