69件中 11 - 20件表示
  • コンスタンティン (オランダ王子)

    コンスタンティン (オランダ王子)から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    コンスタンティン(、1969年10月11日 - )は、前オランダ女王ベアトリクスの三男。父は王配クラウス・フォン・アムスベルク。正式名は、コンスタンティン・クリストフ・フレデリク・アシュウィン()。兄にオランダ王ヴィレム=アレクサンダー、ヨハン・フリーゾ王子がいる。コンスタンティン (オランダ王子) フレッシュアイペディアより)

  • スタニスラウ・ソサボフスキー

    スタニスラウ・ソサボフスキーから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    2006年5月31日水曜日、ハーグにおいてオランダ国王ベアトリクスは第1ポーランド空挺旅団にウィレム戦功章( Military Order of William)を与えた。そして、旅団長故スタニスラウ・ソサボフスキー少将はブロンズライオン勲章を与えられた。スタニスラウ・ソサボフスキー フレッシュアイペディアより)

  • クラウス・フォン・アムスベルク

    クラウス・フォン・アムスベルクから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    クラウス・フォン・アムスベルク(, 1926年9月6日 - 2002年10月6日)は、オランダ女王ベアトリクスの王配。クラウス・フォン・アムスベルク フレッシュアイペディアより)

  • ハーグ・レジデンティ管弦楽団

    ハーグ・レジデンティ管弦楽団から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    オランダの名指揮者ヘンリ・ヴィオッタによって1904年に創立される。1911年のリヒャルト・シュトラウス・フェスティバルにおいてシュトラウス自身が彼の作品を指揮し、その後もストラヴィンスキー、レーガー、ラヴェル、ヒンデミット等の作曲家を招聘している。1949年から1973年までの長きにわたり、ウィレム・ヴァン・オッテルローが首席指揮者、音楽監督をつとめ、このオーケストラの水準を大きく向上させた。オッテルローの指揮により、フィリップスやコンサート・ホール・ソサエティ等に多くの音源が残されている。その後、後述のようにライトナー、スヴェトラーノフ等が後を継ぎ、2005年より現在までネーメ・ヤルヴィが首席指揮者をつとめている。本拠であったハーグの芸術科学劇場が1967年に焼失した後、市内の演奏会場を転々としたが、1987年に新劇場ドクター・アントン・フィリップス・ホールがベアトリクス女王臨席のもとにオープンしている。ハーグ・レジデンティ管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • バート・ピルモント

    バート・ピルモントから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    ヘームステーデ(オランダ、北ホラント州)2000年。ヴァルデック=ピルモント侯とオランダ王室との歴史上の緊密な関係に基づいて姉妹都市関係が構築された。すなわち、エンマ・フォン・ヴァルデック=ピルモントがベアトリクス女王の曾祖母にあたる。バート・ピルモント フレッシュアイペディアより)

  • 高田征一

    高田征一から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    大学中退後、オランダ製品の輸入に携わる長崎オランダ商会に入社。オランダ関係者との面識や語学力を生かして、長崎オランダ村の開園・経営に関わった。長崎オランダ商会常務取締役を経て、1992年のハウステンボス開業にも尽力。オランダの宮殿「パレス・ハウステンボス」の再現を行うべくオランダ本国との交渉を行い、ベアトリクス女王(当時)から許可を得るに至った。1999年までハウステンボス専務取締役企画本部長を務め、以後はハウステンボス商事会長などを歴任した。また、2005年に開かれた愛・地球博においてはオランダ政府館総合プロデューサーを務めた。高田征一 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルデック=フランケンベルク郡

    ヴァルデック=フランケンベルク郡から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    コルバッハ、バート・アーロルゼン、バート・ヴィルドゥンゲン、フランケンベルクの4つの中級中心都市は、サービス業の重要な都市となっており、観光業が重要な部分を担っている。レジャー地域「ヴァルデッカー・ラント」(旧フランケンベルク郡も含まれる)はヘッセン州で最も重要なレジャーランドの一つとなっており、ドイツ全土、特に隣接するノルトライン=ヴェストファーレン州や歴史的背景を持つオランダ(現在のオランダ女王ベアトリクスの祖母エンマはヴァルデック侯家出身である)から多くの観光客が訪れる。ヘッセンのウプラント地方では、ウィンタースポーツが重要な役割を担っている。特にヴィリンゲンはスキージャンプ・ワールドカップの開催地として重要である。この他の郡域、特にエーダー湖のような大きな堰止め湖に面した町は、夏になると約 40 km 離れたカッセルやマールブルクから多くの保養客が訪れる。2004年にケラーヴァルト=エーダーゼー自然公園が設けられ、一層の付加価値が付けられた。また、数多くの木組み建築が遺る歴史的旧市街(コルバッハとバート・アーロルゼンはドイツ木組みの家街道に加盟している)も興味深い。旧ヴァルデック郡に多く遺る城塞や城館がさらに感興を加える。特に18世紀にヴェルサイユ宮殿をモデルに建造されたバート・アーロルゼンの宮殿は見応えがある。ヴァルデック=フランケンベルク郡 フレッシュアイペディアより)

  • シーボルトハウス

    シーボルトハウスから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    その後、建物はオランダ政府の所有となり、地方裁判所として使用された。日蘭交流400周年にあたる2000年に改装され、2005年3月に博物館として開館した。2000年5月25日には天皇皇后両陛下とオランダ国王ベアトリクスが来館した。日本博物館シーボルトハウスでは以来、2008年から毎年5月にヤパン・マルクトと銘打ったイベントを催している。シーボルトハウス フレッシュアイペディアより)

  • バールン

    バールンから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    郊外には王室の御用邸があり、その一つスーストデイク宮殿にはエンマ女王、ユリアナ女王、ユリアナ女王の夫君のベルンハルト王配が暮らした。王女時代のベアトリクス女王も1980年にハーグに移るまで、一家でラヘ・フィルスヘ村のドラケステイン城に住み、息子のウィレム=アレクサンダー皇太子は弟とバールンの学校に通った。バールン フレッシュアイペディアより)

  • トルコ共和国国家勲章

    トルコ共和国国家勲章から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    2012年 - :ベアトリクス(第6代女王)トルコ共和国国家勲章 フレッシュアイペディアより)

69件中 11 - 20件表示

「ベアトリックス女王」のニューストピックワード