113件中 51 - 60件表示
  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見たワールド・ベースボール・クラシック

    2006年からはメジャーリーガーも含めたプロ選手が参加するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が行われており、米国を始め、ドミニカ共和国などはメジャーリーガーのみでナショナルチームを結成した上で参戦している他、日本や韓国、ベネズエラなどメジャーリーガー擁する国も国内などの選手を加えたオールプロチームとなっている。この大会はIBAFの協力も受けつつMLB機構が中心となり、(MLBなど北半球主要プロ野球リーグの)シーズン開幕前に開かれている。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見たIBAFワールドカップ

    日本が初めてプロを派遣したのは1999年のアジア野球選手権大会兼シドニーオリンピックアジア地区最終予選で、この時はプロアマ混合で挑んだ。初のオールプロで編成して出場した大会は2003年のアジア野球選手権大会兼アテネオリンピックアジア地区最終予選であり、8年ぶりとなる優勝を決めている。これ以降オリンピック及びその予選会についてはオールプロで出場しているが、それ以外の国際大会(IBAFワールドカップ、アジア競技大会など)は開催時期に合わせてプロアマ混合またはオールアマで出場している。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た農家

    しかし、毎年発生する引退選手に対して野球関連のポストは限りがあるために、野球関連の仕事に就けない者も多数出るため、野球とは別の分野に就職することになる選手も多い。NPBが2007年から2014年に退団した選手への調査を行ったところ、平均して2割から3割程度の選手が野球関係以外の道を選んでおり、進路不明の者も相当数存在する。野球関連ではない仕事で成功した例としては、親会社のはからいで映画俳優になった八名信夫や江本孟紀、三沢淳、高橋栄一郎のように政治家になった者がいたり、板東英二、宮本和知、パンチ佐藤のようにそのキャラクターを活かしてタレントとして定着したり、他のスポーツに転向して活躍した尾崎将司(プロゴルファー)、ジャイアント馬場(プロレスラー)、宮本孝雄(競輪選手)、龍隆行(プロボウラー)が挙げられる。また、玉葱農家として成功した河野博文、うどん製造の修行をしてうどん店を開業した條辺剛のように実業家として成功する例もある。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見たタマネギ

    しかし、毎年発生する引退選手に対して野球関連のポストは限りがあるために、野球関連の仕事に就けない者も多数出るため、野球とは別の分野に就職することになる選手も多い。NPBが2007年から2014年に退団した選手への調査を行ったところ、平均して2割から3割程度の選手が野球関係以外の道を選んでおり、進路不明の者も相当数存在する。野球関連ではない仕事で成功した例としては、親会社のはからいで映画俳優になった八名信夫や江本孟紀、三沢淳、高橋栄一郎のように政治家になった者がいたり、板東英二、宮本和知、パンチ佐藤のようにそのキャラクターを活かしてタレントとして定着したり、他のスポーツに転向して活躍した尾崎将司(プロゴルファー)、ジャイアント馬場(プロレスラー)、宮本孝雄(競輪選手)、龍隆行(プロボウラー)が挙げられる。また、玉葱農家として成功した河野博文、うどん製造の修行をしてうどん店を開業した條辺剛のように実業家として成功する例もある。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た読売ジャイアンツ

    杉内俊哉(2011年のシーズンオフに、ソフトバンク→巨人へと移籍した際、「4年契約、総額20億円」[単年換算で「年俸5億円」]の契約を結んだ)プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見たWBSCプレミア12

    2011年にWBCがIBAF公認の世界一決定戦となったのに伴い、アマチュア主体たるワールドカップを発展的解消した上で、WBCの中間年にプロ主体たるプレミア12が創設された。このプレミア12の第1回大会は2015年11月に開かれたが、ワールドシリーズ終了直後という開催時期の問題からMLBは40人ロースターに登録された選手の参加を認めなかった。そのため、MLB選手会による40人ロースター枠発表後に行われた11月21日の決勝戦において、米国代表は3名の選手がこのロースター枠に入ったため出場できず、さらに試合も韓国に0-8で敗れてしまった。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見たスポーツキャスター

    また、社会人野球の選手は加齢や故障その他の理由によって現役を引退しても即解雇とはならず、その企業で仕事を続けることもできる。逆に社の経営不振などにより廃部、つまり野球部自体が消えてしまった場合はその社の従業員である以上、他社への転職や会社の許可のもとでのクラブチームへの在籍によってしか野球を続ける手段がなくなる。これに対しプロ野球球団に属する選手は戦力外通告された場合は別の球団と自力で選手契約を結ぶ事が出来る。しかしどこの球団も手を挙げない場合はコーチなどの指導者、野球解説者、スポーツキャスター、タレントなどの道がなければ全くの無職となってしまう()。日本野球機構(NPB)加盟球団所属のプロ野球選手が本人の意思により任意引退した場合、保有権がある最終所属球団の了解がない場合は他の野球チームと契約を結ぶことができない。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見たニューヨーク・ヤンキース

    メジャーリーグの選手は厳しい環境下でプレーしており、成績が伴わなければ契約が更新されず直ちに自由契約、シーズン途中でマイナーリーグに降格、故障で成績が上がらない間にトレードで代わりの選手が入ったら戦力外通告などは日常茶飯事である。またマイナーリーグとメジャーリーグには選手の待遇に大きな差があり、両者の違いを指してマイナーリーグを「ハンバーガー・リーグ」、メジャーリーグを「ステーキ・リーグ」と呼ぶ事もある。ただし選手にとって厳しい面ばかりではなく、逆に球団がどうしても手放したくない貴重な選手と思えば年俸は天井知らずであるし、期待されている選手の獲得合戦の際には数億ドル(数百億円)という大金が動く。アレックス・ロドリゲスは2007年10月にニューヨーク・ヤンキースと10年総額2億7500万ドル、出来高も含めると3億ドルの大型契約を結んだ。選手側も少しでも良い条件を引き出すために、球団と契約交渉を行うための代理人(エージェント)を置くことがある。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た自殺

    しかし、こういった成功例は全体として見れば稀であり、現役引退後思うような生活が送れない元選手が自殺したり、犯罪に関わったりする事例もある。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た親会社

    しかし、毎年発生する引退選手に対して野球関連のポストは限りがあるために、野球関連の仕事に就けない者も多数出るため、野球とは別の分野に就職することになる選手も多い。NPBが2007年から2014年に退団した選手への調査を行ったところ、平均して2割から3割程度の選手が野球関係以外の道を選んでおり、進路不明の者も相当数存在する。野球関連ではない仕事で成功した例としては、親会社のはからいで映画俳優になった八名信夫や江本孟紀、三沢淳、高橋栄一郎のように政治家になった者がいたり、板東英二、宮本和知、パンチ佐藤のようにそのキャラクターを活かしてタレントとして定着したり、他のスポーツに転向して活躍した尾崎将司(プロゴルファー)、ジャイアント馬場(プロレスラー)、宮本孝雄(競輪選手)、龍隆行(プロボウラー)が挙げられる。また、玉葱農家として成功した河野博文、うどん製造の修行をしてうどん店を開業した條辺剛のように実業家として成功する例もある。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

113件中 51 - 60件表示

「プロ野球選手」のニューストピックワード