57件中 31 - 40件表示
  • マクシマ・ソレギエタ

    マクシマ・ソレギエタから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    2001年1月31日の女王ベアトリクスの誕生日、女王夫妻とウィレム=アレクサンダー、そしてマキシマが並んで写された写真が公表され、女王と王配クラウスが2人の結婚に賛成の意志を示していることを公に示した。マクシマ・ソレギエタ フレッシュアイペディアより)

  • オランダの国章

    オランダの国章から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    オランダの国章である大紋章は、ベアトリクス女王の個人的な紋章である。オランダの政府はより小さいものを使っている。紋章の構成はウィルヘルミナおよびユリアナの両女王によって定められた。右には2つの紋章があるが、オランダ王室の公式サイトでは別バージョンの方を使用している。オランダの国章 フレッシュアイペディアより)

  • ベルンハルト (オランダ王配)

    ベルンハルト (オランダ王配)から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    ベルンハルト・ファン・リッペ=ビーステルフェルト(, 1911年6月29日 - 2004年12月1日)は、オランダのユリアナ女王の王配(夫)。リッペ=ビーステルフェルト公。現女王ベアトリクスの父。ベルンハルト (オランダ王配) フレッシュアイペディアより)

  • 日蘭関係

    日蘭関係から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    一方、1942年(昭和17年)3月の内に日本軍は、ジャワ島内で蘭印軍66,219名を含む連合軍82,618名を捕虜としたほか、民間人9万人余も収容した。彼らは自分達が東インド住民を懲罰するために設けた監獄に自ら入れられるという屈辱を味わった。オランダ人兵士の一部は長崎の捕虜収容所に送られ、そこで原爆に被爆した。また、日本軍がオランダ人女性を強制連行し慰安婦にした白馬事件も起こった。終戦後、オランダは、捕虜虐待などの容疑で、多くの日本軍人をBC級戦犯として処罰した(連合国中で最も多い226人の日本人を処刑)。戦後長らく反日感情は残り、1971年(昭和46年)に昭和天皇がオランダ訪問した際には街中に「裕仁は犯罪者」という落書きが見られ、卵や魔法瓶が投げつけられ手植え苗を引き抜かれるという嫌がらせがあり、1986年(昭和61年)にはベアトリクス女王の訪日計画がオランダ国内世論の反発を受けて中止された。これらのことからか、1989年(平成元年)の大喪の礼の際も、多くの君主国が王族を派遣したものの、オランダからは王族が葬儀に参列することはなかった。その後1991年(平成3年)に来日した女王は、1951年のサンフランシスコ講和条約と1956年の日蘭議定書では賠償問題が法的には国家間において解決されているにもかかわらず、宮中晩餐会で「日本のオランダ人捕虜問題は、お国ではあまり知られていない歴史の一章です」として賠償を要求した。それに対して日本政府はアジア女性基金により総額2億5500万円の医療福祉支援を個人に対して実施した。同年海部俊樹首相がオランダ訪問の際に戦没者慰霊碑に献花した際にオランダ人が花輪を池に投げ捨てるという事態も起きており、いかに反日感情が根強いのかが窺える。しかし2000年に今上天皇が訪問した際にはオランダのテレビ番組で献花の様子が公開され、昭和天皇と正反対に熱烈な歓迎を受けた。以後オランダ国民の日本皇室に対する感情を大きく変えた。日蘭関係 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の戦争賠償と戦後補償

    日本の戦争賠償と戦後補償から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    しかし、サンフランシスコ平和条約と日蘭議定書では賠償問題が法的には国家間において解決されているにもかかわらず、1991年に来日したベアトリクス女王の1991年は、宮中晩餐会で「日本のオランダ人捕虜問題は、お国ではあまり知られていない歴史の一章です」として賠償を要求した。それに対して日本国政府は、アジア女性基金により総額2億5500万円の医療福祉支援を個人に対して実施した。日本の戦争賠償と戦後補償 フレッシュアイペディアより)

  • 太平洋戦争

    太平洋戦争から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    1971年に、太平洋戦争当時の日本軍大元帥であった昭和天皇がオランダを訪問した際には卵が投げつけられ、1986年にはベアトリクス女王の訪日計画がオランダ国内世論の反発を受けて中止された。その後1991年に来日した女王は、サンフランシスコ平和条約と日蘭議定書では賠償問題が法的には国家間において解決されているにもかかわらず、宮中晩餐会で「日本のオランダ人捕虜問題は、お国ではあまり知られていない歴史の一章です」と賠償を要求した。それに対して日本政府は、アジア女性基金により総額2億5500万円の医療福祉支援を個人に対して実施した。太平洋戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・フリーゾ・ファン・オラニエ=ナッサウ

    ヨハン・フリーゾ・ファン・オラニエ=ナッサウから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    ヨハン・フリーゾ(Johan Friso van Oranje-Nassau, 1968年9月25日 - )はオランダ女王ベアトリクスの次男。ヨハン・フリーゾ・ファン・オラニエ=ナッサウ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    その後も反日感情は残存し、1971年の昭和天皇オランダ歴訪の際には、在位中の昭和天皇はオランダ人にとって戦争犯罪人と見なされていたため市民から卵や魔法瓶を投げつけられるなどした。またベアトリクス女王が1986年に日本訪問の計画をした際には、議会と世論の反発で中止した。昭和天皇崩御後の1991年10月、女王は歴代オランダ元首として初めて日本を公式訪問。天皇が主催した晩餐会のスピーチでは第二次世界大戦時のインドネシアにおける自国民の犠牲について言及する一方、翌年3月に開業を控えていたハウステンボスにも言及し、蘭日関係の親善を強調した(女王は自らの居所であるハウステンボス宮殿の忠実な再現及び同名の使用を許可)。1990年代より従軍慰安婦問題が世界レベルで議論された際には、オランダも再度請求を開始、日本国政府は、アジア女性基金により総額2億5500万円の医療福祉支援を個人に対して実施した(2001年・償い事業1)。その後2006年にはオランダは皇太子徳仁親王と同妃雅子ら一家の長期静養を受け入れるなど日蘭関係の友好面を見せたが、2007年7月にアメリカ合衆国下院121号決議が採択されると、オーストラリアに続いて、11月20日にオランダ下院慰安婦問題謝罪要求決議が採択。2008年8月、オランダ駐日大使のフィリップ・ヘルは、参議院内集会において「強制があったかどうかということなど問題ではない」と述べ、日本政府が謝罪をするべきだと述べた。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • 法定推定相続人

    法定推定相続人から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    オラニエ公ウィレム=アレクサンダー(ベアトリクス女王の第一子・長男)法定推定相続人 フレッシュアイペディアより)

  • リヒャルト・ツー・ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク

    リヒャルト・ツー・ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルクから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    リヒャルトはオランダ王太子ベアトリクスとクラウス・フォン・アムスベルクの結婚式に出席した際、デンマーク王フレゼリク9世の次女ベネディクテ王女と知り合い、二人は1968年2月3日にフレンスボー宮殿で結婚した。夫妻は一男二女に恵まれた。リヒャルト・ツー・ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク フレッシュアイペディアより)

57件中 31 - 40件表示