75件中 61 - 70件表示
  • 2015年のSUPER GT

    2015年のSUPER GTから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    トヨタ陣営(LEXUS Racing)は、チームルマンとRACING PROJECT BANDOHが体制を維持、トムスは中嶋一貴がFIA 世界耐久選手権(WEC)とスーパーフォーミュラに専念するため離脱したのを受けて、前年37号車を担当した伊藤大輔が36号車に移ってジェームス・ロシターとコンビを組み、37号車には前年中嶋の代理を務めた平川亮がフル参戦、アンドレア・カルダレッリとコンビを組む。また、平手晃平がサードに復帰しヘイキ・コバライネンとコンビを組み、石浦宏明がその代わりとしてセルモに移って立川祐路とコンビを組む。2015年のSUPER GT フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ウェバー

    マーク・ウェバーから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    ヨーロッパグランプリでは予選2番手につけたもののオープニングラップで大きく後退し、タイヤ交換を行ったことで後方に下がってしまう。そして10周目に前方を走行するロータスのヘイキ・コバライネンをかわそうとして追突、ウェバー車の左フロントタイヤがコバライネン車の右リアタイヤに乗り上げる形でウェバーのマシンは飛び上がって看板と接触、さらに上下逆さまのまま路面に叩きつけられタイヤバリアに突っ込んで停止した。幸いにも双方に怪我はなかった。マーク・ウェバー フレッシュアイペディアより)

  • 東京オートサロン

    東京オートサロンから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    屋外では、前夜祭と題してサーキット場にて「POWER TOUR」と題してイベント出展車両の走行会が行われていたが2005年に鈴鹿サーキットとの破談によりそれ以来開催はされない。2006年では、幕張メッセ敷地内の外周路を使いマイルドセブンルノーF1(R25)のデモランが行われた。ドライバーはヘイキ・コバライネン。近年では、特設コースにて、D1選手によるドリフト走行パフォーマンス「D1 SQUARE(D1スクエア)」が開催される。東京オートサロン フレッシュアイペディアより)

  • 1981年

    1981年から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    10月19日 - ヘイキ・コバライネン、F1ドライバー1981年 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    「金でシートを買った」などと悪名高い存在と言われることも多く、セバスチャン・ベッテルが「ペイドライバーは動く障害物だ」や「カーティケヤンはきゅうり」などと発言したこともある。1990年代からこの種のドライバーはまったく珍しくなかったが、資金の高額化によりパストール・マルドナドやランス・ストロールなど数十億円にも及ぶ資金でシートを用意されるドライバーも存在する。マルドナドのスポンサーであるベネズエラの石油会社、PDVSAによるロータスのシートへの資金は史上最高額を更新した。ストロールは父親のローレンス・ストロールの援助で日本円で約82億円を持ち込み、ウィリアムズからF1デビューを果たしている。また、井上隆智穂はかつて「F1はビジネスだから、ボクみたいな技術でも金さえ払えばF1ドライバーになれる」と発言している。それに伴い、近年はヤルノ・トゥルーリ、ルーベンス・バリチェロ、ヘイキ・コバライネンなど実力派ドライバーがシートを失う事態が続いており、懸念の声が挙がっている。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • エサペッカ・ラッピ

    エサペッカ・ラッピから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    幼い頃ファンとして訪れたF1でヘイキ・コバライネンから帽子にサインを貰った。それから10年以上経った後、二人はトヨタの縁で日本で対談をし、お互いのマシンを交換して体験ドライブしている。コバライネンはカートで鳴らしていた頃からラッピを知っていたという。エサペッカ・ラッピ フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン

    マクラーレンから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    ドライバーは、ハミルトンが残留、アロンソは2年契約の2年目だったが契約解除となり、代わりに2007年ルノーに所属していたヘイキ・コバライネンが加入した。テストドライバーは、引き続きデ・ラ・ロサとパフェット。コバライネンは2008年シーズン中に2009年もマクラーレンに残留することが発表された。マクラーレン フレッシュアイペディアより)

  • キミ・ライコネン

    キミ・ライコネンから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    2008年ハンガリーグランプリではライコネン3位、同郷のヘイキ・コバライネンが優勝したが、この時2人ともシャンパンを一口飲んでからシャンパンファイトに参加していた。キミ・ライコネン フレッシュアイペディアより)

  • 新井大輝

    新井大輝から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    2016年はフォード・フィエスタR5をドライブし、ヨーロッパラリー選手権 (ERC) 出場に続き、世界ラリー選手権 (WRC) のラリー・フィンランドにてWRC2クラスにエントリーし、自身のWRCデビューを果たす(最終日リタイア)。またJRC新城ラリーのJN5クラスでシトロエン・DS3R3 MAXをドライブし、元F1ドライバーのヘイキ・コバライネンを46.7秒の大差で破った上、総合でも3位表彰台に上がった。新井大輝 フレッシュアイペディアより)

  • 平手晃平

    平手晃平から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    2015年は古巣サードに移籍し、SUPER GTに参戦。元F1ドライバーのヘイキ・コバライネンとコンビを組んだ。新体制となったシーズンだったが、上位に組み込むことができず、ランキング14位でシーズンを終える。平手晃平 フレッシュアイペディアより)

75件中 61 - 70件表示