75件中 11 - 20件表示
  • コバライネン

    コバライネンから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイッキ・コヴァライネン

    ヘイッキ・コヴァライネンから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    ヘイッキ・コヴァライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コヴァライネン

    ヘイキ・コヴァライネンから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コヴァライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイッキ・コバライネン

    ヘイッキ・コバライネンから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    ヘイッキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・R27

    ルノー・R27から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    エースドライバーのフェルナンド・アロンソがマクラーレンへ移籍したため、ジャンカルロ・フィジケラがエースに昇格し、ルーキーのヘイキ・コバライネンとコンビを組んだ。ルノー・R27 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年マレーシアグランプリ

    2009年マレーシアグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    序盤はロズベルグ、トゥルーリ、バトン、バリチェロの上位4台で周回し、その後方でアロンソ、ライコネン、マーク・ウェバーがそれぞれ接近戦を展開。ヘイキ・コバライネンはコースアウトし、第1戦に続き1周目でのリタイアとなった。2009年マレーシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年バーレーングランプリ

    2009年バーレーングランプリから見たヘイッキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    マクラーレンのヘイキ・コバライネンを先頭に各車ソフト側のタイヤでアタックに入る。残り8分半でベッテルが1分32秒474でトップに出る。その後トップタイムが更新されず、Q2が終了。コバライネン、ウィリアムズの中嶋一貴、ルノーのネルソン・ピケ、BMWザウバーの2台がQ2敗退となった。2009年バーレーングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のF1世界選手権

    2008年のF1世界選手権から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    マクラーレンのヘイキ・コバライネンはハンガリーGPで初優勝し、の選手権開幕以来100人目の優勝ドライバーとなった。2008年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年イギリスグランプリ

    2008年イギリスグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    しかし、ハミルトンのチームメイト、ヘイッキ・コバライネンがポールポジション。2番手には伏兵のレッドブル、マーク・ウェバーがつけるなど、予選から予想外の出来事が相次いだ。2008年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年シンガポールグランプリ

    2008年シンガポールグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    Q1のトップタイムは、フェラーリのキミ・ライコネンでソフト側タイヤで1'44.282をマーク。マクラーレン・メルセデスのヘイッキ・コバライネンがハード側タイヤでわずか0.029秒差の2番手、ルイス・ハミルトン3番手、フェリペ・マッサ4番手の上位4台で抜けていく。Q1の終了が迫る中、レッドブルのデビッド・クルサードは15番手以内に滑り込んだ。ルノーのネルソン・ピケJr.、トロ・ロッソのセバスチャン・ブルデー、ホンダのルーベンス・バリチェロ、フォース・インディアの2台がQ1で姿を消している。2008年シンガポールグランプリ フレッシュアイペディアより)

75件中 11 - 20件表示