99件中 41 - 50件表示
  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た政治家

    引退後は、アマチュア球界復帰などの形で選手として現役を続ける場合もあるが、それ以外では監督やコーチなどの野球指導者、野球解説者、スポーツキャスター、野球評論家、スカウト、スコアラー、打撃投手、ブルペン捕手、球団職員などの野球関連の仕事がある。しかし、毎年発生する引退選手に対して野球関連のポストは限りがあるゆえに、野球関連の仕事に就けない者が多数出るため、野球とは別の分野に就職することになる。また、親会社のはからいで映画俳優になった八名信夫や江本孟紀、三沢淳、高橋栄一郎のように政治家になった者がいたり、板東英二、宮本和知、パンチ佐藤、岩本勉、元木大介のようにそのキャラクターを活かしてタレントとして定着したり、尾崎将司(プロゴルファー)、ジャイアント馬場(プロレスラー)、宮本孝雄(競輪選手)、龍隆行(プロボウラー)のように他のプロスポーツに転向して活躍した例もあるが、こういった成功例は全体として見れば極めて稀である。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見たIBAFワールドカップ

    日本が初めてプロを派遣したのは1999年のアジア野球選手権大会兼シドニーオリンピックアジア地区最終予選で、この時はプロアマ混合で挑んだ。初のオールプロで編成して出場した大会は2003年のアジア野球選手権大会兼アテネオリンピックアジア地区最終予選であり、8年ぶりとなる優勝を決めている。これ以降オリンピック及びその予選会についてはオールプロで出場しているが、それ以外の国際大会(IBAFワールドカップ、アジア競技大会など)は開催時期に合わせてプロアマ混合またはオールアマで出場している。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見たポスティングシステム

    2007年に松坂大輔がメジャーリーグに移籍した際には、ボストン・レッドソックスはポスティングシステムで西武ライオンズと約5100万ドル、本人と約5200万ドルと合計1億ドルを超える巨額の契約をし、日米ともに話題になった。選手側も少しでも良い条件を引き出すために、球団と契約交渉を行うための代理人を置くことがある。松井秀喜がアーン・テレムという敏腕代理人を置いたことで、メジャーリーガーには代理人がつくことが日本でも広く知られることになった。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た住宅ローン

    引退後の元選手の再就職については、2000年に高野光が精神疾患を患い、39歳という若さで死亡(家族の制止を振り切り飛び降り自殺)したことなどから、近年社会的な課題として注目されるようになってきている。また、現役時代の華やかな生活から意識を切り替えることができず、現役時代の蓄えを早々に使い果たしてしまったり、現役時代に購入した高額な邸宅の住宅ローンなどを支払いきれずに生活に困窮し、結果として犯罪に関わってしまうこともあった。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た雇用

    選手の労働形態については雇用契約に該当しないため、報酬の支払に関して定期昇給や賞与の制度はない。基本報酬に加えて何らかの功労(スタメンでいる間にAクラス確定、優勝など)があった場合には加算、活躍出来なかった場合は減額という、完全成果主義である。ただし、加算は年俸の何倍にも跳ね上がるのに対し、減額の場合は通常一定の減額率で制限されており、数年活躍できなかった場合に限り、大幅減額になる傾向がある。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た埼玉西武ライオンズ

    2007年に松坂大輔がメジャーリーグに移籍した際には、ボストン・レッドソックスはポスティングシステムで西武ライオンズと約5100万ドル、本人と約5200万ドルと合計1億ドルを超える巨額の契約をし、日米ともに話題になった。選手側も少しでも良い条件を引き出すために、球団と契約交渉を行うための代理人を置くことがある。松井秀喜がアーン・テレムという敏腕代理人を置いたことで、メジャーリーガーには代理人がつくことが日本でも広く知られることになった。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た戦力外通告

    メジャーリーグの選手は厳しい環境下でプレーしており、成績が伴わなければ契約が更新されず直ちに自由契約、シーズン途中でマイナーリーグに降格、故障で成績が上がらない間にトレードで代わりの選手が入ったら戦力外通告などは日常茶飯事である。ただし選手にとって厳しい面ばかりではなく、逆に球団がどうしても手放したくない貴重な選手と思えば年俸は天井知らずであるし、期待されている選手の獲得合戦の際には何千万ドルという大金が動く。アレックス・ロドリゲスは2007年10月にニューヨーク・ヤンキースと10年総額2億7500万ドル(約309億円、均等割りでも年間2750万ドル=30億9千万円)、出来高も含めると3億ドル(約330億円)の大型契約を結んだ。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見たボストン・レッドソックス

    2007年に松坂大輔がメジャーリーグに移籍した際には、ボストン・レッドソックスはポスティングシステムで西武ライオンズと約5100万ドル、本人と約5200万ドルと合計1億ドルを超える巨額の契約をし、日米ともに話題になった。選手側も少しでも良い条件を引き出すために、球団と契約交渉を行うための代理人を置くことがある。松井秀喜がアーン・テレムという敏腕代理人を置いたことで、メジャーリーガーには代理人がつくことが日本でも広く知られることになった。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見たオリックス・バファローズ

    NPB所属選手は毎年契約を更新する単年契約が一般的であったが、1993年オフに当時オリックスに在籍していた酒井勉が、3年という、日本球界史上初の複数年契約を結んだ。その後、FA宣言による他球団移籍が一般的になると他球団流出防止のための複数年契約を結ぶ傾向が増え、近年では李承燁の4年・総額30億円(1年当たり6億円)といった、複数年契約で数十億にのぼる大型契約も結ばれるようになっている。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見たマイナーリーグ

    メジャーリーグの選手は厳しい環境下でプレーしており、成績が伴わなければ契約が更新されず直ちに自由契約、シーズン途中でマイナーリーグに降格、故障で成績が上がらない間にトレードで代わりの選手が入ったら戦力外通告などは日常茶飯事である。ただし選手にとって厳しい面ばかりではなく、逆に球団がどうしても手放したくない貴重な選手と思えば年俸は天井知らずであるし、期待されている選手の獲得合戦の際には何千万ドルという大金が動く。アレックス・ロドリゲスは2007年10月にニューヨーク・ヤンキースと10年総額2億7500万ドル(約309億円、均等割りでも年間2750万ドル=30億9千万円)、出来高も含めると3億ドル(約330億円)の大型契約を結んだ。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

99件中 41 - 50件表示

「プロ野球選手」のニューストピックワード