前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示
  • コラソン・アキノ

    コラソン・アキノから見たベニグノ・アキノ3世ベニグノ・アキノ3世

    2010年より発行されている、新500ペソ紙幣に夫婦揃って肖像が使用されており、その傍には息子ベニグノ・アキノ3世の署名が添えられている。コラソン・アキノ フレッシュアイペディアより)

  • 日本とフィリピンの関係

    日本とフィリピンの関係から見たベニグノ・アキノ3世ベニグノ・アキノ3世

    日本の海上保安庁は、の創設時から多大な貢献をしている。またアキノ大統領と安倍晋三総理の相性は格別に良いという評価もある。2013年11月の台風ヨランダでフィリピンが甚大な被害を受けた際、フィリピン政府の要請により、日本は過去最大となる自衛隊の派遣を行い、救助活動や復興活動を助けた。日本とフィリピンの関係 フレッシュアイペディアより)

  • フェルディナンド・マルコスの埋葬

    フェルディナンド・マルコスの埋葬から見たベニグノ・アキノ3世ベニグノ・アキノ3世

    、1989年に亡命先のハワイで病死した。1993年に遺体の帰国が認められたものの、イメルダ・マルコス夫人らがへの埋葬を希望する一方、ベニグノ・アキノ3世らが反対していた。2016年6月に大統領に就任したロドリゴ・ドゥテルテが「国民の和解」を理由に英雄墓地への埋葬を決定し、マルコス大統領の英雄墓地への埋葬を認めるか否かはフィリピンを二分する議論となったが、最終的に2016年11月18日に英雄墓地へと埋葬された。フェルディナンド・マルコスの埋葬 フレッシュアイペディアより)

  • モロ・イスラム解放戦線

    モロ・イスラム解放戦線から見たベニグノ・アキノ3世ベニグノ・アキノ3世

    2011年、日本政府の仲介でアキノ大統領が極秘来日し、MILFの最高指導者・ムラド・エブラヒム(Murad Ibrahim)議長と8月4日に成田空港近くのホテルで極秘会談を行った。政府・MILFのトップ同士の会談は初めてである。また、国際協力機構は、この地域の事業への資金供給を行っており、アキノ大統領は、モロ・イスラム解放戦線との和平において「日本の貢献は計り知れない」と謝意を示している。モロ・イスラム解放戦線 フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン国鉄

    フィリピン国鉄から見たベニグノ・アキノ3世ベニグノ・アキノ3世

    事実上廃線となっている北方線を再利用して「ノースレール」(North-rail) と称し、マニラとクラーク経済特別区を結ぶ計画が検討されている。計画では現在の単線から複線に、地上から高架に、軌間を1,067mmから1,435mmに変更する予定である。事業費用は5億米ドル程度と見積もられ、そのうち4億米ドル分については中華人民共和国が無償資金協力を申し出た。2006年11月に準備工事が始まったが、建設の遅れや中断が度重なった。2009年1月に建設は再開したが、2011年3月に建設は中断した。アロヨ政権時代に中国企業Sinomachとの間で締結した契約について、アキノ政権は不法な契約および汚職を問題として計画を中止した。フィリピン国鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年フィリピン大統領選挙

    2016年フィリピン大統領選挙から見たベニグノ・アキノ3世ベニグノ・アキノ3世

    2016年フィリピン大統領選挙(2016ねんフィリピンだいとうりょうせんきょ、)は、2016年5月9日に行われたフィリピン大統領を選出する選挙である。なお、現職のベニグノ・アキノ3世大統領の出馬は認められていない。2016年フィリピン大統領選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ニノイ・アキノ国際空港

    ニノイ・アキノ国際空港から見たベニグノ・アキノ3世ベニグノ・アキノ3世

    かつては「マニラ国際空港」()と呼ばれていたが、亡命先のアメリカ合衆国から帰国した1983年8月21日に、空港内で射殺されたベニグノ・アキノ・ジュニア上院議員(愛称 ニノイ:コラソン・アキノ元大統領の夫、ベニグノ・アキノ3世前大統領の父親)を記念して改称された。ニノイ・アキノ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 平成25年台風第30号

    平成25年台風第30号から見たベニグノ・アキノ3世ベニグノ・アキノ3世

    11月11日、フィリピン政府は、総人口の1割に当たる約967万人が被災したと発表。タクロバンでは食料や金銭の略奪が発生したことから、ベニグノ・アキノ大統領は、非常事態宣言を発令した。高潮の被害を受けたタクロバン空港は、同日に小型機限定で運用を再開したが、避難を求める地元住民が殺到するなど混乱した。平成25年台風第30号 フレッシュアイペディアより)

  • バシラン島

    バシラン島から見たベニグノ・アキノ3世ベニグノ・アキノ3世

    2011年8月14日、日本でアキノ大統領とMILFの議長が会談。バシラン島 フレッシュアイペディアより)

  • ヴォルテル・ガズミン

    ヴォルテル・ガズミンから見たベニグノ・アキノ3世ベニグノ・アキノ3世

    1944年10月22日、フィリピンタルラック州で生まれる。フィリピン大学に進学した後、1964年にフィリピン陸軍士官学校に編入。1968年3月24日に士官学校を卒業。1985年、アメリカ陸軍指揮幕僚大学に留学し、修士号を取る。1990年、マヌエル・L・ケソン大学で学位を取得。1999年7月13日、フィリピン陸軍の司令官に任じられる。2000年10月22日に軍を退役。2002年5月1日からカンボジアの大使を務めたが、大腸癌を患い、2004年6月30日に退任。2010年にフィリピンの大統領となったベニグノ・アキノ3世の招聘に応じ、2010年6月30日より国防大臣を務める。ヴォルテル・ガズミン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示

「ベニグノ・アキノ」のニューストピックワード