75件中 41 - 50件表示
  • ヤルノ・トゥルーリ

    ヤルノ・トゥルーリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    2010年は新規参入チームであるロータス・レーシングに移籍。マクラーレンから移籍してきたヘイキ・コバライネンとタッグを組む。冬季テストでは信頼性はあるが、速さは見せ付けていない。この年はマシンの戦闘力が不足していたため、主に新規参入した3チームの中でのトップを目指すシーズンとなった。シーズンを通した成績は予選結果ではチームメイトのコバライネンに対し11勝8敗と勝ち越したものの、決勝ではコバライネンの後ろでフィニッシュすることが多く、両者が完走してトゥルーリが前でフィニッシュしたのは第10戦イギリスGPのみであった。マシントラブルでのリタイアも多く、全19戦中完走は11戦で最高位は第16戦日本GPの13位であった。また、F1参戦14年目にして自身初のノーポイントのシーズンだった。ヤルノ・トゥルーリ フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    イタリアGP予選では自己最高位更新となる予選2位の速さを見せ、フロントロウを獲得。更に決勝ではマシンの特性を活かして初ファステストラップを記録し、自己最高位の4位でゴール。レースや予選で速さを見せた一方で、シンガポールGPではスピンした直後のリカバーでニック・ハイドフェルドに衝突し、次戦の日本GPではシケインに並走状態で進入したヘイキ・コバライネンのラインを強引にふさぎ接触など、他車を巻き込む荒いドライビングも見参するシーズンとなった。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ブラジルグランプリ

    2010年ブラジルグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    午前中から降りだした雨により路面はウェットの状態でセッションはスタートする。各車インターミディエイトタイヤで燃料を積んで周回を重ねていく中、ウェバー、ベッテルのレッドブル勢が早々に1-2体制を築く。しかし、終盤再度コースインしたフェラーリのアロンソが1'18.987でトップを奪いQ1が終了。以下、スーティル、グロック、トゥルーリ、コバライネン、ディ・グラッシ、クリエン、セナがQ1敗退となった。2010年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年中国グランプリ

    2009年中国グランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    ウィリアムズの2台を先頭に各車アタックに入る。レッドブルのセバスチャン・ベッテルのマシンを残し、他のマシンはソフト側のタイヤでアタックを続ける。そのベッテルは残り2分半になりやっとコースに出て、全車が最後のアタックに入る。最後にアタックに入ったベッテルは1発でトップタイムをマークし、Q3進出。ハイドフェルド、マクラーレンのヘイッキ・コバライネン、フェラーリのフェリペ・マッサ、トヨタのティモ・グロック、ウィリアムズの中嶋一貴がQ2敗退となった。2009年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年イタリアグランプリ

    2009年イタリアグランプリから見たヘイッキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    ライコネンが先頭でコースに出る。ブラウンGPの2台はピットに待機し出るタイミングを伺う。5分程経過したところでブラウンGPの2台がコースに出る。ブラウンGPの2台と、マクラーレンのヘイッキ・コバライネンはハードタイヤを選択。残り時間がなくなり、エイドリアン・スーティルがトップタイムをマークする。しかしハミルトンが再びトップタイムをマークし、ポールポジション獲得。2番手は自己最高グリッドのスーティル。フォース・インディアは全戦のフィジケラに続いてのフロントロー獲得。以下、ライコネン、コバライネン、バリチェロ、バトン、リウィッツィとメルセデスエンジンを搭載した6台全てが7番手までに入った。2009年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年イギリスグランプリ

    2009年イギリスグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    セッションが開始し、レッドブルの2台を先頭に各マシンがアタックに入る。そのレッドブルはハードタイヤ。そのほかのマシンはソフトタイヤを選択。レッドブルはフロントノーズをアップデートした効果が現れ、ワン・ツー体勢でQ2が終了。セバスチャン・ベッテルは各セクターではトップタイムをマークできなかったものの、Q2トップタイムをマーク。フェラーリのフェリペ・マッサ、マクラーレンのヘイッキ・コバライネン2009年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • Angry Birds

    Angry Birdsから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    2012年6月25日のアップデートで追加。フィンランド出身のレーシングドライバー、ヘイキ・コバライネンとのコラボレーションによって、F1をモチーフにした背景やオブジェクト(チェッカーフラッグ、タイヤなど)が登場し、Red Birdがヘルメットを装着している。Mighty Eagleの代わりにHeikki Powerが利用できる。Angry Birds フレッシュアイペディアより)

  • ハンガロリンク

    ハンガロリンクから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    低速サーキットのハンガロリンクでは、思わぬ波乱が起こる事も多い。特にコースが改修された2003年以降は波乱が多く起こり、2002年から2008年まで毎年、ハンガリーGPの勝者は変わっている。デイモン・ヒル、フェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトン、ヘイキ・コバライネンとここで初優勝を挙げた者も多い。予選重視という事でポールシッター有利と思われがちであるが、これまでのハンガリーGPのポールシッターは31戦13勝であり、勝率がかなり低い。ハンガロリンク フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のSUPER GT

    2017年のSUPER GTから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    GT500クラスと車両レギュレーションの共通化を進めているドイツツーリングカー選手権(DTM)との交流が本格化。同年のDTM最終戦(ホッケンハイムリンク)にて、2016年型の日産・GT-R(NISMOの1号車、ドライブはロニー・クインタレッリ)及び2017年型レクサス・LC500(TRD保有の開発車両、ドライブはヘイキ・コバライネン)の2台がDTM車両と混じってのデモランを行った他、逆にSUPER GTの最終戦(ツインリンクもてぎ)にはDTMの3車種(アウディ・RS5、BMW・M4、メルセデス・ベンツ C63)が登場し、ホッケンハイムには未登場だったホンダ・NSX-GTを含む6車種によるデモランが実施された。もてぎにはDTM運営団体の代表を務めるゲルハルト・ベルガーも来場し、DTMが2019年よりGT500クラス同様の「2リッター・直4ターボ」エンジンを採用する方針を固めたことを明らかにした。2017年のSUPER GT フレッシュアイペディアより)

  • ニコ・ロズベルグ

    ニコ・ロズベルグから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    2005年は、同年に国際F3000から改組しスタートしたGP2にARTグランプリチームから参戦した。第5ラウンドとなるマニ・クールでの第2レースを制すると、翌戦のシルバーストンでは第1レースでポールトゥウィンを飾り、更に翌戦のホッケンハイムの第1レースでハットトリックを達成する。その後はしばらく優勝から遠ざかり、チャンピオン争いではヘイキ・コバライネンに先行を許すが、バーレーンでの最終ラウンドで、第1レースと第2レースをともに制して、コバライネンを逆転して同シリーズの初代チャンピオンに輝いた。ニコ・ロズベルグ フレッシュアイペディアより)

75件中 41 - 50件表示