38件中 21 - 30件表示
  • タカラトミー

    タカラトミーから見たベイブレード爆転シュート ベイブレード

    この頃、タカラはヒット商品を相応に出してはいたが、ベイブレードブーム終了の反動で過剰な在庫を抱えることが多発した事や、別途展開していたチョロQ実車化によるミニカー事業や家電品事業がそれぞれ失敗したことで経営危機に陥り、廃業倒産の危機にあった。タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • ビーダマン

    ビーダマンから見たベイブレード爆転シュート ベイブレード

    ベイブレードの人気を大きく受け、対戦重視で展開したビーダマン。互いに向かい合ってビーダマンに設置されたヒットポイントを撃ち合い、自機のヒットポイントにビー玉を命中されると負けになる「ディレクトヒットバトル(DHB)」をメインの競技に据えた。互いに打ち合って遊ぶ為、安全性を考慮して初期は威力を上げるパーツはなく、締め打ちも出来ない構造になっていた他、照準を模したシールドで顔面がガードされる等の工夫がこらされていた。ビーダマン フレッシュアイペディアより)

  • タカラ (玩具メーカー)

    タカラ (玩具メーカー)から見た爆転シュート ベイブレード爆転シュート ベイブレード

    創業以来、伝統的な玩具やボードゲームを主力商品とした。かつては『リカちゃん』が主力商品であり「女児玩具のタカラ」と言われ、女児玩具部門では長らくトップの地位に在った。1999年に発売した『ベイブレード』が一躍ヒット商品となり、男児玩具部門でバンダイを抜いてトップに立ったが、『ベイブレード』の海外展開の失敗により経営不振に陥る。2002年には当時の社長・佐藤慶太の意志により電気自動車を発表、自動車業界に殴りこんだ。当初は物珍しさから注目を集めたが、玩具メーカーが自動車産業のノウハウを持ち合わせているはずもなく、月間販売台数は1台もざらで、あっさり撤退した。タカラ (玩具メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • 鋼鉄ジーグ

    鋼鉄ジーグから見たベイブレード爆転シュート ベイブレード

    本作は、先行する東映動画-ダイナミック企画作品『デビルマン』や『マジンガーZ』などと違い、先に玩具とマンガ連載ありきでアニメ化された。この玩具が先行する手法は後年の『トランスフォーマー』『ビーダマン』『ミクロマン』『ベイブレード』などでも用いられ、『タカラの山』(ISBN 4-02-257797-5)によると「タカラ的な手法」としている。『トイジャーナル』1975年9月号によると本作の立ち上げにさいし、タカラは「鋼鉄ジーグ事業部」を設立、本作にかける意気込みのほどがうかがえる。鋼鉄ジーグ フレッシュアイペディアより)

  • SDガンダム

    SDガンダムから見たベイブレード爆転シュート ベイブレード

    ベイブレード クロスアームズSDガンダム フレッシュアイペディアより)

  • メタルファイト ベイブレード ZEROG

    メタルファイト ベイブレード ZEROGから見た爆転シュート ベイブレード爆転シュート ベイブレード

    『メタルファイト ベイブレード ZEROG』(メタルファイト ベイブレード ゼロジー)は、『月刊コロコロコミック』(小学館)で連載された足立たかふみによる日本の漫画作品および、それを原作にしたアニメ作品。漫画『メタルファイト ベイブレード』およびアニメ『メタルファイト ベイブレード 4D』の続編であり、ホビー「ベイブレード」を題材としている。メタルファイト ベイブレード ZEROG フレッシュアイペディアより)

  • ブロッコリー (企業)

    ブロッコリー (企業)から見たベイブレード爆転シュート ベイブレード

    以前からテレビ東京系のアニメのスポンサーに多く就いており、『ベイブレード』関連商品の販売を行ったこともある。2013年4月より女性向けゲーム原作のアニメ第2期『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%』を放送する。ブロッコリー (企業) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ四駆

    ミニ四駆から見た爆転シュート ベイブレード爆転シュート ベイブレード

    このようにミニ四駆の高速化は進んだものの、『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』のTVシリーズが1998年末に終了し漫画も1999年10月に終了並びにジャパンカップも1999年で終了したことで第二次ブームは終焉を迎えた。そしてミニ四駆のレース大会の模様を紹介していた『タミヤRCカーグランプリ』も1999年3月で終了し14年半の歴史に幕をとじ、2000年にはタミヤ公式レースも殆ど開かれなくなった。この第二次ブーム終了後、レーサー自身の年齢向上という切っても切れない問題と、ハイパーヨーヨーやベイブレードなどのミニ四駆以外の玩具などが人気を集めている事などにより、ミニ四駆人気は下火となった。第二次ブーム終了後しばらくは派生商品であるダンガンレーサーやラジ四駆に主力を譲り、ミニ四駆の扱いは大幅に絞り込まれることとなった。ミニ四駆 フレッシュアイペディアより)

  • ビックリマン

    ビックリマンから見たベイブレード爆転シュート ベイブレード

    その後『コロコロ』と同社から発行している『小学三年生』でビックリマンの特集を組み、漫画の連載も始めるようになった。そこでビックリマンシールの開発者反後四郎(現・ロッテ商品開発部部長)がマントと角帽という学者風の姿をした「ビックリマン博士(タンゴマン)」に扮して子供達からの様々な質問に答えるという、ゲーム界で言うところの高橋名人のようなキャラクターも登場した。この手法は効果的だったのか、後に同じく社会現象にまで発展したミニ四駆、バーコードバトラー、ベイブレード、甲虫王者ムシキング(いずれも小学館主導)にも同じように「博士、名人」というようなカリスマ風のナビゲーターを登場させている。ビックリマン フレッシュアイペディアより)

  • おはスタ

    おはスタから見た爆転シュート ベイブレード爆転シュート ベイブレード

    ブレーダーDJ - 爆転シュート ベイブレード→メタルファイト ベイブレード関連のコーナーに出演した。(2001年 - 2003年、2008年秋 - 2011年)おはスタ フレッシュアイペディアより)

38件中 21 - 30件表示

「ベイブレード」のニューストピックワード