79件中 31 - 40件表示
  • ベイブレード

    ベイブレードから見たTXN

    いずれもテレビ東京系列で放送。ベイブレード フレッシュアイペディアより)

  • ベイブレード

    ベイブレードから見たワコー

    ベイブレードの成功により、38歳で最年少のタカラ取締役になったが、2003年4月29日に退任。2006年2月15日にタカラトミー取締役として復帰する。常務執行役員マーケティング本部長も兼ねる。その後、タカラの子会社ワコーの代表取締役社長を務めた後2005年3月30日に退任し会長になり、2006年2月に会長を退任。ベイブレード フレッシュアイペディアより)

  • ベイブレード

    ベイブレードから見た爆転シュート ベイブレード (アニメ)

    初めのうちは『月刊コロコロコミック』や小学館の学年別学習雑誌と組んで商品記事と漫画を連載し、通常の男子系玩具と同様の売り方をしていた。2001年1月開始のアニメ『爆転シュート ベイブレード』が爆発的人気の起点となり、全国の小学生の間に大流行した。ベイブレード フレッシュアイペディアより)

  • ベイブレード

    ベイブレードから見たベイブレードバースト

    ベイブレード第1世代として、『爆転シュート ベイブレード』(ばくてんシュート ベイブレード)は2001年から2002年に全国の小学生の間で大流行した。2008年からは、第2世代『メタルファイト ベイブレード』が展開された。2015年からは、第3世代『ベイブレードバースト』が発売されている。ベイブレード フレッシュアイペディアより)

  • ベイブレード

    ベイブレードから見たメタルファイト ベイブレード

    ベイブレード第1世代として、『爆転シュート ベイブレード』(ばくてんシュート ベイブレード)は2001年から2002年に全国の小学生の間で大流行した。2008年からは、第2世代『メタルファイト ベイブレード』が展開された。2015年からは、第3世代『ベイブレードバースト』が発売されている。ベイブレード フレッシュアイペディアより)

  • ベイブレード

    ベイブレードから見たメタルファイト ベイブレード ZEROG

    メタルファイト ベイブレード ZERO G(足立たかふみ、連載誌:月刊コロコロコミック)(2012年)(全2巻)ベイブレード フレッシュアイペディアより)

  • ベイブレード

    ベイブレードから見たビーダマン

    日本の伝統玩具であるベーゴマの改良性、競争性を発展させ、商業玩具として販売したもの。日本の伝統玩具を商業玩具化する手法はタカラの得意とするところで、ベイブレードはビーダマン、オハジキマン、メダルマン、すげゴマ、デジケンの系譜の延長線上に存在している。特に、すげゴマの後期に発売されたものとは構造、回転方法、遊び方が近い。タカラボーイズホビーは初期の成功事例であるビーダマンの大ヒットの後、コマ遊びをベースとした玩具「すげゴマ」と「バトルトップ」の2つのシリーズを展開し、大ヒットには至らなかったものの、これら2つの要素を後のベイブレードへとつなげていった。ベイブレード フレッシュアイペディアより)

  • ベイブレード

    ベイブレードから見た爆転シュート ベイブレード (漫画)

    爆転シュート ベイブレード(青木たかお、連載誌:月刊コロコロコミック)(1999年 - 2004年)(全14巻)ベイブレード フレッシュアイペディアより)

  • ベイブレード

    ベイブレードから見た近距離無線通信

    2015年4月15日、タカラトミーは第2世代にあたる『メタルファイト ベイブレード』の発売以来、約7年ぶりの新シリーズ『ベイブレードバースト』の商品化を発表した。約2年半ぶりの商品展開の再開となる。新たに相手のコマを破壊するバーストギミック、記録端末「ベイロガー」により記録を可視化するベイクラウドシステム、極小NFCチップ搭載によるベイブレードの成長などが導入されている。2015年7月18日に発売され、国内発売後は日本国外でも順次展開される。テレビアニメは2016年4月4日より放送された。ベイブレード フレッシュアイペディアより)

  • ベイブレード

    ベイブレードから見た玩具

    『ベイブレード』(Beyblade)は、1999年7月からタカラ / タカラトミーが発売している現代版ベーゴマ(玩具)。ベイブレード フレッシュアイペディアより)

79件中 31 - 40件表示

「ベイブレード」のニューストピックワード