1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
95件中 91 - 95件表示
  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見た2008年マレーシアグランプリ

    はフェルナンド・アロンソと入れ替わる形でマクラーレンへ移籍した。開幕戦オーストラリアグランプリでは序盤から2位を走行するも、3度のセーフティカーが導入される荒れた展開の中、ピットストップのタイミングにより後退し、5位に終わった。このレースでは自身初のファステストラップを記録した。第2戦マレーシアグランプリでは、他車の進路を妨害したとして5グリッド降格ペナルティを受けた。第4戦スペイングランプリでは、22周目に突然左フロントホイールが破損するトラブルに見舞われ130km/hでタイヤバリヤに激突し(衝突した瞬間の衝撃は26Gに達した)、一時は安否が危ぶまれたが無事救助され、軽い脳震盪のみで済んだ。その後はリタイアこそないものの、チームメイトのハミルトンが優勝を重ねるのとは対照的に、6戦に渡り表彰台すら獲得できないレースが続く。しかし第8戦フランスグランプリの予選では再び他車への進路妨害で、5グリッド降格ペナルティを受けたが決勝では見事な追い上げを見せ,ヤルノ・トゥルーリから0.7秒差の4位入賞を果たした。第9戦イギリスグランプリでは初のポールポジションを獲得したが、ここでも5位入賞にとどまった。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見た2009年マレーシアグランプリ

    は困難な出だしとなった。この年のマシン、MP4-24は競争力があるとは言えず、開幕戦オーストラリアグランプリ、第2戦マレーシアグランプリともに予選14番手からスタートし、両レースとも良いスタートを決めたものの、2戦続けて0周リタイアに終わった。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見た2012年スペイングランプリ

    前年、前々年に続き同チームに残留。名称変更により「ケータハム」チームからの参戦となった。チームメイトはトゥルーリに代わりヴィタリー・ペトロフとなった。またチームとしてはじめてKERSも搭載された。前年終盤と比べると中段グループとの差は広がったものの、第4戦バーレーングランプリでQ2進出を果たし、第5戦スペイングランプリではピットストップのタイミングの関係で一時5番手まで浮上。自身もピットインするまでポジションを守った。第6戦モナコグランプリでは予選でQ2進出までわずか0.047秒差の18位を獲得、決勝でも1コーナーの混乱に乗じ、マシン性能は遥かに勝るマクラーレンのジェンソン・バトンの前に立つと、抜きにくいコース特性も相まって前に行かせず、71周目にバトンがスピン・リタイアするまで順位を譲らない走りを見せた。最終的にはザウバーのセルジオ・ペレスとの接触もあって順位を落としたが、同季最高の13位で完走した。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たロータス・レーシング

    シーズン終了後、ジェンソン・バトンのマクラーレン移籍が発表され、マクラーレンのシートを喪失したが、12月14日に新興チーム・ロータス・レーシングへの移籍(3年契約)が発表された。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たトヨタ・ヤリスWRC

    2018年にはエサペッカ・ラッピの駆るトヨタ・ヤリスWRCを借りてテストドライブしている。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
95件中 91 - 95件表示