前へ 1 2
12件中 1 - 10件表示
  • イヴ・ルテルム

    イヴ・ルテルムから見たヘルマン・ファン・ロンパウヘルマン・ファン・ロンパウ

    イヴ・カミーユ・デジレ・ルテルム(Yves Camille Désiré Leterme、1960年10月6日 - )はベルギーの政治家。キリスト教民主フランデレン党 (CD&V) 所属。2008年3月20日から同年12月30日までと、2009年11月25日から2011年12月6日までの2期、首相を務めた。2009年11月25日にヘルマン・ファン・ロンパウ前首相の後任に復権したが、オランダ語圏とフランス語圏が対立し2010年4月22日にアルベール2世に辞表を提出し受理された。しかし後継の首相が決まらず、2011年12月6日まで541日間も暫定的に政権を担った。これは正式な政権が存在しない世界最長記録である。イヴ・ルテルム フレッシュアイペディアより)

  • 欧州理事会

    欧州理事会から見たヘルマン・ファン・ロンパウヘルマン・ファン・ロンパウ

    欧州理事会(おうしゅうりじかい)とは、欧州連合加盟国の国家元首または政府の長と欧州理事会議長、欧州委員会委員長で構成される、欧州連合条約に定めのある機関。会合には欧州連合外務・安全保障政策上級代表も出席し、欧州理事会議長が議事進行を行なう。この議長には2009年12月1日からヘルマン・ファン・ロンパウが就いている。欧州理事会 フレッシュアイペディアより)

  • キリスト教民主フラームス

    キリスト教民主フラームスから見たヘルマン・ファン・ロンパウヘルマン・ファン・ロンパウ

    前身はキリスト教人民党(オランダ語:Christelijke Volkspartij 略称:CVP)で、2001年に現在の名称になった。党名改称後に首相としてイヴ・ルテルムを2度、ヘルマン・ファン・ロンパウ(のち欧州理事会議長、通称EU大統領)を1度輩出しているが、政党がフラマン語圏とワロン地域(フランス語圏)に分かれて小党分立の傾向が強い同国ではなかなか政権を長続きさせることができずにいる。2007年には下院である代議院では150議席のうち30議席を中道右派の地域政党である新フラームス同盟との統一会派で獲得し、上院である元老院では71議席(王族を含まない)のうち14議席を新フラームス同盟との統一会派で占めており、上下両院で第1勢力となった。キリスト教民主フラームス フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対するヨーロッパ諸国の対応

    東日本大震災に対するヨーロッパ諸国の対応から見たヘルマン・ファン・ロンパウヘルマン・ファン・ロンパウ

    :欧州委員会のジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾ委員長とヘルマン・ファン・ロンパウ大統領は、多くの犠牲者と深刻な被害をもたらした日本の地震のニュースを深く憂慮しているとの声明を発表。日本政府及び犠牲者の家族に対し哀悼の意を表すとともに「必要ならばいかなる支援も行う用意がある」と表明した。3月11日には救助隊および救助犬の派遣を決定。同月12日、同被災の原発事故を受け、ブリュッセルで15日に加盟国の原発専門家による緊急対策会合を開くと発表した。会合では加盟国の保安当局、電力会社、原発建設業者の担当者が爆発の原因と影響を分析し、対策を協議する。欧州連合では加盟27ヶ国中14ヶ国に原発計143基がある。また12日、連絡網を使って加盟国に福島第一原発の爆発情報を提供する「連携グループ」を設置、日本当局、国際原子力機関からの情報収集を急いでいる。3月25日にはクリスタリナ・ゲオルギエヴァ欧州委員が来日し、お見舞いと支援の表明を行い、1千万ユーロ (約11億5千万円) の義捐金提供を行った。東日本大震災に対するヨーロッパ諸国の対応 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の歴史

    欧州連合の歴史から見たヘルマン・ファン・ロンパウヘルマン・ファン・ロンパウ

    2004年10月28日、欧州憲法条約が加盟国の全権代表によって署名された。ところがこの欧州憲法条約はほとんどの国で批准されたもののフランスとオランダでの国民投票で否決され、発効に至ることがなかった。欧州理事会は欧州憲法条約を断念するが、条約に盛り込まれた改革策は修正条約の形で残ることとなった。2007年12月13日、欧州統合に懐疑的な国に対する適用除外条項を設け、また欧州連合を国家とするような規定を除去した新条約が署名された。このリスボン条約は2009年12月1日に発効した。リスボン条約によって欧州理事会議長が常任化され、外務・安全保障政策上級代表はその機能が大幅に拡張された。欧州理事会の初代常任議長と初代外務・安全保障政策上級代表の人選をめぐる議論が重ねられ、その結果前者にはヘルマン・ファン・ロンパウが、後者にはキャサリン・アシュトンが指名された。欧州連合の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の機構

    欧州連合の機構から見たヘルマン・ファン・ロンパウヘルマン・ファン・ロンパウ

    欧州理事会は加盟国の国家元首または政府の長で構成される。欧州理事会は年4回の会合で欧州連合の政治指針を定め、統合を推進している。このため欧州理事会は欧州連合の最高意思決定機関に位置づけられている。2009年12月からヘルマン・ファン・ロンパウが務める議長は会合の進行を行い、欧州理事会の業務を進める役割を担っている。欧州連合の機構 フレッシュアイペディアより)

  • ルーヴェン・カトリック大学

    ルーヴェン・カトリック大学から見たヘルマン・ファン・ロンパウヘルマン・ファン・ロンパウ

    ヘルマン・ファン・ロンパウ - 政治家(ベルギー王国議員・首相。欧州理事会議長)ルーヴェン・カトリック大学 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の拡大

    欧州連合の拡大から見たヘルマン・ファンロンパイヘルマン・ファン・ロンパウ

    2011年12月21日、ウクライナとEUは連合協定の締結協議を終了したものの、ヘルマン・ファンロンパイEU大統領は協議終了後、連合協定の調印を先送りすることを表明した。同年8月5日に、ウクライナ野党指導者であるユーリア・ティモシェンコ前首相が刑事起訴・拘束されたことに対し、一部のEU諸国がヤヌコーヴィチ大統領の政敵排除と民主主義後退の象徴と見なし懸念を示しており、ウクライナ国内においても野党勢力から、政治弾圧との抗議や勢力結集に構える動きがみられた。欧州連合の拡大 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年

    2009年から見たヘルマン・ファン・ロンパウヘルマン・ファン・ロンパウ

    11月19日 - 欧州連合(EU)の初代欧州理事会常任議長(EU大統領)にヘルマン・ファンロンパイベルギー首相を選出。2009年 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の政治

    2009年の政治から見たヘルマン・ファン・ロンパウヘルマン・ファン・ロンパウ

    11月19日 - 欧州連合(EU)の初代欧州理事会常任議長(EU大統領)にヘルマン・ファンロンパイベルギー首相を選出。2009年の政治 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
12件中 1 - 10件表示