56件中 21 - 30件表示
  • 2009年ブラジルグランプリ

    2009年ブラジルグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    5番手スタートのライコネンがKERSにより3番手まで順位を上げる。3コーナーではマクラーレンのヘイキ・コバライネンがハーフスピンをし、それに押し出される形でフィジケラは大きくコースオフしながらもコースに戻る。2009年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年アブダビグランプリ

    2009年アブダビグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    残り時間がなくなり、ボーダーラインの15番手にいたルノーのフェルナンド・アロンソはタイムを更新するも順位を上げられない。その後ろからノックアウトゾーンにいたマクラーレンのヘイッキ・コバライネンが7番手タイムをマークし、アロンソが16番手に下がる。この結果、ルノーの2台、フォース・インディアの2台、そして今回が引退レースとなるフェラーリのジャンカルロ・フィジケラがQ1敗退となった。2009年アブダビグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • スコット・スピード

    スコット・スピードから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    2005年、GP2に参戦。前年iSportチームと交わした契約はナンバー2としてのものであったが、スピードはこれを覆し、シーズン中にナンバー1の座を得て、最終的にニコ・ロズベルグ、ヘイキ・コバライネンに次ぐランキング3位でシーズンを終えた。スコット・スピード フレッシュアイペディアより)

  • フラビオ・ブリアトーレ

    フラビオ・ブリアトーレから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    ブリアトーレは、数多くのドライバーのマネージメントも担当していた。F1では、フェルナンド・アロンソ、マーク・ウェバー、ジャンカルロ・フィジケラ、ヤルノ・トゥルーリ、ヘイキ・コバライネン、ネルソン・ピケ・Jrなどが挙げられる。フラビオ・ブリアトーレ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年日本グランプリ (4輪)

    2009年日本グランプリ (4輪)から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    Q3が始まり、スーティルが真っ先にコースに出てアタックを始める。しかし後に続いたマクラーレンのヘイキ・コバライネンがデグナーで縁石に乗り上げ、ウォールにクラッシュ。残り6分49秒で3度目の赤旗中断となる。2009年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 澤田賢志

    澤田賢志から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    モーグルを引退した後は1994年頃からレンタルカート場に入り浸り、モーグル時代に培った反射神経と身体能力を発揮して、世界各国のカート場でコースレコードを樹立した。その後本格的レーシングカートを購入し、38歳からレース活動を開始。デビューイヤーに10戦出場5勝という好成績でレーシングカートに開眼する。すぐにライセンスを上級申請し全日本カート選手権レースにステップアップする。参戦3年目の榛名のレースで4位入賞、途中ランキングも3位につけるなど好成績を挙げるが、F1取材のスケージュールの合間での活動の限界を感じ、その年限りで全日本への挑戦を終えている。もてぎで開催された「CIK/FIA WorldCup Kart Race in JAPAN MOTEGI 2000」にも当時のICAクラスで参戦、後にF1ドライバーとなる中嶋一貴やニコ・ロズベルグ、ヴィタントニオ・リウッツィ、ヘイキ・コバライネン、ロバート・クビサ、ルイス・ハミルトンなども出場していた大会であり、同じ時期のレース経験を持つ貴重なドライバーでもある。そのテクニックはブリヂストンの浜島裕英も評価するものであった。澤田賢志 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年オーストラリアグランプリ

    2007年オーストラリアグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    レースの半分を終え、トップ10はライコネン、ハミルトン、アロンソ、クビサ、ハイドフェルド、フィジケラ、マッサ、ラルフ、ニコ・ロズベルグ、ヘイキ・コバライネンという順位。2007年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年イギリスグランプリ

    2008年イギリスグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    しかし、ハミルトンのチームメイト、ヘイッキ・コバライネンがポールポジション。2番手には伏兵のレッドブル、マーク・ウェバーがつけるなど、予選から予想外の出来事が相次いだ。2008年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年オーストラリアグランプリ

    2009年オーストラリアグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    スタートは、フロントローからスタートしたバリチェロはエンジンストールしかけて大きく順位を落とす。一方KERSを搭載しているフェリペ・マッサとキミ・ライコネンのフェラーリ勢は順位を上げた。タイトな1コーナーではクラッシュが発生。バリチェロとウェバー、ハイドフェルドとヘイッキ・コバライネンが接触し、ハイドフェルドが右リヤタイヤをパンクさせ、コバライネンは接触によってフロントサスペンションにダメージを受けた。ハイドフェルドとウェバーとエイドリアン・スーティルは1度ピットに入った。コバライネンは1周もできないままリタイヤした。2009年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年イギリスグランプリ

    2009年イギリスグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    セッションが開始し、レッドブルの2台を先頭に各マシンがアタックに入る。そのレッドブルはハードタイヤ。そのほかのマシンはソフトタイヤを選択。レッドブルはフロントノーズをアップデートした効果が現れ、ワン・ツー体勢でQ2が終了。セバスチャン・ベッテルは各セクターではトップタイムをマークできなかったものの、Q2トップタイムをマーク。フェラーリのフェリペ・マッサ、マクラーレンのヘイッキ・コバライネン2009年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

56件中 21 - 30件表示

「ヘイッキ・コバライネン」のニューストピックワード