69件中 31 - 40件表示
  • カール・アダム・ペトリ

    カール・アダム・ペトリから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    2003年 - (コマンダー)をオランダのベアトリクス女王より賜る。カール・アダム・ペトリ フレッシュアイペディアより)

  • ライデン大学

    ライデン大学から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    現在のオランダ国内にある大学としては最も古い。八十年戦争におけるネーデルラント側の指導者ウィレム1世によって1575年に設立された。現在でもオランダ王室オラニエ=ナッサウ家との繋りは強く、ユリアナ女王およびベアトリクス女王、また現在の国王ウィレム=アレクサンダーもライデン大学出身である。ベアトリクス前女王は2005年にライデン大学から名誉学位を授与されている。ライデン大学 フレッシュアイペディアより)

  • ベルンハルト

    ベルンハルトから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    ベルンハルト・ファン・リッペ=ビーステルフェルト - オランダ女王ユリアナの王配(夫君)、女王ベアトリクスの父。ベルンハルト フレッシュアイペディアより)

  • 瑞宝章

    瑞宝章から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    瑞宝章が儀礼叙勲で用いられることは少ないが、国賓の来日や皇族の外遊などの際に同席する、「広義のロイヤルファミリーとして一般に認知されているが、個人としては公式な王族の身位を所持しない者」や「準王族・元王族」といった身位の物に対して大綬章(勲一等)が贈られてきた例がある。タイのソムサワリ元皇太子妃や、オランダのマルフリート王女(ベアトリクス女王の妹)の夫ピーター・ファン・フォレンホーフェンなどにその例を見ることが出来る。瑞宝章 フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

    ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    1988年、創立100周年を迎えたコンセルトヘボウはベアトリクス女王より「ロイヤル」(Koninklijk:王立)の称号を下賜され、現在の名称「ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団」に改称された。また、創立100年を期にハイティンクは常任を退き、イタリア人のリッカルド・シャイーが双頭体制時代を除き、オランダ人以外で初めて常任のポストを手にした。デッカ・レコードにブラームスやマーラーの演奏を残したが、音楽評論家中野雄によるとハイティンクがシャイー時代のコンセルトヘボウについて「(メンゲルベルク、ベイヌム、ハイティンクと受け継がれた)コンセルトヘボウの伝統の音は失われた。もう戻らないだろう」と語ったという。ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • おことば

    おことばから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    2013年1月、オランダ女王ベアトリックスが75歳の誕生日を控え、突然、国民に長男ウィレム・アレクサンダーへの譲位を発表した。この時女王が採った譲位表明の在り方が、記者会見ではなく、ビデオメッセージで国民に直接語り掛けるという方式だったのである。健康的にも問題はなく、国内での人気も極めて高いさなかの譲位に、国民の大半は驚愕した。しかし一人一人の目を見つめながらの女王の強い意思に、国民も納得した。おことば フレッシュアイペディアより)

  • オタワ

    オタワから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    第二次世界大戦中、オランダのユリアナ王女はカナダへ亡命し、オタワに身をよせていた。オタワ滞在中に出産を迎え、オランダ国内で生まれなければ王位継承権が与えられないオランダの法律に配慮して、カナダ政府は特別な措置として病室をオランダ領としオランダ国旗を掲げた。この時に生まれたのが、ユリアナ王女の三女(ベアトリクス前女王の妹)マルフリーテ王女である。オランダ王室はこの恩義の返礼と感謝の意を込めて、毎年チューリップの球根を贈っている。オランダとの友好をも意味するチューリップが毎年5月にチューリップ・フェスティバルの会場いっぱいに咲くことから、オタワは「チューリップ・シティ」とも呼ばれる。その数は10万本以上で世界最大規模のチューリップ・フェスティバルとなっている。同会場のインターナショナルパビリオンには、日本のパビリオンもあり、地元の日系人関係者が日本パビリオンを主催している。オタワ フレッシュアイペディアより)

  • 議会名誉黄金勲章

    議会名誉黄金勲章から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    ベアトリクス(1982年3月22日)議会名誉黄金勲章 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトリア (スウェーデン皇太子)

    ヴィクトリア (スウェーデン皇太子)から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    1977年9月27日にストックホルム大聖堂で洗礼を受け、ノルウェー王太子ハーラルや母方伯父ラルフ、オランダ皇太子ベアトリクス、父方伯母デジレらが代父母となった。ヴィクトリア (スウェーデン皇太子) フレッシュアイペディアより)

  • オランダの歴史

    オランダの歴史から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    日本降伏後、スカルノら現地の独立派は独立を宣言し、オランダはインドネシアの独立を認めることなく再征服を目指したことによりインドネシア独立戦争(1945年 - 1949年)が勃発したが、結局インドネシアの独立を承認せざるを得なくなった。本国では1948年にウィルヘルミナ女王が退位してユリアナ女王が即位し、1980年にはユリアナ女王の譲位を受けてベアトリクス女王が即位している。オランダの歴史 フレッシュアイペディアより)

69件中 31 - 40件表示

「ベアトリックス女王」のニューストピックワード