1518件中 11 - 20件表示
  • カラカス芸術振興会

    カラカス芸術振興会から見たベネズエラベネズエラ

    カラカス芸術振興会(スペイン語: Ateneo de Caracas)は、芸術を中心とした文化的施設及び組織の名称。現在施設はベネズエラの首都カラカスにある、ロス・カオボス地区に位置している。建物は2つの公会堂を有するほか、コンサートホール・図書館・画廊・映画やリハーサル室・カフェ・そして数々の事務所を一挙に運営している。カラカス芸術振興会 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たベネズエラベネズエラ

    2006年12月20日、「王座決定戦の勝者は初防衛戦で世界ランキング1位の選手との指名試合を行わなければならない」というWBA規定と再戦を要求する声があったこともあり、東京・有明コロシアムにて、ファン・ランダエタ(ベネズエラ・同級1位)との再戦が初防衛戦として行われ、12回判定(3-0)勝ちを収めて初防衛に成功。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 南アメリカのスポーツ

    南アメリカのスポーツから見たベネズエラベネズエラ

    バレーボールはブラジル、アルゼンチン、ベネズエラなどで盛んである。とくにブラジルは数々の国際大会で優勝する屈指の強国で、男女ともFIVBランキング1位を維持している。バスケットボールはアルゼンチンで特に一般的なスポーツである。2004年の夏季オリンピックで男子アルゼンチン代表は金メダルを獲得しており、バスケットボール世界選手権では1950年に優勝している。バスケットボールはブラジルでもポピュラーなスポーツで、世界選手権で男子は2度、女子は1度優勝したことがあり、ベネズエラとウルグアイでも盛んにプレーされている。野球はベネズエラではサッカーを押し退けて最も人気のあるスポーツである。ベネズエラはメジャーリーグに選手を何人も送り込んでおり、ワールドベースボールクラシックに出場した南米の唯一の国でもある。コロンビアなどの他の国でも、野球は徐々に人気を得ている。ラグビー(ラグビーユニオン)はアルゼンチンを中心に南米でポピュラーになりつつある競技である。アルゼンチン代表は2007年のラグビーワールドカップで第3位という好成績を収めた。ウルグアイ、パラグアイ、コロンビア、ブラジル、チリ、ベネズエラ、ペルーにもラグビー協会がある。南アメリカのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ミラグロス・セケラ

    ミラグロス・セケラから見たベネズエラベネズエラ

    ミラグロス・セケラ(Milagros Sequera, 1980年9月30日 - )は、ベネズエラ・ヤラクイ州サンフェリペ出身の女子プロテニス選手。2007年5月にモロッコ・フェズ大会のシングルスで初優勝を果たし、当地の女子テニス選手として初めて、WTAツアー大会のシングルス・タイトルを獲得した選手である。WTAツアーでシングルス1勝、ダブルス3勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス48位、ダブルス29位。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ミラグロス・セケラ フレッシュアイペディアより)

  • グロム (アイスクリームチェーン店)

    グロム (アイスクリームチェーン店)から見たヴェネズエラベネズエラ

    CIOCCOLATO FONDENTE (チョッコラート・フォンデンテ) (日本商品名 : ビターチョコレート) : ヴェネズエラ産カカオ使用。グロム (アイスクリームチェーン店) フレッシュアイペディアより)

  • プランテン

    プランテンから見たベネズエラベネズエラ

    熟していない果実の皮をむき、1 - 2mmの厚さでスライスしたものを油で揚げたもの。中央アメリカから南アメリカ大陸にかけてトストーネ等の名で知られる料理である(エクアドルとペルー:チフレス(Chifles)、キューバ:mariquitasまたはChicharitas、プエルトリコ:platanutres)。キューバ、グアテマラ、ドミニカ共和国、ベネズエラ、プエルトリコではトストーネは特に薄く二度揚げしたものを指す。プランテン フレッシュアイペディアより)

  • マリア・ベント=カブチ

    マリア・ベント=カブチから見たベネズエラベネズエラ

    マリア=アレハンドラ・ベント=カブチ(Maria-Alejandra Vento-Kabchi, 1974年5月24日 - )は、ベネズエラ・カラカス出身の女子プロテニス選手。既婚選手として、自分の姓「ベント」(Vento)と夫の姓「カブチ」(Kabchi)を併用している。WTAツアー大会でシングルス優勝はないが、ダブルスで4勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス26位、ダブルス15位。身長168cm、体重59kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。マリア・ベント=カブチ フレッシュアイペディアより)

  • スペインによるアメリカ大陸の植民地化

    スペインによるアメリカ大陸の植民地化から見たベネズエラベネズエラ

    コロンは1498年に第三回航海で現ベネズエラに相当する地域を訪れた。翌1499年にはアロンソ・デ・オヘダとアメリゴ・ヴェスプッチがマラカイボ湖やマルガリータ島周辺を探検した。アメリゴはコロンとは異なり、到達した地をインドではなく新しい大陸だと考え、これを公表したため、この後、長い間名前が存在せず、スペイン人がインディアスと呼んだこの地は、ドイツの地図製作者マルティーン・ヴァルトゼーミュラーによってヴェスプッチの名前から「アメリカ」と名付けられた。スペインによるアメリカ大陸の植民地化 フレッシュアイペディアより)

  • ドゥルセ・デ・レチェ

    ドゥルセ・デ・レチェから見たベネズエラベネズエラ

    アルゼンチン、チリ、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジルを中心に、ボリビア、ペルー、エクアドル、コロンビア、ベネズエラ、パナマ、コスタリカ、エルサルバドル、ホンジュラス、グアテマラ、メキシコ、ドミニカ共和国などで広く食されている。ドゥルセ・デ・レチェ フレッシュアイペディアより)

  • エクアドルの歴史

    エクアドルの歴史から見たベネズエラベネズエラ

    副王軍は独立運動の再鎮圧を図ったが、そこに1821年のカラボボの戦いでの勝利により、ベネズエラを最終的に解放したコロンビア共和国のシモン・ボリーバル率いる解放軍が南下し、1822年5月24日にアントニオ・ホセ・デ・スクレ将軍がピチンチャの戦いで副王軍に決定的な勝利を収め、キト、グアヤキル、クエンカは最終的に解放された。エクアドルの歴史 フレッシュアイペディアより)

1518件中 11 - 20件表示

「ベネズエラ」のニューストピックワード