69件中 41 - 50件表示
  • 国王誕生日 (オランダ)

    国王誕生日 (オランダ)から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    2013年4月30日に行ったベアトリクス元女王の王位の退位までは女王誕生日 (じょおうたんじょうび)または女王の日(じょおうのひ、オランダ語: Koninnginnedag)として知られた。現在は息子のウィレム=アレクサンダー国王の誕生日のお祝いである。国王誕生日 (オランダ) フレッシュアイペディアより)

  • 昭和天皇の戦争責任論

    昭和天皇の戦争責任論から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    オランダでは昭和天皇が乗車する車に卵や魔法瓶や手植え苗を投げるほど反日感情が根強く、昭和天皇が在位中の1986年のベアトリクス女王の日本訪問はオランダ国内で反対を受けた。昭和天皇の戦争責任論 フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・フリーゾ・ファン・オラニエ=ナッサウ

    ヨハン・フリーゾ・ファン・オラニエ=ナッサウから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    ヨハン・フリーゾ・ファン・オラニエ=ナッサウ(, 1968年9月25日 - 2013年8月12日)は、元オランダ女王ベアトリクスと同国王配クラウス・フォン・アムスベルクの次男。オランダ王ウィレム=アレクサンダーの弟。全名はヨハン・フリーゾ・ベルンハルト・クリスティアン・ダヴィッド・ファン・オラニエ=ナッサウ・ファン・アムスベルク()。王位継承権放棄後の称号はオラニエ=ナッサウ公子、オラニエ=ナッサウ伯爵(, )。ヨハン・フリーゾ・ファン・オラニエ=ナッサウ フレッシュアイペディアより)

  • クラウス

    クラウスから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    クラウス・フォン・アムスベルク - オランダ女王ベアトリクスの王配。クラウス フレッシュアイペディアより)

  • ウィレム=アレクサンダー (オランダ王)

    ウィレム=アレクサンダー (オランダ王)から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    オランダのベアトリクス女王の第一子としてユトレヒトで生まれた。オランダ王室で直系男子の誕生はアレクサンダー王子以来116年ぶりであったが、翌1968年にヨハン・フリーゾ王子(2004年、結婚のため王位継承権放棄)、1969年にコンスタンティン王子が続いて生まれた。ウィレム=アレクサンダー (オランダ王) フレッシュアイペディアより)

  • オラニエ=ナッサウ家

    オラニエ=ナッサウ家から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    ベアトリクス(在位1980年 - 2013年) ユリアナの娘オラニエ=ナッサウ家 フレッシュアイペディアより)

  • 記念日

    記念日から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    また、本来なら相応しい日付があるものの、何らかの理由で都合が悪い場合、全く無関係の日付を記念日とすることもある。例えば自衛隊記念日は、本来なら自衛隊が発足した日の1954年7月1日とすべきところであるが、この時期は台風などの自然災害による自衛隊出動が予想されるため、式典の準備なども考え、この日を避けて11月1日になっている。他に、日本では天皇誕生日、オランダでは女王誕生日が設けられ、君主の誕生日が祝日となっているが、大正天皇の時代は、本来の誕生日の8月31日ではなく10月31日が祝日になっていた。オランダではベアトリクス女王の時代、彼女の誕生日は1月31日だが女王誕生日は4月30日とされた。これは、真夏や真冬の時期で、各種式典に困難が予想されたため、時期をずらした事例である。記念日 フレッシュアイペディアより)

  • 退位

    退位から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    1980年にユリアナ女王がベアトリクス王女に譲位するために退位。退位 フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・ペーター・バルケネンデ

    ヤン・ペーター・バルケネンデから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    2002年7月4日、総選挙後にウィム・コックが首相辞任を表明したことをうけて女王ベアトリクスはバルケネンデに新政権の樹立を要請した。第1次バルケネンデ政権にはピム・フォルタイン・リストが加わったが、その代表だったピム・フォルタインは選挙の数日前に暗殺されている。ところがピム・フォルタイン・リストの内部対立で政権が不安定化し、発足からわずか86日後に第1次バルケネンデ政権は崩壊した。ヤン・ペーター・バルケネンデ フレッシュアイペディアより)

  • シュタットオルデンドルフ

    シュタットオルデンドルフから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    1959年からシュタットオルデンドルフはドイツ連邦軍の駐屯都市となった。初めは第14戦車大隊が配備された。1962年10月25日にヒルデスハイムの第15野戦砲兵大隊が戦車大隊と交替し、ヒルデスハイムの第1装甲擲弾兵旅団の隷下に置かれた。1963年9月5日に初めて公式の発表がなされた。1956年から1959年に建設されたこの兵営は、1965年4月27日、連邦国防大臣により、ヨルク兵営と命名された。これはルートヴィヒ・ヨルク・フォン・ヴァルテンブルク将軍にちなんだものである。1967年1月1日、野戦砲兵大隊は第15機甲砲兵大隊と改称された。1988年9月に、オランダのベアトリクス女王がオランダ軍第1軍団の演習の際にヨルク兵営の戦闘司令部を訪問した。2003年6月にこの街に駐屯していた部隊が廃止され、兵営は民間利用の公募がなされた。シュタットオルデンドルフ フレッシュアイペディアより)

69件中 41 - 50件表示

「ベアトリックス女王」のニューストピックワード