75件中 31 - 40件表示
  • 2008年イタリアグランプリ

    2008年イタリアグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    強い雨のためエクストリーム・ウェットタイヤの装着が義務付けられ、セーフティカー先導でレース開始。序盤は、予選4位のブルデーがエンジンストールのために周回遅れとなった事と、ジャンカルロ・フィジケラが12周目にリタイアとなった事以外は波乱なく進んだ。ポールスタートのベッテルは、その後も序盤で作った貯金にモノを言わせ、最初のタイヤ交換時以外は首位を守りきって最年少ポールポジションに続き最年少の21歳73日で初優勝した。ハミルトンのチームメイト・ヘイッキ・コバライネンが、12秒以上離されて2位。予選失敗のクビサが、1ピット戦略で3位に潜り込む事に成功。今回は大した見せ場を作れなかったマッサは、何とかハミルトンより前の6位。そのハミルトンは、マクラーレンのタイヤの温まりやすさに祟られ後半伸びずの7位。ライコネンは最悪で、最後に何とかファステストラップを奪取したものの、ポイント圏外の9位に終わった。なお、雨中決戦となった当レースであるが、意外にもゴール出来なかったのはフィジケラだけであった。2008年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年オーストラリアグランプリ

    2009年オーストラリアグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    スタートは、フロントローからスタートしたバリチェロはエンジンストールしかけて大きく順位を落とす。一方KERSを搭載しているフェリペ・マッサとキミ・ライコネンのフェラーリ勢は順位を上げた。タイトな1コーナーではクラッシュが発生。バリチェロとウェバー、ハイドフェルドとヘイッキ・コバライネンが接触し、ハイドフェルドが右リヤタイヤをパンクさせ、コバライネンは接触によってフロントサスペンションにダメージを受けた。ハイドフェルドとウェバーとエイドリアン・スーティルは1度ピットに入った。コバライネンは1周もできないままリタイヤした。2009年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年オーストラリアグランプリ

    2007年オーストラリアグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    レースの半分を終え、トップ10はライコネン、ハミルトン、アロンソ、クビサ、ハイドフェルド、フィジケラ、マッサ、ラルフ、ニコ・ロズベルグ、ヘイキ・コバライネンという順位。2007年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ダヴィデ・ヴァルセッキ

    ダヴィデ・ヴァルセッキから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    レギュラードライバーのキミ・ライコネンが背中の手術・療養のために第18戦アメリカGPと最終戦ブラジルGPを欠場することになりF1デビューのチャンスが回ってくるかと思われたが、実際にはF1ドライバーとしての経験があり2013年シーズンのフリー走行も走っているケータハムのテストドライバーであるヘイキ・コバライネンが代役に選ばれた。自身がチームとサードドライバーとして契約しているのにも関わらず、現役ドライバーでも元チャンピオンでもないコバライネンが代役として選ばれた事に憤慨した。。ただし当時のロータスはコンストラクターズ順位争いの最中であり、チームの命運を経験のないヴァルセッチに託すリスクは負えなかったという背景がある。ダヴィデ・ヴァルセッキ フレッシュアイペディアより)

  • マッドクロック

    マッドクロックから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    モータースポーツとの関わりはヘイキ・コバライネンがGP2時代に個人スポンサーをした事に遡る。その後特にモータースポーツとの関連性が深まったのが2010年になり、FIAが主催するGT1世界選手権ではベルギーのSelleslagh Racing Teamを母体にマッドクロック・レーシングとして参戦。シボレー・コルベット・C6.Rを駆った。又、WRCではノルウェー人ラリードライバーであるペター・ソルベルグをスポンサーすることが発表された。さらには、レッドブルと同じくF1にも進出し、ザウバーのスポンサーとして契約した事を発表している。マッドクロック フレッシュアイペディアより)

  • フラビオ・ブリアトーレ

    フラビオ・ブリアトーレから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    ブリアトーレは、数多くのドライバーのマネージメントも担当していた。F1では、フェルナンド・アロンソ、マーク・ウェバー、ジャンカルロ・フィジケラ、ヤルノ・トゥルーリ、ヘイキ・コバライネン、ネルソン・ピケ・Jrなどが挙げられる。フラビオ・ブリアトーレ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィタリー・ペトロフ

    ヴィタリー・ペトロフから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    2月17日、ヤルノ・トゥルーリのシートを持参金で奪いケータハムF1チームのレギュラードライバーとして起用された事が発表された。チームメイトは以前からケータハムに所属しているヘイキ・コバライネン。開幕戦オーストラリアGPでは、ステアリングトラブルでリタイアを喫したものの、第2戦マレーシアGPでは16位で完走。続く第3戦中国GPでも18位完走。第4戦バーレーンGPでは16位完走と、チームメイトのコバライネンを上回る戦績を収めた。ヨーロッパGPではアクシデントの相次ぐ混沌としたレースの中で一時10番手を走行し、チームにとって初のポイントが見え始めていたが、トロ・ロッソのダニエル・リチャルドに接触され、圏内から脱落し13位に終わった。余談だが、同レースではコバライネンも同じくトロ・ロッソのジャン=エリック・ベルニュに同じように接触されている。その後もコバライネン共々苦戦し、コンストラクターズランキングを争うマルシャにもリザルトで後れを取っていた。だが最終戦ブラジルGPでマルシャのシャルル・ピックとの直接対決を制し11位で完走。このペトロフのリザルトはチームにとって最高成績であるとともに、この結果により最後の逆転でコンストラクターズ10位を掴み取った。ヴィタリー・ペトロフ フレッシュアイペディアより)

  • ハンガリーグランプリ

    ハンガリーグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    2008年 - 先頭を走るフェリペ・マッサ(フェラーリ)が残り3周という所でストップし、ヘイキ・コバライネン(マクラーレン)がF1初優勝。F1通算100人目のウィナーになった。ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4-23

    マクラーレン・MP4-23から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    チームメイトのヘイキ・コバライネンはハンガリーGPで初優勝を果たしたが、それを含め表彰台獲得は3回のみだった。コンストラクターズタイトルはフェラーリに次ぐ2位となった。マクラーレン・MP4-23 フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・T127

    ロータス・T127から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    第16戦日本GPではヘイキ・コバライネンが新規参入チームの中で最高成績となる12位完走を果たし、ヤルノ・トゥルーリも13位完走を果たした。ロータス・T127 フレッシュアイペディアより)

75件中 31 - 40件表示