36件中 21 - 30件表示
  • ベアトリクス (オランダ女王)

    ベアトリクス (オランダ女王)から見た王女

    ベアトリクス(、ベアトリクス・ウィルヘルミナ・アルムハルト・ファン・オラニエ=ナッサウ、、1938年1月31日 - )は、前オランダ女王(在位:1980年4月30日 - 2013年4月30日)。退位後は王女()。ベアトリクス (オランダ女王) フレッシュアイペディアより)

  • ベアトリクス (オランダ女王)

    ベアトリクス (オランダ女王)から見た国王誕生日 (オランダ)

    なお、オランダでは「女王の日」(または王の日)という、天皇誕生日と同様に国王の誕生日が祝日として設けられているが、ベアトリクスの女王時代は先代のユリアナの誕生日である4月30日としていた。ベアトリクスの誕生日は実際には1月31日であるが、屋外で行われる祝賀行事に不向きな季節であることと、母である先代への敬意から日付も継承したためである。ベアトリクス (オランダ女王) フレッシュアイペディアより)

  • ベアトリクス (オランダ女王)

    ベアトリクス (オランダ女王)から見たインドネシア

    1995年に旧植民地であったインドネシアを訪問した際に「植民地支配はお互いに恵みを与えた」とスピーチして、インドネシア人を憤慨させた。ベアトリクス (オランダ女王) フレッシュアイペディアより)

  • ベアトリクス (オランダ女王)

    ベアトリクス (オランダ女王)から見たドイツ人

    1966年3月10日、ドイツ人外交官クラウス・フォン・アムスベルクと結婚した。ナチス・ドイツの禍根から、ドイツ人と結婚することに対して、一部の国民からは強い反感を集め、結婚式場となった教会周辺には反対派のデモ隊が押し寄せ、爆弾が投げ込まれるなどの事件も発生している(しかし、後にクラウスは国民の広い人気を集めるようになった)。1967年、王家では百数年ぶりの男子誕生となるオラニエ公ウィレム=アレクサンダー王太子を出産した。次いで、ヨハン・フリーゾ王子、コンスタンティン王子が生まれた。1980年、ユリアナ女王の譲位を受け、ベアトリクスは女王に即位した。2002年に夫クラウスと死別、さらに2004年には母ユリアナが崩御し、父ベルンハルトも薨去した。ベアトリクス (オランダ女王) フレッシュアイペディアより)

  • ベアトリクス (オランダ女王)

    ベアトリクス (オランダ女王)から見たイギリス王位継承順位

    先祖がジョージ2世に連なるため、イギリス王位継承順位810位前後(上位に誕生・死亡がある都度頻繁に変わる)に位置する継承権者でもある。ベアトリクス (オランダ女王) フレッシュアイペディアより)

  • ベアトリクス (オランダ女王)

    ベアトリクス (オランダ女王)から見たバールン

    オランダ王女ユリアナの長女としてバールンで生を受けた。1940年、ナチス・ドイツのオランダ侵略により祖母ウィルヘルミナ女王、母ユリアナと共にイギリスへ亡命し、その後、遠縁のカナダ総督夫人アリスを頼り、カナダへ渡った。そのため、初等教育をカナダで受けている。ベアトリクス (オランダ女王) フレッシュアイペディアより)

  • ベアトリクス (オランダ女王)

