38件中 11 - 20件表示
  • ベイウィールズ

    ベイウィールズから見た爆転シュート ベイブレード爆転シュート ベイブレード

    ベイウィールズ フレッシュアイペディアより)

  • ドリームミックスTV ワールドファイターズ

    ドリームミックスTV ワールドファイターズから見た爆転シュート ベイブレード爆転シュート ベイブレード

    ベイブレード「ドラグーン」を使った竜巻攻撃が得意。発動時にタメ続けることで巨大な青龍が出現する。ドリームミックスTV ワールドファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 四神

    四神から見た爆転シュートベイブレード爆転シュート ベイブレード

    日本の作品内での四神の扱われ方は実に様々である。個々の名称に関しては青竜、朱雀、白虎、玄武をそのまま使う作品が多いが、総称では元のまま「四神」ないし「四獣」を使う作品ばかりではなく「四神獣(ししんじゅう)」や「四聖獣(しせいじゅう)」といった造語を用いる作品が珍しくない。また、原義のまま四方を司る神獣として登場する以外に、人間や器物の名称として名前のみが使われるだけ(例:「陸上防衛隊まおちゃん」では兵器の名前として登場、「天元突破グレンラガン」では螺旋四天王のガンメンの名前として登場(この作品では四神の名称を少しもじっている)、「怒首領蜂大往生」では各ステージのボスの名前として登場(この作品では名前の読みは四神と同じだが当て字が異なっている))、またはその逆に名前は違っているが青い龍、赤い鳥、白い虎、(緑の)亀という組み合わせの四種の獣が登場するという作品(『爆転シュートベイブレード』)もある。本来の五行中の4要素(木、火、金、水)でなく四大元素(地水火風)に当てはめた例もある(例:「セイントビースト」シリーズでは主人公の4人の天使に四神の二つ名があり、4人それぞれが地水火風の各属性を持っている)。又、四神の扱いの変形として、『五星戦隊ダイレンジャー』では、巨大気伝獣にその存在が顕れるだけではなく、本編の重要キャラクターとして、“孔雀”なる女性が登場した。更に、『ふしぎ遊戯』の様に、人の姿を取る事も出来たりする例もある。四神 フレッシュアイペディアより)

  • ミクロマン

    ミクロマンから見たベイブレード爆転シュート ベイブレード

    ミクロマンを乗せたまま飛ばすことのできるヘリ。スパイマジシャン専用の偵察・諜報活動用ヘリ。手持ちの巻上げ装置で駆動ベルトを引き飛ばすタイプ(所謂「ベイブレード」方式)。既存商品の流用であったが、シールや外観はミクロマンに合わせてリメイクされていた。ミクロマン フレッシュアイペディアより)

  • トミー

    トミーから見たベイブレード爆転シュート ベイブレード

    その後、タカラの「ベイブレード」のヒットとポケモンの不振が重なった2001年度にタカラに2位を取り返され、再度3位に転落した。しかし、そのベイブレードの失敗でタカラは経営不振に陥り、トミーを存続会社として合併『タカラトミー』となった。トミー フレッシュアイペディアより)

  • 劇場版メタルファイト ベイブレードVS太陽 灼熱の侵略者ソルブレイズ

    劇場版メタルファイト ベイブレードVS太陽 灼熱の侵略者ソルブレイズから見た爆転シュート ベイブレード爆転シュート ベイブレード

    全国216スクリーンで公開され、2010年8月21、22日初日2日間で興収1億1,969万4,900円、動員は11万7,418人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第5位となった。また、ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では満足度89.5で第1位と高い評価を得ており小学生を中心に映画を観た後にベイブレードをやりたくなったというような興奮冷めない様子の感想が多かったという。2011年9月23日に『秋分の日アニメスペシャル』としてテレビ東京系列で地上波放送された。劇場版メタルファイト ベイブレードVS太陽 灼熱の侵略者ソルブレイズ フレッシュアイペディアより)

  • 爆転シュート ベイブレード (アニメ)

    爆転シュート ベイブレード (アニメ)から見た爆転シュート ベイブレード爆転シュート ベイブレード

    タカラより発売された玩具ベイブレードを基に、ベイブレードバトルで世界一を目指す少年たちの物語を描いたテレビアニメ作品である。2002年には映画化もされた。爆転シュート ベイブレード (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • 古代王者恐竜キング

    古代王者恐竜キングから見たベイブレード爆転シュート ベイブレード

    セガトイズは2006年3月から本作のグッズ販売を開始。ベイブレードに似た『スピンアタッカー』や、恐竜のアクションフィギュアなどを販売してきたが、テレビアニメ化に伴いすべて生産停止した。その後は、テレビアニメに準拠したキャラクター商品を新たに開発、2007年3月から販売を開始している。古代王者恐竜キング フレッシュアイペディアより)

  • バイ

    バイから見たベイブレード爆転シュート ベイブレード

    古典的玩具として知られるベーゴマ(またはベイゴマ)は、近代以降は鋳鉄製であるが、元来はバイの殻で作られたものである。ベーゴマとはバイゴマ(貝独楽)の転訛したもので、そのため鋳鉄製のものにもその名残としてバイの殻を模した渦巻き模様が彫られている。本来の貝独楽は、バイの殻の下半を壊した後、研ぐなどして螺塔部のみを残し、そこに砂や溶けた鉛などを流し込んだあと断面を蝋などで固め塞ぎ、朱などを塗って作ったと言われる。これらを櫃や桶などの上にかぶせた莚などの上で廻し、相手の独楽を弾き飛ばせば勝ちとし、勝った者が相手の独楽を取ることができた。この遊びは貝廻し(ばいまわし)とも言い、主として江戸期の関西地方で盛んだったと言われる。また普通は子供が自分で独楽を作ることはなく、店で売られているものを買うものであったと言われる。この遊びはその後も続き、明治期になると真鍮製の独楽なども作られたが、より安価な鋳鉄製のものが作られ広く使われるようになった。この遊びは21世紀初頭でも行われており、これにヒントを得たベイブレードなども出現した。本来の貝独楽の遊びは重陽の節句に行われることが多かったともいわれ、「貝独楽」「貝廻し」などは秋の季語とされる。バイ フレッシュアイペディアより)

  • ぼ・ん・ど

    ぼ・ん・どから見た爆転シュート ベイブレード爆転シュート ベイブレード

    単行本1巻6話で初登場。純文学作家で随筆家でもある。60歳前後。あずまによればタレントの大竹まことをモデルにしている。好物はフルーツポンチ。自宅では百恵ちゃんという鯉の他、青柳から譲り受けた三郎というワニを飼っている。妻は15年ほど前に死別している。滅多に他の作家を褒めないため、青柳のことを良く思っていないが、青柳の代表作である『女豹(おんなひょう)』シリーズが愛読書で、女豹フィギュアも集めるほど傾倒している。趣味は釣りと剣道で、日課として素振りを行っている。ベイブレードなど、流行のものも好き。デビュー以来文芸賞を受賞したことはなかったが、15年振りの長編小説『薫風』で梶原有三文学賞を綿瀬とW受賞した。ぼ・ん・ど フレッシュアイペディアより)

38件中 11 - 20件表示

「ベイブレード」のニューストピックワード