75件中 51 - 60件表示
  • ジャンカルロ・フィジケラ

    ジャンカルロ・フィジケラから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    二年連続チャンピオンに輝いたアロンソのチーム離脱により、在籍三年目のフィジケラは名実ともにルノーのエースドライバーとなり、チームメイトに前年のテストドライバーであったヘイキ・コバライネンを迎えた。しかしルノーは2007年よりワンメイクとなったブリヂストンタイヤへの対応にシーズン序盤から苦しみ、最終的にコンストラクターズ3位へ後退した(本来1位であったマクラーレンが不祥事でポイント剥奪された上の3位なので、実質的には4位である)。フィジケラ自身もシーズンが進むにつれ、ルーキーのコバライネンに予選決勝共に先行を許してしまうレースが続き、実力に対する疑問の声が大きくなる。序盤こそ順調にポイントを重ね信頼性の低いマシンながらも健闘したが、中盤からはコバライネンに劣る場面が多くなる。結局、第6戦カナダGPで上位走行中にピット出口の信号を無視し失格したなどの失態もあり、ポイントは30対21とコバライネンに敗れる。ここで12月、アロンソが契約を残したままマクラーレンを抜けルノーにエースドライバーとして加入、セカンドドライバーはネルソン・ピケと決定してしたため、フィジケラは放出され、シーズンオフはフォース・インディアのシートを得るためテストを行った。シートの一方はエイドリアン・スーティルが引き続き得ることが濃厚とされていたのと、同時にラルフ・シューマッハ、ヴィタントニオ・リウッツィ、クリスチャン・クリエン、フランク・モンタニー、ロルダン・ロドリゲス、山本左近らもテストに参加したため、一つのシートを多くのドライバーが激しく争う異例の展開を見た。ジャンカルロ・フィジケラ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・ラピエール

    ニコラ・ラピエールから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    F3ユーロシリーズの実績が評価され、GP2シリーズの当時のチャンピオンチームであったアーデン・インターナショナルに移籍することとなった。チームメイトはヘイキ・コバライネンであった。ニコラ・ラピエール フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・ロッシ

    アレクサンダー・ロッシから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    2012年3月9日、リザーブドライバーであるギド・ヴァン・デル・ガルデに続きケータハムF1チームにテストドライバーとして契約した事を発表する。2012年第5戦スペインGPの金曜フリー走行において、ヘイキ・コバライネンのシャシーに乗りセッション初走行を行った。F1へのアメリカ人の出場は2007年第10戦ヨーロッパGPに出走していたスコット・スピード以来5年ぶりのことであった。アレクサンダー・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年ヨーロッパグランプリ

    2008年ヨーロッパグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    マッサは38周目にハミルトンとの差を10秒と広げた所でピットイン。ピットアウトする時にピットレーン後方から来たエイドリアン・スーティルと危うく接触しそうになる。両者何とか接触は逃れたが、マッサがレース後の審議対象となる。41周目にスーティルがクラッシュ。このタイミングでライコネンとヘイッキ・コバライネンが同時ピットイン。このとき、ライコネンが給油リグが抜けないまま発進しようとしてしまい、ピットクルーを負傷させてしまう。このトラブルでヤルノ・トゥルーリにも先に行かれてしまった。2008年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ヨーロッパグランプリ

    2009年ヨーロッパグランプリから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    今回およそ10年ぶりにステアリングを握るフェラーリのルカ・バドエルを先頭に各車がアタックに入る。トロ・ロッソのセバスチャン・ブエミがトップタイムをマークするが、その後、マクラーレンのヘイッキ・コバライネン、ウィリアムズのニコ・ロズベルグ、マクラーレンのルイス・ハミルトン、ブラウンGPのルーベンス・バリチェロ、ハミルトンの順にトップタイムを更新していく。2009年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フィンランドの文化

