56件中 41 - 50件表示
  • 2008年のF1世界選手権

    2008年のF1世界選手権から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    マクラーレンのヘイキ・コバライネンはハンガリーGPで初優勝し、の選手権開幕以来100人目の優勝ドライバーとなった。2008年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・セナ

    ブルーノ・セナから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    第10戦イギリスGPではセナに代わりテストドライバーの山本左近が出走したが、次の第11戦ドイツGPからは再びレギュラードライバーに復帰、予選でロータスのヘイキ・コバライネンやヴァージンのティモ・グロックと0.3秒差以内のタイムを記録し自己ベストの21位に入った。第13戦ベルギーGPの予選では不安定な天候の中で数名のドライバーがタイムを上手く出せなかったこともあり自己ベストを更新する20位に入った。ブルーノ・セナ フレッシュアイペディアより)

  • グランプリ天国

    グランプリ天国から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    セリフに自分の名前が入る場合。ロバート・クビカ「クビか?」、ヘイキ・コバライネン「ヘイキヘイキ」など。グランプリ天国 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年シンガポールグランプリ

    2008年シンガポールグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    Q1のトップタイムは、フェラーリのキミ・ライコネンでソフト側タイヤで1'44.282をマーク。マクラーレン・メルセデスのヘイッキ・コバライネンがハード側タイヤでわずか0.029秒差の2番手、ルイス・ハミルトン3番手、フェリペ・マッサ4番手の上位4台で抜けていく。Q1の終了が迫る中、レッドブルのデビッド・クルサードは15番手以内に滑り込んだ。ルノーのネルソン・ピケJr.、トロ・ロッソのセバスチャン・ブルデー、ホンダのルーベンス・バリチェロ、フォース・インディアの2台がQ1で姿を消している。2008年シンガポールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ケータハムF1チーム

    ケータハムF1チームから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    ドライバーは撤退したトヨタからヤルノ・トゥルーリが加入し、マクラーレンから移籍したヘイキ・コバライネンとコンビを組む。また、テスト兼リザーブドライバーとしてファイルーズ・ファウジーを起用した。ケータハムF1チーム フレッシュアイペディアより)

  • ヴィタリー・ペトロフ

    ヴィタリー・ペトロフから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    2月17日、ヤルノ・トゥルーリに代わってケータハムF1チームのレギュラードライバーとして起用された事が発表された。チームメイトは以前からケータハムに所属しているヘイキ・コバライネン。開幕戦オーストラリアGPでは、ステアリングトラブルでリタイアを喫したものの、第2戦マレーシアGPでは16位で完走。続く第3戦中国GPでも18位完走。第4戦バーレーンGPでは16位完走と、チームメイトのコバライネンを上回る戦績を収めた。ヨーロッパGPではアクシデントの相次ぐ混沌としたレースの中で一時10番手を走行し、チームにとって初のポイントが見え始めていたが、トロ・ロッソのダニエル・リチャルドに接触され、圏内から脱落し13位に終わった。余談だが、同レースではコバライネンも同じくトロ・ロッソのジャン=エリック・ベルニュに同じように接触されている。その後もコバライネン共々苦戦し、コンストラクターズランキングを争うマルシャにもリザルトで後れを取っていた。だが最終戦ブラジルGPでマルシャのシャルル・ピックとの直接対決を制し11位で完走。このペトロフのリザルトはチームにとって最高成績であるとともに、この結果により最後の逆転でコンストラクターズ10位を掴み取った。ヴィタリー・ペトロフ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ハミルトン

    ルイス・ハミルトンから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    2009年もマクラーレンから参戦。チームは大幅なレギュレーション変更の対応に苦しみ、開幕前のテストから不調が報じられた。ハミルトン自身も、開幕戦オーストラリアGPでは決勝前の全セッションでチームメイトのコバライネンにも遅れをとり苦戦が予想されたが、決勝ではグリッド最後尾から追い上げ、4位でゴールした。レース終了後に3位に繰り上がったが、その際の審議で虚偽証言をしたとして失格処分となった。ルイス・ハミルトン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンカルロ・フィジケラ

    ジャンカルロ・フィジケラから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    二年連続チャンピオンに輝いたアロンソのチーム離脱により、在籍三年目のフィジケラは名実ともにルノーのエースドライバーとなり、チームメイトに前年のテストドライバーであったヘイキ・コバライネンを迎えた。しかしルノーは2007年よりワンメイクとなったブリヂストンタイヤへの対応にシーズン序盤から苦しみ、最終的にコンストラクターズ3位へ後退した(本来1位であったマクラーレンが不祥事でポイント剥奪された上の3位なので、実質的には4位である)。フィジケラ自身もシーズンが進むにつれ、ルーキーのコバライネンに予選決勝共に先行を許してしまうレースが続き、実力に対する疑問の声が大きくなる。序盤こそ順調にポイントを重ね信頼性の低いマシンながらも健闘したが、中盤からはコバライネンに劣る場面が多くなる。結局、第6戦カナダGPで上位走行中にピット出口の信号を無視し失格したなどの失態もあり、ポイントは30対21とコバライネンに敗れる。ここで12月、アロンソが契約を残したままマクラーレンを抜けルノーにエースドライバーとして加入、セカンドドライバーはネルソン・ピケと決定してしまったため、フィジケラは放出され、シーズンオフはフォース・インディアのシートを得るためテストを行った。シートの一方はエイドリアン・スーティルが引き続き得ることが濃厚とされていたのと、同時にラルフ・シューマッハ、ヴィタントニオ・リウッツィ、クリスチャン・クリエン、フランク・モンタニー、ロルダン・ロドリゲス、山本左近らもテストに参加したため、一つのシートを多くのドライバーが激しく争う異例の展開を見た。ジャンカルロ・フィジケラ フレッシュアイペディアより)

  • Angry Birds

    Angry Birdsから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    2012年6月25日のアップデートで追加。フィンランド出身のレーシングドライバー、ヘイキ・コバライネンとのコラボレーションによって、F1をモチーフにした背景やオブジェクト(チェッカーフラッグ、タイヤなど)が登場し、Red Birdがヘルメットを装着している。Mighty Eagleの代わりにHeikki Powerが利用できる。Angry Birds フレッシュアイペディアより)

  • 1981年

    1981年から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    10月19日 - ヘイキ・コバライネン、F1ドライバー1981年 フレッシュアイペディアより)

56件中 41 - 50件表示

「ヘイッキ・コバライネン」のニューストピックワード