26件中 11 - 20件表示
  • ヘレン・ミレン

    ヘレン・ミレンから見た第79回アカデミー賞

    2006年、タイトルロールのエリザベス1世を演じたミニシリーズ『エリザベス1世 ?愛と陰謀の王宮?』がイギリスで放送され、更に翌年にはエリザベス2世を演じた『クィーン』が公開、第63回ヴェネツィア国際映画祭に出品され高い評価を受けた。ミレンは前者で第58回プライムタイム・エミー賞で主演女優賞を、後者ではヴェネツィア国際映画祭の最優秀女優賞を受賞し、アメリカでは2006年度の批評家賞を総なめ、そして第79回アカデミー賞でも主演女優賞を受賞し、ついにオスカー像を手にした。また、第64回ゴールデングローブ賞ではこの両作品でダブル受賞を果たした。エリザベス2世本人からもバッキンガム宮殿での夕食会に招待されたが、撮影のためスケジュールが合わないとして辞退したため、物議をかもしてしまった。ヘレン・ミレン フレッシュアイペディアより)

  • ヘレン・ミレン

    ヘレン・ミレンから見た第63回ヴェネツィア国際映画祭

    2006年、タイトルロールのエリザベス1世を演じたミニシリーズ『エリザベス1世 ?愛と陰謀の王宮?』がイギリスで放送され、更に翌年にはエリザベス2世を演じた『クィーン』が公開、第63回ヴェネツィア国際映画祭に出品され高い評価を受けた。ミレンは前者で第58回プライムタイム・エミー賞で主演女優賞を、後者ではヴェネツィア国際映画祭の最優秀女優賞を受賞し、アメリカでは2006年度の批評家賞を総なめ、そして第79回アカデミー賞でも主演女優賞を受賞し、ついにオスカー像を手にした。また、第64回ゴールデングローブ賞ではこの両作品でダブル受賞を果たした。エリザベス2世本人からもバッキンガム宮殿での夕食会に招待されたが、撮影のためスケジュールが合わないとして辞退したため、物議をかもしてしまった。ヘレン・ミレン フレッシュアイペディアより)

  • ヘレン・ミレン

    ヘレン・ミレンから見たイングランド

    イングランド・ロンドンにて、イレーナ・ヴァシーリエヴナ・ミローノヴァ(Ilyena Vasilievna Mironova/Елена Васильевна Миронова)として生まれ、エセックス州で育った。父親のヴァシーリイ・ペトローヴィチ・ミローノフはロシア帝国貴族の出であったが、ロシア革命により亡命を余儀なくされた。母親のキャサリン・アレクサンドリア・エヴァ・マチルダ(旧姓ロジャース)はイギリス人。ヘレン・ミレン フレッシュアイペディアより)

  • ヘレン・ミレン

    ヘレン・ミレンから見たロサンゼルス

    1997年に映画監督のテイラー・ハックフォードと結婚した。現在はロサンゼルス在住。ヘレン・ミレン フレッシュアイペディアより)

  • ヘレン・ミレン

    ヘレン・ミレンから見たロシア帝国

    イングランド・ロンドンにて、イレーナ・ヴァシーリエヴナ・ミローノヴァ(Ilyena Vasilievna Mironova/Елена Васильевна Миронова)として生まれ、エセックス州で育った。父親のヴァシーリイ・ペトローヴィチ・ミローノフはロシア帝国貴族の出であったが、ロシア革命により亡命を余儀なくされた。母親のキャサリン・アレクサンドリア・エヴァ・マチルダ(旧姓ロジャース)はイギリス人。ヘレン・ミレン フレッシュアイペディアより)

  • ヘレン・ミレン

    ヘレン・ミレンから見たDBE

    ヘレン・ミレン(Dame Helen Mirren DBE, 1945年7月26日 - )は、イギリスの女優。ヘレン・ミレン フレッシュアイペディアより)

  • ヘレン・ミレン

    ヘレン・ミレンから見た第58回プライムタイム・エミー賞

    2006年、タイトルロールのエリザベス1世を演じたミニシリーズ『エリザベス1世 ?愛と陰謀の王宮?』がイギリスで放送され、更に翌年にはエリザベス2世を演じた『クィーン』が公開、第63回ヴェネツィア国際映画祭に出品され高い評価を受けた。ミレンは前者で第58回プライムタイム・エミー賞で主演女優賞を、後者ではヴェネツィア国際映画祭の最優秀女優賞を受賞し、アメリカでは2006年度の批評家賞を総なめ、そして第79回アカデミー賞でも主演女優賞を受賞し、ついにオスカー像を手にした。また、第64回ゴールデングローブ賞ではこの両作品でダブル受賞を果たした。エリザベス2世本人からもバッキンガム宮殿での夕食会に招待されたが、撮影のためスケジュールが合わないとして辞退したため、物議をかもしてしまった。ヘレン・ミレン フレッシュアイペディアより)

  • ヘレン・ミレン

    ヘレン・ミレンから見たロシア革命

    イングランド・ロンドンにて、イレーナ・ヴァシーリエヴナ・ミローノヴァ(Ilyena Vasilievna Mironova/Елена Васильевна Миронова)として生まれ、エセックス州で育った。父親のヴァシーリイ・ペトローヴィチ・ミローノフはロシア帝国貴族の出であったが、ロシア革命により亡命を余儀なくされた。母親のキャサリン・アレクサンドリア・エヴァ・マチルダ(旧姓ロジャース)はイギリス人。ヘレン・ミレン フレッシュアイペディアより)

  • ヘレン・ミレン

    ヘレン・ミレンから見た第64回ゴールデングローブ賞

    2006年、タイトルロールのエリザベス1世を演じたミニシリーズ『エリザベス1世 ?愛と陰謀の王宮?』がイギリスで放送され、更に翌年にはエリザベス2世を演じた『クィーン』が公開、第63回ヴェネツィア国際映画祭に出品され高い評価を受けた。ミレンは前者で第58回プライムタイム・エミー賞で主演女優賞を、後者ではヴェネツィア国際映画祭の最優秀女優賞を受賞し、アメリカでは2006年度の批評家賞を総なめ、そして第79回アカデミー賞でも主演女優賞を受賞し、ついにオスカー像を手にした。また、第64回ゴールデングローブ賞ではこの両作品でダブル受賞を果たした。エリザベス2世本人からもバッキンガム宮殿での夕食会に招待されたが、撮影のためスケジュールが合わないとして辞退したため、物議をかもしてしまった。ヘレン・ミレン フレッシュアイペディアより)

  • ヘレン・ミレン

    ヘレン・ミレンから見たカンヌ国際映画祭 女優賞

    これまでカンヌ国際映画祭の女優賞を『キャル』と『英国万歳!』で2度受賞している。アカデミー賞には『英国万歳!』と『ゴスフォード・パーク』で2度候補になった。前者では他に数々の批評家賞を得ている。ヘレン・ミレン フレッシュアイペディアより)

26件中 11 - 20件表示

「ヘレン・ミレン」のニューストピックワード