81件中 21 - 30件表示
  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たスペイングランプリ

    バルセロナのカタロニア・サーキットで開催されるスペイングランプリと相性が悪く、デビューイヤーに7位入賞を果たしたのを最後に前述の大クラッシュを含めて4年連続リタイアを喫していたが、2012年は無事完走している。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たブラジルグランプリ

    前年度と同じロータスに残留。昨年を上回る3度の予選Q2進出を果たし、予選巧者として知られるチームメイトのトゥルーリ(第10戦のみチャンドック)に対し予選成績で19戦17勝という圧倒的なパフォーマンスを見せた。決勝においても終盤戦では1周あたり約0.5秒のタイムアップにつながるといわれるKERS非搭載のマシンながら、これを搭載するザウバー、ウィリアムズ、ルノーといった中段チームに迫るタイムを出し、既存チームを抑えてのフィニッシュは通算5回、特に第16戦韓国グランプリではザウバーを2台とも上回る順位で完走するなど好成績を挙げている。ドライバーズランキングでは自身最低の(最高位獲得回数の関係でトゥルーリにも遅れをとる)22位に終わったが、マシンそのものの戦闘力を考慮すれば、終盤戦のパフォーマンスは驚異的なものであり、自身もシーズン終了間際のブラジルグランプリウィークエンド中に「2011年はモータースポーツでのキャリアで最高のシーズン」と語っている。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たマクラーレン

    シーズン終了後、ルノーのシートを失ったが、マクラーレンとの長期契約が発表された。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見た世界ラリー選手権

    2004年末、フォーミュラレースやラリーなどの各選手権のチャンピオンらを集め毎年年末に開催されているレース・オブ・チャンピオンズに参加した。2004年のF1世界選手権を圧倒的な強さで制したF1世界チャンピオンのミハエル・シューマッハも出場したことから注目を浴びたが、コバライネンはトーナメント初戦でデビッド・クルサード、第2回戦でジャン・アレジ、準決勝でシューマッハ、決勝では同年の世界ラリー選手権(WRC)チャンピオンのセバスチャン・ローブ、と、名だたるドライバーをことごとく撃破してチャンピオンに輝き、「シューマッハを破った男」として一躍注目を浴びた。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たルノーF1

    2004年はシーズン序盤こそティアゴ・モンテイロにリードを許したものの、中盤に優勝を重ね、全18戦のシーズンで6勝を挙げてチャンピオンに輝いた。この年にはルノーチームのテストに参加し、初めてF1を駆った。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たポールポジション

    2001年はイギリス・フォーミュラ・ルノー(UKシリーズ)に参戦し、初年度から2勝、ポールポジション2回、ファステストラップ3回という結果で、ランキング4位となり、その年のルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たファステストラップ

    2001年はイギリス・フォーミュラ・ルノー(UKシリーズ)に参戦し、初年度から2勝、ポールポジション2回、ファステストラップ3回という結果で、ランキング4位となり、その年のルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見た2008年ハンガリーグランプリ

    そんな中、初優勝は突然やってきた。第11戦ハンガリーGP、2番グリッドからスタートし、直後にフェリペ・マッサにかわされ3位に落ちた。41周目にパンクによりピットインしたハミルトンの前に出ると、首位マッサを追いかける立場となる。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たレース・オブ・チャンピオンズ

    2004年末、フォーミュラレースやラリーなどの各選手権のチャンピオンらを集め毎年年末に開催されているレース・オブ・チャンピオンズに参加した。2004年のF1世界選手権を圧倒的な強さで制したF1世界チャンピオンのミハエル・シューマッハも出場したことから注目を浴びたが、コバライネンはトーナメント初戦でデビッド・クルサード、第2回戦でジャン・アレジ、準決勝でシューマッハ、決勝では同年の世界ラリー選手権(WRC)チャンピオンのセバスチャン・ローブ、と、名だたるドライバーをことごとく撃破してチャンピオンに輝き、「シューマッハを破った男」として一躍注目を浴びた。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たセーフティカー

    2007年、前年度のチャンピオンチーム、ルノーからF1デビュー。しかし、2007年のルノーには優勝を争うような速さはなく、苦戦を強いられる。開幕戦オーストラリアGPでは何度もコースアウトを喫し、その後の数戦もミスが目立った。第6戦カナダGPでは予選Q1でクラッシュして19位。車体後部から壁に激突したためにエンジン交換を余儀なくされ、それによるグリッド降格処分により最後尾に沈んだ。しかし決勝レースでは、セーフティカーが4度も入る大荒れの展開の中、混乱に乗じてポジションを上げて4位入賞を果たした。これ以後はコンスタントに入賞を続け、チームメイトのジャンカルロ・フィジケラを得点で上回る活躍を見せた。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

81件中 21 - 30件表示

「ヘイッキ・コバライネン」のニューストピックワード