47件中 21 - 30件表示
  • 爆転シュート ベイブレード

    爆転シュート ベイブレードから見た星座

    従来型のビットチップに当たる。それぞれのベイブレードの個性に合わせた星座や惑星をモチーフにしたマークが描かれており、ビットチップとは違ってネジ型でウィールとトラックを固定するためのパーツになっている。なお、従来型にあった特別ルールは廃止されている。また、通常のフェイス以外にも金属製のメタルフェイスと呼ばれるものがあり、重量が増して攻撃力、防御力、安定性などが向上するが、組み合わせによっては機動力と持久力と遠心力などが減少することがある。通常のフェイスだと、重量や攻撃力などのメタルフェイスをつける前の状態となるが、組み合わせによっては機動力と持久力と遠心力などが向上することがある。メタルフェイスの追加により重要なパーツとなった。さらに、メタルフェイス改造バージョンがあり、金属とプラスチックの2種類でコアとプレートに分けられて計4パターンのフェイスが改造でき、重さの調整などができるようになったことでより重要なパーツになった。爆転シュート ベイブレード フレッシュアイペディアより)

  • 爆転シュート ベイブレード

    爆転シュート ベイブレードから見たDVD

    アニメのサウンドトラックやDVD、ゲームなど、商品のおまけにもなることがある。爆転シュート ベイブレード フレッシュアイペディアより)

  • 爆転シュート ベイブレード

    爆転シュート ベイブレードから見たゲームボーイアドバンス

    日本国外ではATARIから「Beyblade V-Force」、「Beyblade G Revolution」のGBAソフトが欧米のみに発売された。爆転シュート ベイブレード フレッシュアイペディアより)

  • 爆転シュート ベイブレード

    爆転シュート ベイブレードから見た爆転HERO ブレーダーDJ

    爆転HERO ブレーダーDJ(おおせよしお、連載誌:月刊コロコロコミック、別冊コロコロコミック) - (2001年-2003年)爆転シュート ベイブレード フレッシュアイペディアより)

  • 爆転シュート ベイブレード

    爆転シュート ベイブレードから見たICチップ

    2010年3月以降発売の一部のスターターやセットにICチップ内蔵の「ベイポイントカード」が付属しており、ベイポイントカードにベイ太などでポイントを貯めることができ、貯めたポイントに応じてレベルアップシールやパーツ、ベイといった特典が与えられる。特典交換の記録はICチップに書き込まれ、特典が与えられても、ベイポインターとは異なりポイントが減ることはない。その分、特典を与えられるポイント分はレベルが高いほど高くなる。なお、ポインターからカードになったことで、ポインターにあったポインター同士の対戦やパスワードの入力などはできなくなり、ポイント獲得はガンガンスタジアム ベイ太2号での対戦、公式大会などの参加賞(抽選に外れた人でももらえる)と入賞で配布のみになった。このカードはクロスファイトビーダマンのガンガンシューティング B−太1号と互換性があり、ビーポイントカードと同じ役割で使用できるが、ポイントは共有ではなく別々になっているのでB-太1号でポイントを貯めても加算されない。爆転シュート ベイブレード フレッシュアイペディアより)

  • 爆転シュート ベイブレード

    爆転シュート ベイブレードから見た新宿ロフトプラスワン

    韓国ではSONOKONGから『TOPBLADE V』のタイトルでアーケードゲーム化されている。これはアニメ『爆転シュート ベイブレード2002』の韓国版をゲーム化したもので、キャラクター名も全て韓国版の名前に変更されている。日本国内での稼動報告例は無いが、2005年9月3日に新宿ロフトプラスワンで開催されたイベント『韓国まんがまつり12』で映像が公開されている。爆転シュート ベイブレード フレッシュアイペディアより)

  • 爆転シュート ベイブレード

    爆転シュート ベイブレードから見た爆転シュート ベイブレード (アニメ)

    初めのうちは『月刊コロコロコミック』や小学館の学年別学習雑誌と組んで商品記事と漫画を連載し、通常の男子系玩具と同様の売り方をしていた。2001年1月開始のアニメ『爆転シュート ベイブレード』が爆発的人気の起点となり、全国の小学生の間に大流行した。爆転シュート ベイブレード フレッシュアイペディアより)

  • 爆転シュート ベイブレード

    爆転シュート ベイブレードから見た爆外伝

    幻獣の形に変形できるベイブレード。対戦も可能。漫画版とは独立したファンタジーな物語を備えている。同社の玩具シリーズ『ビーダマン』に於ける爆外伝シリーズに当たる。爆転変形ではないスピンギアシリーズのA-28 グリフォリオンとA-34 サラマリオンも変形機能を備える。本シリーズではスピンギアを搭載していない初期型のブレードベースになっている。また、アタックリングとウエイトディスクの互換性があるので、別のパーツに搭載することができる。なお、対戦時には変形する部分をすべて外しておく必要がある。爆転シュート ベイブレード フレッシュアイペディアより)

  • 爆転シュート ベイブレード

    爆転シュート ベイブレードから見たキャラクタークラス

    ZEROGシリーズではメタルウィールがクロムウィール、クリアウィールがクリスタルウィールに変更されている。クロムウィールは幻獣、クリスタルウィールはサムライなどの職業のデザインとなっている。基本は金属のクロムウィールが上だが、上下反転も可能でクロムアップモードとクリスタルアップモードにモードチェンジができる。本シリーズではクロムウィール同士が合体できるシンクロームシステムを採用し、重量、攻撃力、防御力を向上させることが可能。またZEROGベイには「火」「水」などの属性が存在し、同じ属性同士を合体させることで相性の良いベイとなる。クロムウィール、クリスタルウィールの組み合わせには今までのフェイスは使用できず、メタルウィール、クリアウィールにはストーンフェイスを使用することはできない。爆転シュート ベイブレード フレッシュアイペディアより)

  • 爆転シュート ベイブレード

    爆転シュート ベイブレードから見たけん玉

    日本の伝統玩具であるベーゴマの改良性、競争性を発展させ、商業玩具として販売したもの。日本の伝統玩具を商業玩具化する手法はタカラの得意とするところで、ベイブレードはビーダマン、オハジキマン、メダルマン、すげゴマ、デジケンの系譜の延長線上に存在している。特に、独楽を商業玩具化したすげゴマの後期に発売されたものとは、構造、回転方法、遊び方が酷似している。ひとつのパーツだけからなるベーゴマとは違い複数のパーツで構成され、各パーツの組み換えによって自分だけのコマをカスタマイズできるのが特徴。勝負はすり鉢状のスタジアムで行い、専用のシューターを使ってベイブレードを発射させ相手を外に弾き出すか、相手より長く回転し続けることで勝ちとなる。爆転シュート ベイブレード フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示

「ベイブレード」のニューストピックワード