95件中 81 - 90件表示
  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見た2008年フランスグランプリ

    はフェルナンド・アロンソと入れ替わる形でマクラーレンへ移籍した。開幕戦オーストラリアグランプリでは序盤から2位を走行するも、3度のセーフティカーが導入される荒れた展開の中、ピットストップのタイミングにより後退し、5位に終わった。このレースでは自身初のファステストラップを記録した。第2戦マレーシアグランプリでは、他車の進路を妨害したとして5グリッド降格ペナルティを受けた。第4戦スペイングランプリでは、22周目に突然左フロントホイールが破損するトラブルに見舞われ130km/hでタイヤバリヤに激突し(衝突した瞬間の衝撃は26Gに達した)、一時は安否が危ぶまれたが無事救助され、軽い脳震盪のみで済んだ。その後はリタイアこそないものの、チームメイトのハミルトンが優勝を重ねるのとは対照的に、6戦に渡り表彰台すら獲得できないレースが続く。しかし第8戦フランスグランプリの予選では再び他車への進路妨害で、5グリッド降格ペナルティを受けたが決勝では見事な追い上げを見せ,ヤルノ・トゥルーリから0.7秒差の4位入賞を果たした。第9戦イギリスグランプリでは初のポールポジションを獲得したが、ここでも5位入賞にとどまった。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見た2012年モナコグランプリ

    前年、前々年に続き同チームに残留。名称変更により「ケータハム」チームからの参戦となった。チームメイトはトゥルーリに代わりヴィタリー・ペトロフとなった。またチームとしてはじめてKERSも搭載された。前年終盤と比べると中段グループとの差は広がったものの、第4戦バーレーングランプリでQ2進出を果たし、第5戦スペイングランプリではピットストップのタイミングの関係で一時5番手まで浮上。自身もピットインするまでポジションを守った。第6戦モナコグランプリでは予選でQ2進出までわずか0.047秒差の18位を獲得、決勝でも1コーナーの混乱に乗じ、マシン性能は遥かに勝るマクラーレンのジェンソン・バトンの前に立つと、抜きにくいコース特性も相まって前に行かせず、71周目にバトンがスピン・リタイアするまで順位を譲らない走りを見せた。最終的にはザウバーのセルジオ・ペレスとの接触もあって順位を落としたが、同季最高の13位で完走した。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たフィンランド

    ヘイキ・ヨハンネス・コバライネンまたはヘイッキ・ヨハンネス・コバライネン( 、1981年10月19日 - )は、フィンランド・スオムッサルミ出身のレーシングドライバーである。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見た2012年バーレーングランプリ

    前年、前々年に続き同チームに残留。名称変更により「ケータハム」チームからの参戦となった。チームメイトはトゥルーリに代わりヴィタリー・ペトロフとなった。またチームとしてはじめてKERSも搭載された。前年終盤と比べると中段グループとの差は広がったものの、第4戦バーレーングランプリでQ2進出を果たし、第5戦スペイングランプリではピットストップのタイミングの関係で一時5番手まで浮上。自身もピットインするまでポジションを守った。第6戦モナコグランプリでは予選でQ2進出までわずか0.047秒差の18位を獲得、決勝でも1コーナーの混乱に乗じ、マシン性能は遥かに勝るマクラーレンのジェンソン・バトンの前に立つと、抜きにくいコース特性も相まって前に行かせず、71周目にバトンがスピン・リタイアするまで順位を譲らない走りを見せた。最終的にはザウバーのセルジオ・ペレスとの接触もあって順位を落としたが、同季最高の13位で完走した。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見た2007年ブラジルグランプリ

    第15戦日本グランプリでは、同郷の先輩であるキミ・ライコネンの追撃を最後まで抑えきり、初の表彰台を獲得(2位)した。続く第16戦中国グランプリでは、デビューから16戦連続完走を果たし、ティアゴ・モンテイロの記録に並んだものの、最終戦ブラジルグランプリで初のリタイアを経験し、記録更新には至らなかった。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たスパ・フランコルシャン

    2005年、前年まで開催されていた国際F3000から改組されて初開催されたGP2に、アーデン・インターナショナルから参戦した。開幕レースで優勝を収めたのをはじめ、シーズン中盤までは選手権をリードすることに成功した。しかし、シーズン後半ニコ・ロズベルグに追い上げられ、スパ・フランコルシャンとバーレーンインターナショナルサーキットの最終2ラウンド(4レース)を残して4ポイント差まで迫られた。ロズベルグが最終ラウンドを2レースとも制すという奮闘を見せたのに対し、この間にわずかなポイントをあげるにとどまったため逆転を許し、最終的にランキング2位に終わった。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たスポーツランドSUGO

    2017年はチャンピオンチームとしてカーナンバー1をつけて参戦。マシンはレクサス・LC500に変更された。レクサス勢は開幕戦に全6台がトップ6を占める快走を見せ、SARDもトップ争いをする活躍を見せていたが、僚友の平手の接触が相次ぎ最終戦前にチャンピオンの権利を失ってしまった。しかし菅生ではMOLAのGT-Rとの熾烈な争いを制して一勝を挙げている。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たマスターズF3

    2002年はイギリスF3選手権に参戦し、5勝、3PP、3FLという結果を残し、ランキング3位で終え、フォーミュラ・ルノー同様、このカテゴリでもルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得。国際レースにおいても、マールボロマスターズで4位、マカオグランプリでは2位という好戦績を残した。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たスオムッサルミ

    ヘイキ・ヨハンネス・コバライネンまたはヘイッキ・ヨハンネス・コバライネン( 、1981年10月19日 - )は、フィンランド・スオムッサルミ出身のレーシングドライバーである。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たSUPER GT

    2014年は目立ったレース活動は行っていなかったが、2015年は39号車LEXUS TEAM SARDより、平手晃平をパートナーとして、LEXUS GAZOO Racingの一員としてSUPER GT GT500クラスに参戦することが発表された。マシンはレクサス・RC F、タイヤはブリヂストン。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

95件中 81 - 90件表示