56件中 31 - 40件表示
  • 2009年イタリアグランプリ

    2009年イタリアグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    ライコネンが先頭でコースに出る。ブラウンGPの2台はピットに待機し出るタイミングを伺う。5分程経過したところでブラウンGPの2台がコースに出る。ブラウンGPの2台と、マクラーレンのヘイッキ・コバライネンはハードタイヤを選択。残り時間がなくなり、エイドリアン・スーティルがトップタイムをマークする。しかしハミルトンが再びトップタイムをマークし、ポールポジション獲得。2番手は自己最高グリッドのスーティル。フォース・インディアは全戦のフィジケラに続いてのフロントロー獲得。以下、ライコネン、コバライネン、バリチェロ、バトン、リウィッツィとメルセデスエンジンを搭載した6台全てが7番手までに入った。2009年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年中国グランプリ

    2009年中国グランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    ウィリアムズの2台を先頭に各車アタックに入る。レッドブルのセバスチャン・ベッテルのマシンを残し、他のマシンはソフト側のタイヤでアタックを続ける。そのベッテルは残り2分半になりやっとコースに出て、全車が最後のアタックに入る。最後にアタックに入ったベッテルは1発でトップタイムをマークし、Q3進出。ハイドフェルド、マクラーレンのヘイッキ・コバライネン、フェラーリのフェリペ・マッサ、トヨタのティモ・グロック、ウィリアムズの中嶋一貴がQ2敗退となった。2009年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4-23

    マクラーレン・MP4-23から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    チームメイトのヘイキ・コバライネンはハンガリーGPで初優勝を果たしたが、それを含め表彰台獲得は3回のみだった。コンストラクターズタイトルはフェラーリに次ぐ2位となった。マクラーレン・MP4-23 フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・T127

    ロータス・T127から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    第16戦日本GPではヘイキ・コバライネンが新規参入チームの中で最高成績となる12位完走を果たし、ヤルノ・トゥルーリも13位完走を果たした。ロータス・T127 フレッシュアイペディアより)

  • フィンランドの文化

    フィンランドの文化から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    少ない人口にも関わらず、フィンランドは世界でも最も国際的成功を得ているオートレース国である。フィンランドからはケケ・ロズベルグ、ミカ・ハッキネン、キミ・ライコネンの三人のF1優勝選手がうまれている。ライコネンの後はヘイキ・コバライネンやニコ・ロズベルグが選手として活躍している。ただし、ニコ・ロズベルグは彼の母親の母国であるドイツの選手として活躍している。その他のフィンランドのF1グランプリドライバーにはレオ・キヌーネン、J.J.レート、ミカ・サロなどが有名である。ラリーでも非常に優秀な選手を輩出している。世界ラリー選手権ではマーカス・グロンホルム、ユハ・カンクネン、ハンヌ・ミッコラ、トミ・マキネン、ティモ・サロネン、アリ・バタネンの6人がチャンピオンドライバーになっている。ロードレースではヤーノ・サーリネンが世界チャンピオンになっている。フィンランドの文化 フレッシュアイペディアより)

  • マッドクロック

    マッドクロックから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    モータースポーツとの関わりはヘイキ・コバライネンがGP2時代に個人スポンサーをした事に遡る。その後特にモータースポーツとの関連性が深まったのが2010年になり、FIAが主催するGT1世界選手権ではベルギーのSelleslagh Racing Teamを母体にマッドクロック・レーシングとして参戦。シボレー・コルベット・C6.Rを駆った。又、WRCではノルウェー人ラリードライバーであるペター・ソルベルグをスポンサーすることが発表された。さらには、レッドブルと同じくF1にも進出し、ザウバーのスポンサーとして契約した事を発表している。マッドクロック フレッシュアイペディアより)

  • ティアゴ・モンテイロ

    ティアゴ・モンテイロから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    モンテイロ以前にF1デビュー戦からの連続完走記録を持っていたのは、1965年デビューのジャッキー・スチュワートと1994年デビューのオリビエ・パニスで、それぞれデビュー戦から6戦連続完走を達成している。パニスはその後第8戦から最終第16戦まで9戦連続完走している(但し第13戦はレース終了後に車検で失格)。他に変則的なものとして1960年デビューのリッチー・ギンザーもデビュー戦から欠場も重ねつつ翌年にかけ9戦連続完走を達成している(予選のみ出走し決勝で走行しなかった1戦を除く)。また、2007年にデビューしたヘイキ・コバライネンが開幕戦から16戦連続完走を果たし、モンテイロの記録に並んだ。しかし2007年はエンジン開発規制があり全体的に完走率が高いシーズンであったことから、信頼性もイマイチであったジョーダンだったことなどから、モンテイロの記録は数字以上に抜きん出ていると言える。ティアゴ・モンテイロ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年イタリアグランプリ

    2008年イタリアグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    強い雨のためエクストリーム・ウェットタイヤの装着が義務付けられ、セーフティカー先導でレース開始。序盤は、予選4位のブルデーがエンジンストールのために周回遅れとなった事と、ジャンカルロ・フィジケラが12周目にリタイアとなった事以外は波乱なく進んだ。ポールスタートのベッテルは、その後も序盤で作った貯金にモノを言わせ、最初のタイヤ交換時以外は首位を守りきって最年少ポールポジションに続き最年少の21歳73日で初優勝した。ハミルトンのチームメイト・ヘイッキ・コバライネンが、12秒以上離されて2位。予選失敗のクビサが、1ピット戦略で3位に潜り込む事に成功。今回は大した見せ場を作れなかったマッサは、何とかハミルトンより前の6位。そのハミルトンは、マクラーレンのタイヤの温まりやすさに祟られ後半伸びずの7位。ライコネンは最悪で、最後に何とかファステストラップを奪取したものの、ポイント圏外の9位に終わった。なお、雨中決戦となった当レースであるが、意外にもゴール出来なかったのはフィジケラだけであった。2008年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 東京オートサロン

    東京オートサロンから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    2006年には幕張メッセ敷地内の外周路を使いマイルドセブンルノーF1(R25)のデモランが行われた。ドライバーはヘイキ・コバライネン東京オートサロン フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のGP2シリーズ

    2006年のGP2シリーズから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネン:アーデン・インターナショナル → F1 (マイルドセブン・ルノーF1チーム テストドライバー)2006年のGP2シリーズ フレッシュアイペディアより)

56件中 31 - 40件表示

「ヘイッキ・コバライネン」のニューストピックワード