    ベアトリクス (オランダ女王)から見た皇室

    ただし、日本及び日本皇室とベアトリクスの関係は基本的には良好である。1953年に皇太子明仁親王(現在の今上天皇)が非公式ながら訪問した際にユリアナ女王が主催した午賓会には当時15歳のベアトリクスは出席しなかったが、1962年の初訪日後、1963年に国賓として再訪日しており、更にその翌1964年にも東京オリンピックのために訪日、と急速に距離を縮めることとなった。その後、1970年の大阪万博の際と1977年にも訪日しているが、1980年の即位後は世論の抵抗に遭い、1987年の訪日は事前に中止、1989年の昭和天皇崩御の際は世論を配慮し、オランダからのみ王族の出席がなかった。この際は今上天皇に対し、出席できないことを手紙で説明し、配慮した。1991年10月になって初めてオランダ元首として日本を公式訪問した。この時も今上天皇主催の宮中晩餐会のスピーチでオランダ植民地における大戦時の自国民の犠牲について言及している。しかしその一方で翌年3月に開業を控えていたハウステンボス等の現在の好ましい蘭日関係を強調している(ハウステンボスについては、自らの居所であるハウステンボス宮殿の忠実な再現及び同名の命名を許している)。これに先立つ今上天皇の歓迎のあいさつも歴史問題に留意したものであり、両者とも一般的なスピーチよりも異例の長さであった。2000年の天皇と皇后の訪蘭の実現にも尽力した。ベアトリクス (オランダ女王) フレッシュアイペディアより)

  • ベアトリクス (オランダ女王)

    ベアトリクス (オランダ女王)から見たオラニエ公

    1966年3月10日、ドイツ人外交官クラウス・フォン・アムスベルクと結婚した。ナチス・ドイツの禍根から、ドイツ人と結婚することに対して、一部の国民からは強い反感を集め、結婚式場となった教会周辺には反対派のデモ隊が押し寄せ、爆弾が投げ込まれるなどの事件も発生している(しかし、後にクラウスは国民の広い人気を集めるようになった)。1967年、王家では百数年ぶりの男子誕生となるオラニエ公ウィレム=アレクサンダー王太子を出産した。次いで、ヨハン・フリーゾ王子、コンスタンティン王子が生まれた。1980年、ユリアナ女王の譲位を受け、ベアトリクスは女王に即位した。2002年に夫クラウスと死別、さらに2004年には母ユリアナが崩御し、父ベルンハルトも薨去した。ベアトリクス (オランダ女王) フレッシュアイペディアより)

  • ベアトリクス (オランダ女王)

    ベアトリクス (オランダ女王)から見た天皇誕生日

    なお、オランダでは「女王の日」(または王の日)という、天皇誕生日と同様に国王の誕生日が祝日として設けられているが、ベアトリクスの女王時代は先代のユリアナの誕生日である4月30日としていた。ベアトリクスの誕生日は実際には1月31日であるが、屋外で行われる祝賀行事に不向きな季節であることと、母である先代への敬意から日付も継承したためである。ベアトリクス (オランダ女王) フレッシュアイペディアより)

  • ベアトリクス (オランダ女王)

    ベアトリクス (オランダ女王)から見た今上天皇

    ただし、日本及び日本皇室とベアトリクスの関係は基本的には良好である。1953年に皇太子明仁親王(現在の今上天皇)が非公式ながら訪問した際にユリアナ女王が主催した午賓会には当時15歳のベアトリクスは出席しなかったが、1962年の初訪日後、1963年に国賓として再訪日しており、更にその翌1964年にも東京オリンピックのために訪日、と急速に距離を縮めることとなった。その後、1970年の大阪万博の際と1977年にも訪日しているが、1980年の即位後は世論の抵抗に遭い、1987年の訪日は事前に中止、1989年の昭和天皇崩御の際は世論を配慮し、オランダからのみ王族の出席がなかった。この際は今上天皇に対し、出席できないことを手紙で説明し、配慮した。1991年10月になって初めてオランダ元首として日本を公式訪問した。この時も今上天皇主催の宮中晩餐会のスピーチでオランダ植民地における大戦時の自国民の犠牲について言及している。しかしその一方で翌年3月に開業を控えていたハウステンボス等の現在の好ましい蘭日関係を強調している(ハウステンボスについては、自らの居所であるハウステンボス宮殿の忠実な再現及び同名の命名を許している)。これに先立つ今上天皇の歓迎のあいさつも歴史問題に留意したものであり、両者とも一般的なスピーチよりも異例の長さであった。2000年の天皇と皇后の訪蘭の実現にも尽力した。ベアトリクス (オランダ女王) フレッシュアイペディアより)

36件中 21 - 30件表示

「ベアトリックス女王」のニューストピックワード