57件中 11 - 20件表示
  • クィーン・ベアトリクス国際空港

    クィーン・ベアトリクス国際空港から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    空港名は、現オランダ女王ベアトリクスの名を冠している。クィーン・ベアトリクス国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • マドローダム

    マドローダムから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    マドローダム(Madurodam)はオランダ・デン・ハーグのスケベニンゲン地区に所在するミニチュアパーク。1952年7月2日開園。25分の1スケールでオランダの町並みが再現されている。名称の由来はジョージ・マドローで、1945年ダッハウ強制収容所にて捕虜となり死亡。ベアトリクス王女が建設を決意した。マドローダム フレッシュアイペディアより)

  • ミープ・ヒース

    ミープ・ヒースから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    オットーはこれを出版することを決意し、1947年に『アンネの日記』が出版されることとなった。アンネ・フランクの悲劇が世界中に広まり、アンネたちを支援していたミープ達はオランダの英雄的存在となった。イスラエルより「諸国民の中の正義の人」の称号を授与され、ドイツからもドイツ連邦共和国功労勲章の叙勲を受けた。またオランダ女王からもナイトの叙爵を受けた。ミープ・ヒース フレッシュアイペディアより)

  • 王配

    王配から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    クラウス・ファン・アムスベルフ - 女王ベアトリクスの王配。“Prins der Nederlanden”の称号(上記3.)。王配 フレッシュアイペディアより)

  • 蘭印作戦

    蘭印作戦から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    上記のように、この戦いにおけるオランダの敗北が戦後オランダが同地の植民地を失う決定的な一撃となったこともあり、第二次世界大戦後のオランダはヨーロッパでも最も反日感情の強い国の一つとなる。オランダは多くの日本軍人をBC級戦犯として処刑した上、1971年の昭和天皇のオランダ訪問の際には卵が投げつけられ、1986年にはベアトリクス女王の訪日が世論の反発により中止となった。日本とオランダとは400年にわたる交流の歴史を有していたにもかかわらず、オランダの植民地である同地における戦争は両国間に拭いがたいわだかまりを残した。蘭印作戦 フレッシュアイペディアより)

  • ハーグ・レジデンティ管弦楽団

    ハーグ・レジデンティ管弦楽団から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    オランダの名指揮者ヘンリ・ヴィオッタによって1904年に創立される。1911年のリヒャルト・シュトラウス・フェスティバルにおいてシュトラウス自身が彼の作品を指揮し、その後もストラヴィンスキー、レーガー、ラヴェル、ヒンデミット等の作曲家を招聘している。1949年から1973年までの長きにわたり、ウィレム・ヴァン・オッテルローが首席指揮者、音楽監督をつとめ、このオーケストラの水準を大きく向上させた。オッテルローの指揮により、フィリップスやコンサート・ホール・ソサエティ等に多くの音源が残されている。その後、後述のようにライトナー、スヴェトラーノフ等が後を継ぎ、2005年より現在までネーメ・ヤルヴィが首席指揮者をつとめている。本拠であったハーグの芸術科学劇場が1967年に焼失した後、市内の演奏会場を転々としたが、1987年に新劇場ドクター・アントン・フィリップス・ホールがベアトリクス女王臨席のもとにオープンしている。ハーグ・レジデンティ管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • コルプス (博物館)

    コルプス (博物館)から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    2008年3月14日、オランダ女王ベアトリクスによりオープンした。プロデュースは、オランダ人企業家アンリ・ルマース(Henri Remmers )による。このようなタイプの博物館としては、世界初となる。コルプス (博物館) フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルデック=フランケンベルク郡

    ヴァルデック=フランケンベルク郡から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    コルバッハ、バート・アーロルゼン、バート・ヴィルドゥンゲン、フランケンベルクの4つの中級中心都市は、サービス業の重要な都市となっており、観光業が重要な部分を担っている。レジャー地域「ヴァルデッカー・ラント」(旧フランケンベルク郡も含まれる)はヘッセン州で最も重要なレジャーランドの一つとなっており、ドイツ全土、特に隣接するノルトライン=ヴェストファーレン州や歴史的背景を持つオランダ(現在のオランダ女王ベアトリクスの祖母エンマはヴァルデック侯家出身である)から多くの観光客が訪れる。ヘッセンのウプラント地方では、ウィンタースポーツが重要な役割を担っている。特にヴィリンゲンはスキージャンプ・ワールドカップの開催地として重要である。この他の郡域、特にエーダー湖のような大きな堰止め湖に面した町は、夏になると約 40 km 離れたカッセルやマールブルクから多くの保養客が訪れる。2004年にケラーヴァルト=エーダーゼー自然公園が設けられ、一層の付加価値が付けられた。また、数多くの木組み建築が遺る歴史的旧市街(コルバッハとバート・アーロルゼンはドイツ木組みの家街道に加盟している)も興味深い。旧ヴァルデック郡に多く遺る城塞や城館がさらに感興を加える。特に18世紀にヴェルサイユ宮殿をモデルに建造されたバート・アーロルゼンの宮殿は見応えがある。ヴァルデック=フランケンベルク郡 フレッシュアイペディアより)

  • クラウス

    クラウスから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    クラウス・フォン・アムスベルク - ドイツ出身のオランダ女王ベアトリクスの王配。クラウス フレッシュアイペディアより)

  • シュタットオルデンドルフ

    シュタットオルデンドルフから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    1959年からシュタットオルデンドルフはドイツ連邦軍の駐屯都市となった。初めは第14戦車大隊が配備された。1962年10月25日にヒルデスハイムの第15野戦砲兵大隊が戦車大隊と交替し、ヒルデスハイムの第1装甲擲弾兵旅団の隷下に置かれた。1963年9月5日に初めて公式の発表がなされた。1956年から1959年に建設されたこの兵営は、1965年4月27日、連邦国防大臣により、ヨルク兵営と命名された。これはルートヴィヒ・ヨルク・フォン・ヴァルテンブルク将軍にちなんだものである。1967年1月1日、野戦砲兵大隊は第15機甲砲兵大隊と改称された。1988年9月に、オランダのベアトリクス女王がオランダ軍第1軍団の演習の際にヨルク兵営の戦闘司令部を訪問した。2003年6月にこの街に駐屯していた部隊が廃止され、兵営は民間利用の公募がなされた。シュタットオルデンドルフ フレッシュアイペディアより)

57件中 11 - 20件表示