27件中 11 - 20件表示
  • ベニグノ・アキノ3世

    ベニグノ・アキノ3世から見たタルラック州

    アテネオ・デ・マニラ大学卒業。母の大統領在任中に発生し失敗したクーデターの際、反乱軍の兵士によって負傷させられた。1998年の第11回議会選挙にてタルラック州第2地区より下院議員に当選。2007年の第14回議会選挙で上院議員に当選した。ベニグノ・アキノ3世 フレッシュアイペディアより)

  • ベニグノ・アキノ3世

    ベニグノ・アキノ3世から見た射撃

    射撃とビリヤードの熱狂的なファン。またオーディオマニアでもあり、メロウな音楽、ボサノバ、オリジナル・フィリピン・ミュージックを好む。また、フランシスコ・タタド前上院議員の姪でバレンズエラ市議員のシャラーニ・ソレダードは恋人であったが、現在では破局している。独身であり、フィリピンの大統領経験者で唯一の未婚である。紙巻きタバコを1日2箱を喫煙する愛煙家で、大統領選の期間中、「当選したらタバコをやめる」と宣言していたが、「(大統領就任で)重圧が増える」として、就任前に禁煙を断念した。ベニグノ・アキノ3世 フレッシュアイペディアより)

  • ベニグノ・アキノ3世

    ベニグノ・アキノ3世から見た同族会社

    1983年に父が暗殺された後、短い間フィリピンの企業「フィリピン・ビジネス・フォー・ソーシャルプログレス」の社員だった。1985年から1986年にかけて小売販売の監督、フィリピンにおけるナイキの若者向け販売促進のアシスタント、そして後にフィリピンのモンドラゴンの広告、販売促進のアシスタントを務めた。1986年に、同族会社であるイントラ・ストラータ保証会社の副社長となった。ベニグノ・アキノ3世 フレッシュアイペディアより)

  • ベニグノ・アキノ3世

    ベニグノ・アキノ3世から見た禁煙

    射撃とビリヤードの熱狂的なファン。またオーディオマニアでもあり、メロウな音楽、ボサノバ、オリジナル・フィリピン・ミュージックを好む。また、フランシスコ・タタド前上院議員の姪でバレンズエラ市議員のシャラーニ・ソレダードは恋人であったが、現在では破局している。独身であり、フィリピンの大統領経験者で唯一の未婚である。紙巻きタバコを1日2箱を喫煙する愛煙家で、大統領選の期間中、「当選したらタバコをやめる」と宣言していたが、「(大統領就任で)重圧が増える」として、就任前に禁煙を断念した。ベニグノ・アキノ3世 フレッシュアイペディアより)

  • ベニグノ・アキノ3世

    ベニグノ・アキノ3世から見たボストン

    アテネオ・デ・マニラ大学で初等教育から高校、大学まで学び、1981年に経済学の学士を取得し卒業。その後、アメリカ合衆国に追放されていた家族とボストンで合流した。ベニグノ・アキノ3世 フレッシュアイペディアより)

  • ベニグノ・アキノ3世

    ベニグノ・アキノ3世から見たフィリピン

    “ノイノイ”ベニグノ・シメオン・コファンコ・アキノ3世(、1960年2月8日 - )は、フィリピンの政治家。第15代フィリピン共和国大統領。コラソン・アキノ元大統領と、ベニグノ・アキノ・ジュニア元上院議員の唯一の息子である。通称はノイノイ(Noynoy)。ベニグノ・アキノ3世 フレッシュアイペディアより)

  • ベニグノ・アキノ3世

    ベニグノ・アキノ3世から見た破門

    カトリック教徒であるが、その教えに反する避妊について肯定的な見方を取っている。2010年9月30日、フィリピン司教協議会(the Catholic Bishops' Conference of the Philippines)会長は、彼のフィリピン人夫婦に人工的な産児制限の為の避妊具や避妊薬を支給するというリプロダクティブ・ヘルス法案に対する支持により、カトリック教会からの破門に直面するだろうと発言した 。しかし、破門の可能性にもかかわらず、アキノは避妊薬や避妊具の使用についての立場を変えないと語った。ベニグノ・アキノ3世 フレッシュアイペディアより)

  • ベニグノ・アキノ3世

    ベニグノ・アキノ3世から見たマラカニアン宮殿

    1987年8月28日にグレゴリオ・ホナサンによって起こされたクーデター未遂事件では、アキノは襲撃された大統領府マラカニアン宮殿から道2本離れたところにいた。彼の4人の警護官のうち3人が犠牲となり、最後の一人は彼を守りながら負傷した。アキノ自身も5発被弾し、そのうち1発は今なお彼の首に留まったままである。ベニグノ・アキノ3世 フレッシュアイペディアより)

  • ベニグノ・アキノ3世

    ベニグノ・アキノ3世から見たアメリカ合衆国

    アテネオ・デ・マニラ大学で初等教育から高校、大学まで学び、1981年に経済学の学士を取得し卒業。その後、アメリカ合衆国に追放されていた家族とボストンで合流した。ベニグノ・アキノ3世 フレッシュアイペディアより)

  • ベニグノ・アキノ3世

    ベニグノ・アキノ3世から見たプロテスタント

    制限によりタルラック州第2選挙区からの下院議員の4選は禁じられているため、2007年3月15日の総選挙で「真の野党」より上院議員に当選した。「真の野党」は彼の自由党を含むいくつかの政党の連合体であり、グロリア・アロヨ大統領による憲法改正の阻止を目的としている。選挙運動では妹でテレビ司会者のクリス、それに母親のアキノ元大統領の支援を受けた。彼自身はカトリック教徒であるが、フィリピンで最大のプロテスタント教会の一つである「イエスは主である」より支援を受け、1430万票を獲得した。改選数12人のところに立候補した37人の中で6番目の多さであった。2007年6月30日に新しいオフィスを構える。ベニグノ・アキノ3世 フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「ベニグノ・アキノ」のニューストピックワード