95件中 21 - 30件表示
  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見た富士スピードウェイ

    2016年も引き続き平手とともにSARDから参戦。この年から田中耕太郎エンジニアの勧めでコバライネンがファーストドライバーとなり、GTに慣れている平手がセカンドドライバーとしてコバライネンのセッティングに合わせる方法を採った。これが奏功して2年目に大幅な進歩を見せ、第2戦富士では自身初となる表彰台(2位)を獲得、さらに続く第4戦SUGOでも中盤でトップを走行するなどの活躍を見せ2戦連続の2位表彰台を得た。その後はしばらく入賞のみにとどまったものの変則フォーマット(2日間×250?)となったもてぎでは自身がアタックを担当した第3戦(初日)の予選でポールポジションを獲得、決勝では2位でフィニッシュしランキングトップに立つと平手が第8戦(2日目)でも予選でポールポジションを獲得し決勝では終始安定した走りを見せてSUPER GT初優勝、さらにドライバーズタイトルも獲得した。前年の表彰台ゼロから1勝を含む表彰台4回と抜群の安定感を見せ来日2年目でチャンピオンになるなど、前年からは想像もできないほどの大成功の1年となった。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見た平手晃平

    2014年は目立ったレース活動は行っていなかったが、2015年は39号車LEXUS TEAM SARDより、平手晃平をパートナーとして、LEXUS GAZOO Racingの一員としてSUPER GT GT500クラスに参戦することが発表された。マシンはレクサス・RC F、タイヤはブリヂストン。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たトヨタ・86

    2016年の全日本ラリー選手権にも元F1ドライバー(ウィナー)として史上初めて参戦。チームはSARDとラックのジョイント体制で、マシンはTMGの開発したトヨタ・GT86 CS-R3。コドライバーは北川紗衣。ラリー洞爺・ラリー北海道・ハイランドマスターズ・新城ラリーにエントリー。北海道ではリタイアしたが、ハイランドマスターでクラス4位、洞爺でクラス3位、新城ではクラス2位に加え総合でも4位の好成績を獲得した。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たGT-R

    2017年はチャンピオンチームとしてカーナンバー1をつけて参戦。マシンはレクサス・LC500に変更された。レクサス勢は開幕戦に全6台がトップ6を占める快走を見せ、SARDもトップ争いをする活躍を見せていたが、僚友の平手の接触が相次ぎ最終戦前にチャンピオンの権利を失ってしまった。しかし菅生ではMOLAのGT-Rとの熾烈な争いを制して一勝を挙げている。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たサード (企業)

    2014年は目立ったレース活動は行っていなかったが、2015年は39号車LEXUS TEAM SARDより、平手晃平をパートナーとして、LEXUS GAZOO Racingの一員としてSUPER GT GT500クラスに参戦することが発表された。マシンはレクサス・RC F、タイヤはブリヂストン。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たナイトウィッシュ

    ヘヴィメタルファンであり、お気に入りのバンドは母国フィンランドのナイトウィッシュ。自身も幼少期からドラムを叩いていた。2010年8月にナイトウィッシュのメンバーのうち3人がサマーキャンプ中にお遊びで結成したバンド「The Myötähäpeä」においてドラムス担当として参加している。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たナレイン・カーティケヤン

    2003年からワールドシリーズ・バイ・ニッサンに参戦。この年はフランク・モンタニーが序盤から独走して選手権を支配した年であるが、コバライネンはシーズン通算1勝にとどまったが堅調に得点を重ね、バス・ラインダース、ナレイン・カーティケヤンとの接戦を制して、初年度ながらランキング2位でシーズンを終えた。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たエサペッカ・ラッピ

    2018年にはエサペッカ・ラッピの駆るトヨタ・ヤリスWRCを借りてテストドライブしている。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見た勝田範彦

    2016年の全日本ラリー選手権にも元F1ドライバー(ウィナー)として史上初めて参戦。チームはSARDとラックのジョイント体制で、マシンはTMGの開発したトヨタ・GT86 CS-R3。コドライバーは北川紗衣。ラリー洞爺・ラリー北海道・ハイランドマスターズ・新城ラリーにエントリー。北海道ではリタイアしたが、ハイランドマスターでクラス4位、洞爺でクラス3位、新城ではクラス2位に加え総合でも4位の好成績を獲得した。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たフランク・モンタニー

    2003年からワールドシリーズ・バイ・ニッサンに参戦。この年はフランク・モンタニーが序盤から独走して選手権を支配した年であるが、コバライネンはシーズン通算1勝にとどまったが堅調に得点を重ね、バス・ラインダース、ナレイン・カーティケヤンとの接戦を制して、初年度ながらランキング2位でシーズンを終えた。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

95件中 21 - 30件表示