    フィンランドの文化から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    フィンランドは少ない人口にも関わらず、数多くの優秀なドライバーを輩出する世界でも有数のモータースポーツ大国である。F1ワールドチャンピオンはケケ・ロズベルグ、ミカ・ハッキネン、キミ・ライコネンの3人。さらに上記3人とヘイキ・コバライネン、バルテリ・ボッタスの5人のフィンランド人F1ウィナーがいる。また、ケケ・ロズベルグの息子、ニコ・ロズベルグが2016年のワールドチャンピオンに輝いている。ただし、ニコ・ロズベルグは母親の母国であるドイツの国籍で参戦していた。その他のフィンランド人F1ドライバーとしてはレオ・キンヌネン、J.J.レート、ミカ・サロなどが有名である。ラリーでも非常に優秀な選手を輩出している。WRCではマーカス・グロンホルム、ユハ・カンクネン、ハンヌ・ミッコラ、トミ・マキネン、ティモ・サロネン、アリ・バタネンの6人がチャンピオンを獲得している。二輪のWGPではヤーノ・サーリネンが1972年に250ccクラスのワールドチャンピオンになっている。一方では、2017年現在フィンランド国内で開催されるモータースポーツのビッグイベントはラリー・フィンランドのみである。(しかし、現在建設中のキュミリングというサーキットでF1フィンランドGPを開催しようとする動きがあり、MotoGPのフィンランドGPが2019年より同サーキットを開催地として5年間の契約で復活することがドルナスポーツより発表されている)フィンランドの文化 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・セナ

    ブルーノ・セナから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    第10戦イギリスGPではセナに代わりテストドライバーの山本左近が出走したが、次の第11戦ドイツGPからは再びレギュラードライバーに復帰、予選でロータスのヘイキ・コバライネンやヴァージンのティモ・グロックと0.3秒差以内のタイムを記録し自己ベストの21位に入った。第13戦ベルギーGPの予選では不安定な天候の中で数名のドライバーがタイムを上手く出せなかったこともあり自己ベストを更新する20位に入った。ブルーノ・セナ フレッシュアイペディアより)

  • スコット・スピード

    スコット・スピードから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    2005年、GP2に参戦。前年iSportチームと交わした契約はナンバー2としてのものであったが、スピードはこれを覆し、シーズン中にナンバー1の座を得て、最終的にニコ・ロズベルグ、ヘイキ・コバライネンに次ぐランキング3位でシーズンを終えた。スコット・スピード フレッシュアイペディアより)

  • ティアゴ・モンテイロ

    ティアゴ・モンテイロから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    モンテイロ以前にF1デビュー戦からの連続完走記録を持っていたのは、1965年デビューのジャッキー・スチュワートと1994年デビューのオリビエ・パニスで、それぞれデビュー戦から6戦連続完走を達成している。パニスはその後第8戦から最終第16戦まで9戦連続完走している(但し第13戦はレース終了後に車検で失格)。他に変則的なものとして1960年デビューのリッチー・ギンザーもデビュー戦から欠場も重ねつつ翌年にかけ9戦連続完走を達成している(予選のみ出走し決勝で走行しなかった1戦を除く)。また、2007年にデビューしたヘイキ・コバライネンが開幕戦から16戦連続完走を果たし、モンテイロの記録に並んだ。しかし2007年はエンジン開発規制があり全体的に完走率が高いシーズンであったことから、信頼性もイマイチであったジョーダンだったことなどから、モンテイロの記録は数字以上に抜きん出ていると言える。ティアゴ・モンテイロ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のF1世界選手権

    2007年のF1世界選手権から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    2007年にF1デビューを果たしたドライバーは6人。ルイス・ハミルトンはその年の多くでポイントリーダーに立ち、ルーキーでのチャンピオン獲得に大きな期待を持たせた。ヘイキ・コバライネンはルノーのエースであったジャンカルロ・フィジケラをランキングで上回り、デビューから16戦連続完走を達成した。エイドリアン・スーティルは、デビューしたチームが前述の2人に比べると非力なスパイカーF1であったため成績では目立たなかったが、経験のあるクリスチャン・アルバースを上回ったり、雨のレースとなった日本グランプリで8位入賞に入るなど、才能を発揮した。セバスチャン・ベッテルはアメリカグランプリでロベルト・クビサの代役でデビューし、デビュー戦で当時の最年少入賞記録を更新、翌年以降の大活躍につながった。マルクス・ヴィンケルホックは1戦のみの参戦だったが、デビュー戦で作戦が当たりラップリーダーに輝き、インパクトを見せつけた。中嶋一貴は最終戦ブラジルグランプリでデビュー、日本人初の2世ドライバーとなった。翌年にはデビューわずか2戦目でポイントを獲得するなど、活躍した。2007年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

75件中 51 - 60件表示