前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示
  • 藤原茂樹 (ゲームクリエイター)

    藤原茂樹 (ゲームクリエイター)から見たベイブレードベイブレード

    1989年にハドソンへ移籍。PCエンジンの『ボンバーマン』を手がけ、5人同時対戦という新分野を開拓した。そこからの派生として、ビーダマンやベイブレードの企画協力、さらにアニメ化に伴う企画原案に携わる。藤原茂樹 (ゲームクリエイター) フレッシュアイペディアより)

  • メタルファイト ベイブレード

    メタルファイト ベイブレードから見たベイブレードベイブレード

    『メタルファイト ベイブレード』は、『月刊コロコロコミック』(小学館)で連載された足立たかふみによる日本の漫画作品。および、それを原作にしたアニメ作品。タカラトミーから発売されたホビー「ベイブレード」を題材としている。メタルファイト ベイブレード フレッシュアイペディアより)

  • 長森佳容

    長森佳容から見たベイブレードベイブレード

    2014年『ベイレイダーズ』キャラクターデザイン長森佳容 フレッシュアイペディアより)

  • 浅利遼太

    浅利遼太から見たベイブレードベイブレード

    2015年に『ベイウォーリアーズ サイボーグ』のニコ役で初主演。浅利遼太 フレッシュアイペディアより)

  • コミックボンボン

    コミックボンボンから見たベイブレードベイブレード

    1990年代半ば以降、ライバル誌のコロコロは『ポケットモンスター』発売当初からタイアップを打ち出しブームの一因を担い、1996年に発行部数を前年から倍増させている。その他にも『ミニ四駆』、『ビーダマン』、『ハイパーヨーヨー』、『ベイブレード』、『デュエル・マスターズ』、『昆虫王者ムシキング』等、強力なタイアップを続けるコロコロに発行部数で大きく差をつけられてしまう。加えて、本誌で長年展開していた『ロックマンシリーズ』も、『エグゼシリーズ』以降からコロコロとタイアップするようになった。コミックボンボン フレッシュアイペディアより)

  • メタルファイト ベイブレードの主要人物

    メタルファイト ベイブレードの主要人物から見た爆転シュート ベイブレードベイブレード

    『メタルファイト ベイブレード』(アニメでは『4D』まで)の主人公。ベイブレードの里と呼ばれる古馬村(コマむら)の出身。赤茶色の逆立った髪型で、青いバンダナと白いマフラー、鼻の絆創膏がトレードマーク。謎のブレーダー集団「暗黒星雲(ダークネビュラ)」を率いる竜牙とは浅からぬ因縁があり、アニメ初期は竜牙が古馬村から奪った禁断のベイ・エルドラゴを取り戻すために全国を旅している。大会などのために旅に出る時以外はまどかの家に住み着いていることが多い。『爆』の世界大会ビッグバンブレーダーズでは日本代表チーム・ガンガンギャラクシーのレギュラーメンバーに、『4D』では四季の「秋」を司るレジェンドブレーダーに選ばれる。メタルファイト ベイブレードの主要人物 フレッシュアイペディアより)

  • ベイブレードバースト

    ベイブレードバーストから見たベイブレードベイブレード

    『ベイブレードバースト』は、『月刊コロコロコミック』(小学館)で連載されている森多ヒロによる日本の漫画作品。および、それを原作にしたアニメ作品。タカラトミーから発売されたホビー「ベイブレードバースト」を題材としている。ベイブレードバースト フレッシュアイペディアより)

  • 湯宮ケンタ

    湯宮ケンタから見た爆転シュート ベイブレードベイブレード

    その転機となったのが第6話から7話にかけてのヒカルとのバトルであり、銀河の噂を聞き付けたヒカルが彼と勝負するために街に訪れた際、風邪をこじらせて動けない銀河をヒカルから守るために、自らを銀河だと偽ってヒカルに勝負を挑むものの、彼女の必殺転技であるインフィニティウェーブの前に全く歯が立たずに敗北する。その後ベンケイと激しい特訓を行いパワー不足を補い、まどかから譲り受けたメタルフェイスを組み込むことでサジタリオの回転を安定化させ、ヒカルにリベンジバトルを申し込む。そしてバトルの中で必殺転技『フレイムクロー』を習得しインフィニティウェーブを破って彼女を撃破する。湯宮ケンタ フレッシュアイペディアより)

  • ぼ・ん・ど

    ぼ・ん・どから見た爆転シュート ベイブレードベイブレード

    単行本1巻6話で初登場。純文学作家で随筆家でもある。60歳前後。あずまによればタレントの大竹まことをモデルにしている。好物はフルーツポンチ。自宅では百恵ちゃんという鯉の他、青柳から譲り受けた三郎というワニを飼っている。妻は15年ほど前に死別している。滅多に他の作家を褒めないため、青柳のことを良く思っていないが、青柳の代表作である『女豹(おんなひょう)』シリーズが愛読書で、女豹フィギュアも集めるほど傾倒している。趣味は釣りと剣道で、日課として素振りを行っている。ベイブレードなど、流行のものも好き。デビュー以来文芸賞を受賞したことはなかったが、15年振りの長編小説『薫風』で梶原有三文学賞を綿瀬とW受賞した。ぼ・ん・ど フレッシュアイペディアより)

  • 爆転シュート ベイブレード

    爆転シュート ベイブレードから見たベイブレードベイブレード

    爆転シュート ベイブレード フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示

「ベイブレード」のニューストピックワード