前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示
  • ヘルマン・ファン・ロンパウ

    ヘルマン・ファン・ロンパウから見たフォルティスグループ

    2008年12月22日、イヴ・ルテルム内閣が総辞職した。リーマン・ショックの影響で一時国有化(オランダ、ルクセンブルクと共同)されたフォルティスグループの株式処分にあたり一部株主が政府を相手取って起こした訴訟で、当時の司法大臣が裁判所に圧力をかけた問題の引責であった。これを受け、国王アルベール2世は28日、ファン・ロンパイに組閣の大命を下す。ファン・ロンパイは当初受諾を渋っていたが、30日に首相に就任した。ヘルマン・ファン・ロンパウ フレッシュアイペディアより)

  • ヘルマン・ファン・ロンパウ

    ヘルマン・ファン・ロンパウから見たイヴ・ルテルム

    ヘルマン・ファン・ロンパイ(Herman Van Rompuy, ; 1947年10月31日 - )は、ベルギーの政治家。フラマン系キリスト教民主党所属。2008年12月30日から2009年11月25日までイヴ・ルテルムの後任として、同国首相を務めた。また、欧州連合(EU)政治に関して、2009年12月1日、リスボン条約で新設された常任の欧州理事会議長に初代として就任した。ヘルマン・ファン・ロンパウ フレッシュアイペディアより)

  • ヘルマン・ファン・ロンパウ

    ヘルマン・ファン・ロンパウから見た2009年

    ヘルマン・ファン・ロンパイ(Herman Van Rompuy, ; 1947年10月31日 - )は、ベルギーの政治家。フラマン系キリスト教民主党所属。2008年12月30日から2009年11月25日までイヴ・ルテルムの後任として、同国首相を務めた。また、欧州連合(EU)政治に関して、2009年12月1日、リスボン条約で新設された常任の欧州理事会議長に初代として就任した。ヘルマン・ファン・ロンパウ フレッシュアイペディアより)

  • ヘルマン・ファン・ロンパウ

    ヘルマン・ファン・ロンパウから見たアルベール2世 (ベルギー王)

    2008年12月22日、イヴ・ルテルム内閣が総辞職した。リーマン・ショックの影響で一時国有化(オランダ、ルクセンブルクと共同)されたフォルティスグループの株式処分にあたり一部株主が政府を相手取って起こした訴訟で、当時の司法大臣が裁判所に圧力をかけた問題の引責であった。これを受け、国王アルベール2世は28日、ファン・ロンパイに組閣の大命を下す。ファン・ロンパイは当初受諾を渋っていたが、30日に首相に就任した。ヘルマン・ファン・ロンパウ フレッシュアイペディアより)

  • ヘルマン・ファン・ロンパウ

    ヘルマン・ファン・ロンパウから見た外務省

    「ファン・ロンパイ(Van Rompuy)」という姓の日本語表記は必ずしも統一されていない。まず、駐日欧州連合代表部は、ホームページや広報において、「ヴァンロンプイ」と表記している。他方で、日本国の外務省のホームページにおいては、「ファン・ロンパイ」も用いられるが、「ファン=ロンパイ」との表記が多く用いられている。一方、日本語メディアの報道では、通常「ファンロンパイ」と呼称されている。ヘルマン・ファン・ロンパウ フレッシュアイペディアより)

  • ヘルマン・ファン・ロンパウ

    ヘルマン・ファン・ロンパウから見たフラマン系キリスト教民主党

    ヘルマン・ファン・ロンパイ(Herman Van Rompuy, ; 1947年10月31日 - )は、ベルギーの政治家。フラマン系キリスト教民主党所属。2008年12月30日から2009年11月25日までイヴ・ルテルムの後任として、同国首相を務めた。また、欧州連合(EU)政治に関して、2009年12月1日、リスボン条約で新設された常任の欧州理事会議長に初代として就任した。ヘルマン・ファン・ロンパウ フレッシュアイペディアより)

  • ヘルマン・ファン・ロンパウ

    ヘルマン・ファン・ロンパウから見たオランダ語

    オランダ語俳句作家としても知られ、公式サイトの Haiku というページで自作を紹介している。2010年4月には俳句集を出版した。ヘルマン・ファン・ロンパウ フレッシュアイペディアより)

  • ヘルマン・ファン・ロンパウ

    ヘルマン・ファン・ロンパウから見たフランデレン地域

    弟であるエリック・ファン・ロンパイもフラマン系キリスト教民主党に所属する政治家で、1995年から1999年までフラマン語共同体の閣僚を務め、また妹であるクリスティーネ・ファン・ロンパイはベルギー労働党に入っている。ヘルマン・ファン・ロンパウ フレッシュアイペディアより)

  • ヘルマン・ファン・ロンパウ

    ヘルマン・ファン・ロンパウから見た欧州理事会議長

    ヘルマン・ファン・ロンパイ(Herman Van Rompuy, ; 1947年10月31日 - )は、ベルギーの政治家。フラマン系キリスト教民主党所属。2008年12月30日から2009年11月25日までイヴ・ルテルムの後任として、同国首相を務めた。また、欧州連合(EU)政治に関して、2009年12月1日、リスボン条約で新設された常任の欧州理事会議長に初代として就任した。ヘルマン・ファン・ロンパウ フレッシュアイペディアより)

  • ヘルマン・ファン・ロンパウ

    ヘルマン・ファン・ロンパウから見たオランダ

    2008年12月22日、イヴ・ルテルム内閣が総辞職した。リーマン・ショックの影響で一時国有化(オランダ、ルクセンブルクと共同)されたフォルティスグループの株式処分にあたり一部株主が政府を相手取って起こした訴訟で、当時の司法大臣が裁判所に圧力をかけた問題の引責であった。これを受け、国王アルベール2世は28日、ファン・ロンパイに組閣の大命を下す。ファン・ロンパイは当初受諾を渋っていたが、30日に首相に就任した。ヘルマン・ファン・ロンパウ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示