前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示
  • 2009年トルコグランプリ

    2009年トルコグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    多くのマシンがハードタイヤでアタックを行い、その後ソフトタイヤに履き替えて2度目のアタックに出る作戦をとる。しかしマクラーレンはソフトタイヤに履き替えずにアタックを続ける。ヘイッキ・コバライネンはなんとか14番手に入るが、ルイス・ハミルトンは0.04秒届かずに2戦連続Q1敗退となった。トップはレッドブルのセバスチャン・ベッテルで、ベッテルからハミルトンまでの16台が1秒以内という混戦の中、トロ・ロッソの2台とルノーのネルソン・ピケ、フォース・インディアのジャンカルロ・フィジケラがQ1敗退となった。2009年トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年モナコグランプリ

    2009年モナコグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    Q2に入りロズベルグ、レッドブルのセバスチャン・ベッテル、ブラウンGPのルーベンス・バリチェロ、レッドブルのマーク・ウェバー、マクラーレンのヘイッキ・コバライネンの順に1分15秒を切るタイムを出す。その後、フェラーリのキミ・ライコネンがトップタイムを更新し、Q2が終了する。中嶋一貴は今期初、通算2度目のQ3進出。トロ・ロッソの2台とフォース・インディアの2台、ルノーのネルソン・ピケがQ2敗退。2009年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ワールドシリーズ・バイ・ニッサン

    ワールドシリーズ・バイ・ニッサンから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    マルク・ジェネ、フェルナンド・アロンソ、ヘイキ・コバライネンといった後のF1ドライバーを輩出したカテゴリとして知られる。ワールドシリーズ・バイ・ニッサン フレッシュアイペディアより)

  • 2009年スペイングランプリ

    2009年スペイングランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    まずレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテルが1'20.715のタイムを出すが、フェラーリのフェリペ・マッサは1'20.484とトップタイムを更新する。チームメイトのキミ・ライコネンは1'20.291のタイムを残しピットへ戻る。マクラーレンの2台もタイムがなかなか上がってこない。他のチームはライコネンとヘイッキ・コバライネンのタイムを次々と更新していく。残り時間が0の中、トヨタのヤルノ・トゥルーリが15番手のタイムを出し、15番手だったライコネンがノックアウトとなる。2009年スペイングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・T128

    ロータス・T128から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    バレンシア・サーキットでの合同テスト2日目(2月2日)に、ヘイキ・コバライネンによって初走行が行われた。なお、初走行担当ドライバーはコイントスで決められた。ロータス・T128 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年日本グランプリ (4輪)

    2008年日本グランプリ (4輪)から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    ここにきて、トップ2チームが本領を発揮。フェラーリマッサが1'18.217でトップに。ヘイッキ・コバライネン、ハミルトンが続くが、キミ・ライコネンはタイムが伸びず7番手に。2008年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • ルノーF1

    ルノーF1から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    レギュラードライバーは前年と同じで、テストドライバー兼リザーブドライバーだったフランク・モンタニーがチームから離脱し、後任には、2005年には第2テストドライバーを務め、GP2でシーズンランキング2位になったフィンランド人ドライバーのヘイキ・コバライネンが就いた。ルノーF1 フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン

    マクラーレンから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    ドライバーは、ハミルトンが残留、アロンソは2年契約の2年目だったが契約解除となり、代わりに2007年ルノーに所属していたヘイキ・コバライネンが加入した。テストドライバーは、引き続きデ・ラ・ロサとパフェット。コバライネンは2008年シーズン中に2009年もマクラーレンに残留することが発表された。マクラーレン フレッシュアイペディアより)

  • フィンランド

    フィンランドから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    注目すべきはモータースポーツの分野で、F1では、ケケ・ロズベルグ、J.J.レート、ミカ・ハッキネン、ミカ・サロ、キミ・ライコネン、ヘイキ・コバライネン、WRCでは、アリ・バタネン、ヘンリ・トイボネン、ティモ・サロネン、ユハ・カンクネン、トミ・マキネン、マーカス・グロンホルム、ミッコ・ヒルボネン、ヤリ・マティ・ラトバラなどの優れたドライバーを多数輩出しており、世界チャンピオンも少なくない。このように速いドライバーの事を「フライング・フィン」と呼ぶほどである。このフライング・フィンは、陸上競技の長距離種目で活躍したハンネス・コーレマイネンやパーヴォ・ヌルミを称したのが始まりであるが、さまざまなスポーツの選手でこの愛称が使われている。最近では、F1の2007年世界チャンピオンにキミ・ライコネンが輝いた。この様な事から、モータースポーツ界では「優勝したければ、フィン(フィンランド人)を雇え」という格言が存在する。フィンランド フレッシュアイペディアより)

  • コバライネン

    コバライネンから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    コバライネン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示

「ヘイッキ・コバライネン」のニューストピックワード