75件中 21 - 30件表示
  • 2010年マレーシアグランプリ

    2010年マレーシアグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    この混乱に乗じて新参チームのヘイキ・コバライネンとティモ・グロックが3戦目にしてロータス、ヴァージンにとって初のQ2進出を達成するなど予想を大きく覆すセッションとなった。2010年マレーシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年ブラジルグランプリ

    2008年ブラジルグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    各マシンソフト側タイヤでアタックに入る。フェラーリ勢はまず1分11秒台にを記録し、マッサ、ライコネンのワン・ツー体制を築く。しかしハミルトンが1'11.856でトップタイムを塗り替える。チームメイトのヘイッキ・コバライネンは4番手へ。ここでトヨタのティモ・グロックがフェラーリ勢に割って入る3番手タイムを記録。コバライネンは再度アタックを行い、1'11.768で暫定トップとなる。残り時間が少なくなる中、トロ・ロッソのセバスチャン・ベッテルが2番手に飛び込む。トロ・ロッソのセバスチャン・ボーデ、トヨタのヤルノ・トゥルーリらも10番手以内に入り、トロ・ロッソとトヨタはそれぞれ2台そろってQ3へ進出した。2008年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • グランプリ天国

    グランプリ天国から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    セリフに自分の名前が入る場合。ロバート・クビカ「クビか?」、ヘイキ・コバライネン「ヘイキヘイキ」など。グランプリ天国 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ブラジルグランプリ

    2009年ブラジルグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    5番手スタートのライコネンがKERSにより3番手まで順位を上げる。3コーナーではマクラーレンのヘイキ・コバライネンがハーフスピンをし、それに押し出される形でフィジケラは大きくコースオフしながらもコースに戻る。2009年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のGP2シリーズ

    2006年のGP2シリーズから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネン:アーデン・インターナショナル → F1 (マイルドセブン・ルノーF1チーム テストドライバー)2006年のGP2シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年アブダビグランプリ

    2009年アブダビグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    残り時間がなくなり、ボーダーラインの15番手にいたルノーのフェルナンド・アロンソはタイムを更新するも順位を上げられない。その後ろからノックアウトゾーンにいたマクラーレンのヘイッキ・コバライネンが7番手タイムをマークし、アロンソが16番手に下がる。この結果、ルノーの2台、フォース・インディアの2台、そして今回が引退レースとなるフェラーリのジャンカルロ・フィジケラがQ1敗退となった。2009年アブダビグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ケータハムF1チーム

    ケータハムF1チームから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    ドライバーは撤退したトヨタからヤルノ・トゥルーリが加入し、マクラーレンから移籍したヘイキ・コバライネンとコンビを組む。また、テスト兼リザーブドライバーとしてファイルーズ・ファウジーを起用した。ケータハムF1チーム フレッシュアイペディアより)

  • 2009年日本グランプリ (4輪)

    2009年日本グランプリ (4輪)から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    Q3が始まり、スーティルが真っ先にコースに出てアタックを始める。しかし後に続いたマクラーレンのヘイキ・コバライネンがデグナーで縁石に乗り上げ、ウォールにクラッシュ。残り6分49秒で3度目の赤旗中断となる。2009年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 澤田賢志

    澤田賢志から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    モーグルを引退した後は1994年頃からレンタルカート場に入り浸り、モーグル時代に培った反射神経と身体能力を発揮して、世界各国のカート場でコースレコードを樹立した。その後本格的レーシングカートを購入し、38歳からレース活動を開始。デビューイヤーに10戦出場5勝という好成績でレーシングカートに開眼する。すぐにライセンスを上級申請し全日本カート選手権レースにステップアップする。参戦3年目の榛名のレースで4位入賞、途中ランキングも3位につけるなど好成績を挙げるが、F1取材のスケージュールの合間での活動の限界を感じ、その年限りで全日本への挑戦を終えている。もてぎで開催された「CIK/FIA WorldCup Kart Race in JAPAN MOTEGI 2000」にも当時のICAクラスで参戦、後にF1ドライバーとなる中嶋一貴やニコ・ロズベルグ、ヴィタントニオ・リウッツィ、ヘイキ・コバライネン、ロバート・クビサ、ルイス・ハミルトンなども出場していた大会であり、同じ時期のレース経験を持つ貴重なドライバーでもある。そのテクニックはブリヂストンの浜島裕英も評価するものであった。澤田賢志 フレッシュアイペディアより)

  • ロータスF1チーム

    ロータスF1チームから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    ライコネンの欠場した2レースでは、代わりにケータハムのリザーブドライバーだったヘイキ・コバライネンが出走した。ロータスF1チーム フレッシュアイペディアより)

75件中 21 - 30件表示