1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
75件中 71 - 75件表示
  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    また、2018年はTEAM SARDよりSUPER GTに元F1ドライバーのヘイキ・コバライネンとタッグを組みフル参戦する。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=エリック・ベルニュ

    ジャン=エリック・ベルニュから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    トロ・ロッソの育成プログラムとして、リチャルドとともに参戦。だがこの年のトロ・ロッソのマシンは競争力に欠け、新人のベルニュにとっては厳しい展開が続いた。開幕戦オーストラリアGP11位、第2戦マレーシアGPでは8位初ポイントとまずまずの出だしを見せるも、その後は特に予選でのパフォーマンス不足が目立ち、Q1落ちも多かった。第8戦ヨーロッパGPではケータハムのヘイキ・コバライネンと不用意な幅寄せで接触しただけでなく、傷を負ったマシンで走行を続けパーツをコースに撒いた揚句リタイアに終わり、次戦イギリスGPでの10グリッド降格及び2万5,000ユーロ(約250万円)の罰金という厳罰が科せられた。ジャン=エリック・ベルニュ フレッシュアイペディアより)

  • レクサス・RC

    レクサス・RCから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    SUPER GTのGT500クラスにおいて、レクサス・SC430の後継車として2014年〜2016年の3年間に参戦していた。なおレギュレーションにより、GT500用マシンのエンジンは市販車と異なり、スーパーフォーミュラでも使われているトヨタ・RI4Aが搭載される。GT-R勢に若干押されつつも、不調のNSX勢の代わりに競り合い続け、最終年の2016年にサードからエントリーした「DENSO KOBELCO SARD RC F」(ドライバーはヘイキ・コバライネン/平手晃平)がドライバーズタイトル・チームタイトルの2冠を獲得して有終の美を飾った。レクサス・RC フレッシュアイペディアより)

  • 2018年のSUPER GT

    2018年のSUPER GTから見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    レクサス陣営は小林可夢偉がサードに、フェリックス・ローゼンクヴィストがルマンに加入し、それぞれヘイキ・コバライネン、大嶋和也とコンビを組む。また関口雄飛がトムスに移籍して中嶋一貴とコンビを組み、山下健太がGT500に昇格してRACING PROJECT BANDOHで国本雄資とコンビを組む。また、RACING PROJECT BANDOHには織戸学がエグゼクティブアドバイザーに就任する。2018年のSUPER GT フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・86

    トヨタ・86から見たヘイキ・コバライネンヘイキ・コバライネン

    2015年にはTMGが開発した、R3規定で初の後輪駆動車である「GT86 CS-R3」のホモロゲーションが取得され、プライベーターへの販売が始まった。2016年にはF1ウィナーのヘイキ・コバライネンが全日本ラリー選手権の洞爺・ラリー北海道・新城ラリーにこのCS R3でJN5クラスにスポット参戦し、表彰台を2度獲得する活躍を見せた。2017年からはWRC3やERC3でも見られるようになり、ラリー・ドイチェランドではWRC3で2位表彰台に登った。トヨタ・86 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
75件中 71 - 75件表示