ヘイッキ・コバライネン ニュース&Wiki etc.

ヘイキ・ヨハンネス・コバライネンまたはヘイッキ・ヨハンネス・コバライネン( 、1981年10月19日 - )は、フィンランド・スオムッサルミ出身のレーシングドライバーである。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ヘイキ・コバライネン」のつながり調べ

  • 東京オートサロン

    東京オートサロンから見たヘイキ・コバライネン

    屋外では、前夜祭と題してサーキット場にて「POWER TOUR」と題してイベント出展車両の走行会が行われていたが2005年に鈴鹿サーキットとの破談によりそれ以来開催はされない。2006年では、幕張メッセ敷地内の外周路を使いマイルドセブンルノーF1(R25)のデモランが行われた。ドライバーはヘイキ・コバライネン。近年では、特設コースにて、D1選手によるドリフト走行パフォーマンス「D1 SQUARE(D1スクエア)」が開催される。(東京オートサロン フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たヘイキ・コバライネン

    「金でシートを買った」などと悪名高い存在と言われることも多く、セバスチャン・ベッテルが「ペイドライバーは動く障害物だ」や「カーティケヤンはきゅうり」などと発言したこともある。1990年代からこの種のドライバーはまったく珍しくなかったが、資金の高額化によりパストール・マルドナドやランス・ストロールなど数十億円にも及ぶ資金でシートを用意されるドライバーも存在する。マルドナドのスポンサーであるベネズエラの石油会社、PDVSAによるロータスのシートへの資金は史上最高額を更新した。ストロールは父親のローレンス・ストロールの援助で日本円で約82億円を持ち込み、ウィリアムズからF1デビューを果たしている。また、井上隆智穂はかつて「F1はビジネスだから、ボクみたいな技術でも金さえ払えばF1ドライバーになれる」と発言している。それに伴い、近年はヤルノ・トゥルーリ、ルーベンス・バリチェロ、ヘイキ・コバライネンなど実力派ドライバーがシートを失う事態が続いており、懸念の声が挙がっている。(フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)