ベイブレード ニュース&Wiki etc.

『ベイブレード』(Beyblade)は、1999年7月からタカラ / タカラトミーが発売している現代版ベーゴマ(玩具)。 (出典:Wikipedia)

「ベイブレード」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「爆転シュート ベイブレード (ホビー)」のつながり調べ

  • 全興寺

    全興寺から見たベイブレード

    毎月第2日曜日にあそび縁日で開かれるバイゴマ(ベーゴマ)の練習会。ベーゴマは元々平安時代に京都で始まり、バイ貝を使った事から「バイゴマ」と呼ばれ、関東に伝わった際に「ベーゴマ」と呼ばれるようになった。2000年以降、ベイブレードの人気で、全国各地でベーゴマのクラブが作られ、大会が開かれるようになったが、大阪ではほとんど無かった為、2002年夏に同寺でバイゴマの大会を開催、10月には大会の参加者を中心に「大阪バイゴマくらぶ」を発足させた。(全興寺 フレッシュアイペディアより)

  • ミニ四駆

    ミニ四駆から見た爆転シュート ベイブレード

    この90年代に起こった第二次ブームでは1995年3月期で約200億円、1997年3月期の時点で480億円の売上高を達成するが、1998年3月期で200億円台、1999年で200億円を下回り下降していく。『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』のTVシリーズは1998年末、漫画も1999年10月に終了。ジャパンカップも1999年で終了し、第二次ブームは終焉を迎えた。そしてミニ四駆のレース大会の模様を紹介していた『タミヤRCカーグランプリ』も1999年3月で終了し14年半の歴史に幕をとじ、2000年にはタミヤ公式レースもほとんど開かれなくなった。この第二次ブーム終了後、レーサー自身の年齢上昇という避けられない問題と、テレビゲーム機の高性能化を筆頭に遊戯王OCGやベイブレードなどのミニ四駆以外の玩具などが人気を集めている事などにより、ミニ四駆人気は下火となった。第二次ブーム終了後しばらくは派生商品であるダンガンレーサーやラジ四駆に主力を譲り、ミニ四駆の扱いは大幅に絞り込まれた。(ミニ四駆 フレッシュアイペディアより)

「爆転シュート ベイブレード (ホビー)」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ベイブレード」のニューストピックワード