83件中 31 - 40件表示
  • 第54回ゴールデングローブ賞

    第54回ゴールデングローブ賞から見たヘレン・ミレンヘレン・ミレン

    ヘレン・ミレン - Losing Chase第54回ゴールデングローブ賞 フレッシュアイペディアより)

  • プレシャス (映画)

    プレシャス (映画)から見たヘレン・ミレンヘレン・ミレン

    マライア・キャリーが演じたソーシャルワーカーのワイス夫人役は、当初イギリスの女優ヘレン・ミレンが演じる予定であった。また、キャリーは普段の歌手としての姿とは別人のようなノーメイクと地味な服装で役に挑んでいる。プレシャス (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ヴェンチューラ (客船)

    ヴェンチューラ (客船)から見たヘレン・ミレンヘレン・ミレン

    4月6日にサウサンプトンに入港し、4月16日に行われた命名式にて女優ヘレン・ミレンによって命名され、ヴェンチューラ (客船) フレッシュアイペディアより)

  • 第11回サテライト賞

    第11回サテライト賞から見たヘレン・ミレンヘレン・ミレン

    ヘレン・ミレン - 『クィーン』第11回サテライト賞 フレッシュアイペディアより)

  • ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 (2006年)

    ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 (2006年)から見たヘレン・ミレンヘレン・ミレン

    主演女優賞 - ヘレン・ミレン (『クィーン』)ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 (2006年) フレッシュアイペディアより)

  • プリンス・オブ・エジプト

    プリンス・オブ・エジプトから見たヘレン・ミレンヘレン・ミレン

    エジプト女王:ヘレン・ミレン(日本語吹替:白川由美)プリンス・オブ・エジプト フレッシュアイペディアより)

  • エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜

    エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜から見たヘレン・ミレンヘレン・ミレン

    主演はヘレン・ミレン。共演にジェレミー・アイアンズ、ヒュー・ダンシー他。演出はトム・フーパー。エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜 フレッシュアイペディアより)

  • 終着駅 トルストイ最後の旅

    終着駅 トルストイ最後の旅から見たヘレン・ミレンヘレン・ミレン

    ソフィヤ・トルストイ - ヘレン・ミレン(日本語吹替:倉野章子)終着駅 トルストイ最後の旅 フレッシュアイペディアより)

  • 第79回アカデミー賞

    第79回アカデミー賞から見たヘレン・ミレンヘレン・ミレン

    個人では、助演女優賞のジェニファー・ハドソンが初の演技経験でオスカー像を手にする快挙。脚本賞のマイケル・アーントも初脚本であり、これからの才能へと賞が贈られた。脚色賞のウィリアム・モナハンもこれが2作目であり、外国語映画賞で受賞したドイツのフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクは32歳である。一方で、イギリスの大女優のヘレン・ミレンや39年ぶりの候補になったベテラン俳優のアラン・アーキン、そして今年の授賞式のハイライトとなったマーティン・スコセッシの監督賞初受賞など、円熟した才能にも賞が贈られた。ヘレン・ミレンは3度目の候補で、前哨戦をほぼ圧勝しての堂々の初受賞。最近の傾向で20代から30代の女優が中心の受賞となっている主演女優賞の受賞者が60歳以上となったのは17年ぶりで、歴代5番目の最年長受賞であった。イギリス人女優としてもエマ・トンプソン以来の14年ぶりである。更に、マーティン・スコセッシは歴代4番目の最年長受賞である(ちなみに最年長受賞者は今回の対抗馬でもあり、前回の『アビエイター』で候補になったときに彼を押しのけて受賞したクリント・イーストウッド)。第79回アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • RED/レッド

    RED/レッドから見たヘレン・ミレンヘレン・ミレン

    2009年4月までに、ブルース・ウィリスを主演のフランク役にするために交渉がされていた。7月、更にモーガン・フリーマンを共演者に、ロベルト・シュヴェンケを監督にするために交渉中であると報じられた。11月、ヘレン・ミレンがフリーマンとウィリスと共演すると報じられた。また、同月、ジョン・C・ライリー、メアリー=ルイーズ・パーカー、ジュリアン・マクマホン、アーネスト・ボーグナイン、リチャード・ドレイファス、ブライアン・コックスへも交渉中であることが明らかとなった。RED/レッド フレッシュアイペディアより)

83件中 31 - 40件表示

「ヘレン・ミレン」のニューストピックワード