57件中 41 - 50件表示
  • 首都

    首都から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    オランダ:憲法上の首都であるアムステルダムと、国家機関所在地であり国家元首である国王(現在はベアトリクス女王)の常住地(事実上の首都)であるハーグ。首都 フレッシュアイペディアより)

  • ハウステンボス

    ハウステンボスから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    「ハウステンボス」(Huis Ten Bosch)は、オランダ語で「森の家」。オランダ女王のベアトリクスが住むハウステンボス宮殿(Paleis Huis ten Bosch)を再現した事から名付けられた。オランダ語の慣用例に基づいた「Huis Ten Bosch」のカナ転写は「ハウス・テン・ボス」である。ハウステンボス フレッシュアイペディアより)

  • アンネ・フランク

    アンネ・フランクから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    1957年にはアメリカの20世紀フォックス社が映画『アンネの日記』(en)の撮影を開始した。大戦中にダッハウ強制収容所を解放したアメリカ軍部隊の兵士だったジョージ・スティーヴンスが監督を務めた。この映画は1959年4月16日にアムステルダムでユリアナ女王やベアトリクス王女臨席のもとに初公開された。アンネ・フランク フレッシュアイペディアより)

  • 反日感情

    反日感情から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    オランダは、江戸時代からの長い交流関係を持っているにもかかわらず、現在のヨーロッパでは反日感情が見られる国の一つである。1971年の昭和天皇オランダ訪問の際に卵が投げつけられたり、手植えの苗を引き抜かれたりした。1986年にはベアトリクス女王の訪日が国内世論の反発により中止され、昭和天皇崩御後の1991年の来日の際には、宮中晩餐会で『(日本のオランダ人捕虜問題は)お国ではあまり知られていない歴史の一章です』とのスピーチがあった(→オランダ)。反日感情 フレッシュアイペディアより)

  • オランダのユーロ硬貨

    オランダのユーロ硬貨から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    オランダのユーロ硬貨は、Bruno Ninaber van Eybenによってデザインされた。2種類のデザインがあるが、いずれも現在のオランダ国王であるベアトリクス女王の肖像と、"BEATRIX KONINGIN DER NEDERLANDEN" (オランダ女王ベアトリクス)の文字がデザインされている。オランダのユーロ硬貨 フレッシュアイペディアより)

  • オタワ

    オタワから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    第二次世界大戦中、オランダのユリアナ王女はカナダへ亡命し、オタワに身をよせていた。オタワ滞在中に出産を迎え、オランダ国内で生まれなければ王位継承権が与えられないオランダの法律に配慮して、カナダ政府は特別な措置として病室をオランダ領としオランダ国旗を掲げた。この時に生まれたのが、ユリアナ王女の三女(現女王ベアトリクス女王の妹)マルフリーテ王女である。オランダ王室はこの恩義の返礼と感謝の意を込めて、毎年チューリップの球根を贈っている。オタワ フレッシュアイペディアより)

  • オランダの歴史

    オランダの歴史から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    日本降伏後、スカルノら現地の独立派は独立を宣言し、オランダはインドネシアの独立を認めることなく再征服を目指したことによりインドネシア独立戦争(1945年 - 1949年)が勃発したが、結局インドネシアの独立を承認せざるを得なくなった。本国では1948年にウィルヘルミナ女王が退位してユリアナ女王が即位し、1980年にはユリアナ女王の譲位を受けて現ベアトリクス女王が即位している。オランダの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ガーター勲章

    ガーター勲章から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    2013年2月現在の外国人保持者は、日本の今上天皇以外はヨーロッパの君主制国家の君主であり、デンマークのマルグレーテ2世女王、スペインのフアン・カルロス1世国王、オランダのベアトリクス女王、ノルウェーのハーラル5世国王、スウェーデンのカール16世グスタフ国王、及びルクセンブルクのジャン前大公の計7名である。ガーター勲章 フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

    ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団から見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    1988年、創立100周年を迎えたコンセルトヘボウはベアトリクス女王より「ロイヤル」(Koninklijk:王立)の称号を下賜され、現在の名称「ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団」に改称された。また、創立100年を期にハイティンクは常任を退き、イタリア人のリッカルド・シャイーが双頭体制時代を除き、オランダ人以外で初めて常任のポストを手にした。デッカ・レコードにブラームスやマーラーの演奏を残したが、音楽評論家中野雄によるとハイティンクがシャイー時代のコンセルトヘボウについて「(メンゲルベルク、ベイヌム、ハイティンクと受け継がれた)コンセルトヘボウの伝統の音は失われた。もう戻らないだろう」と語ったという。ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • ヘンスリー・ミューレンス

    ヘンスリー・ミューレンスから見たベアトリクス (オランダ女王)ベアトリクス (オランダ女王)

    2012年4月27日、オランダにおける野球界での功績を称えて、ベアトリックス女王からナイトの称号であるOrder of Orange-Nassauが与えられた。ヘンスリー・ミューレンス フレッシュアイペディアより)

57件中 41 - 50件表示