1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示
  • ヘレン・ミレン

    ヘレン・ミレンから見たカンヌ国際映画祭 女優賞

    これまでカンヌ国際映画祭の女優賞を『キャル』と『英国万歳!』で2度受賞している。アカデミー賞には『英国万歳!』と『ゴスフォード・パーク』で2度候補になった。前者では他に数々の批評家賞を得ている。ヘレン・ミレン フレッシュアイペディアより)

  • ヘレン・ミレン

    ヘレン・ミレンから見たトニー賞 演劇主演女優賞

    2015年、舞台『The Audience』で、第69回トニー賞 演劇主演女優賞を受賞。また、『黄金のアデーレ 名画の帰還』で実在のユダヤ系女性であるマリア・アルトマンを演じたことから、世界ユダヤ人会議より特別名誉賞を受賞する。ヘレン・ミレン フレッシュアイペディアより)

  • ヘレン・ミレン

    ヘレン・ミレンから見た第一容疑者

    ナショナル・ユース・シアター、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーで舞台女優としてキャリアを始める。その後、映画・テレビなどの分野で活躍する。1991年から2007年まで放送された『第一容疑者』のジェーン・テニスンはミレンの当たり役となり、同シリーズではエミー賞を3回受賞している。ヘレン・ミレン フレッシュアイペディアより)

  • ヘレン・ミレン

    ヘレン・ミレンから見た大英帝国勲章

    2003年12月に大英帝国勲章を受勲したため、デイムの敬称を冠しデイム・ヘレンあるいはデイム・ヘレン・ミレンと書かれることもある。ヘレン・ミレン フレッシュアイペディアより)

  • ヘレン・ミレン

    ヘレン・ミレンから見たデートレイプ

    『GQ』誌の2008年10月号で、ドラッグ吸引やデートレイプ被害について告白した。ミレンは30代半ばまでは少量のコカインを吸っていたが、1983年に逮捕された元ナチス親衛隊のクラウス・バルビーが、逃亡先のボリビアでコカイン取引を行っていたことを知り、きっぱりとやめたという。ヘレン・ミレン フレッシュアイペディアより)

  • ヘレン・ミレン

    ヘレン・ミレンから見たオスカー像

    2006年、タイトルロールのエリザベス1世を演じたミニシリーズ『エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜』がイギリスで放送され、更に翌年にはエリザベス2世を演じた『クィーン』が公開、第63回ヴェネツィア国際映画祭に出品され高い評価を受けた。ミレンは前者で第58回プライムタイム・エミー賞で主演女優賞を、後者ではヴェネツィア国際映画祭の最優秀女優賞を受賞し、アメリカでは2006年度の批評家賞を総なめ、そして第79回アカデミー賞でも主演女優賞を受賞し、ついにオスカー像を手にした。また、第64回ゴールデングローブ賞ではこの両作品でダブル受賞を果たした。エリザベス2世本人からもバッキンガム宮殿での夕食会に招待されたが、撮影のためスケジュールが合わないとして辞退したため、物議を醸した。ヘレン・ミレン フレッシュアイペディアより)

  • ヘレン・ミレン

    ヘレン・ミレンから見たコカイン

    『GQ』誌の2008年10月号で、ドラッグ吸引やデートレイプ被害について告白した。ミレンは30代半ばまでは少量のコカインを吸っていたが、1983年に逮捕された元ナチス親衛隊のクラウス・バルビーが、逃亡先のボリビアでコカイン取引を行っていたことを知り、きっぱりとやめたという。ヘレン・ミレン フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示

「ヘレン・ミレン」のニューストピックワード