2043件中 21 - 30件表示
  • 2017年の経済

    2017年の経済から見たベネズエラベネズエラ

    16日 - ベネズエラの中央銀行は外貨準備高が過去20年で最低の100億ドルを下回ったと発表した。2017年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 近代における世界の一体化

    近代における世界の一体化から見たベネズエラベネズエラ

    ラテンアメリカの諸地域では、18世紀末のアメリカ合衆国の独立およびフランス革命やハイチ革命の影響を受け、自由主義思想が流入し、折からスペインによる貿易の統制を嫌い、自由貿易を求めていたクリオージョ(現地生まれの白人)達の間で独立の気運が高まった。1808年の半島戦争によって本国スペインがナポレオン帝国に服し、また大陸封鎖令によって南北アメリカと旧宗主国との連絡が途絶えて自立化が促された。イスパノアメリカ(スペイン語圏アメリカ)のベネズエラ、エクアドル、ボリビア、コロンビア、アルゼンチン、チリ、メキシコなどでは、1809年から1810年にかけてクリオージョの大地主と貿易商人が主導権を握ってナポレオンに服属したスペイン政府からの自治を宣言した。アメリカ合衆国は米英戦争によってイギリスからの政治的独立に続いて経済的自立を図った。近代における世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • エディ・ディアス

    エディ・ディアスから見たベネズエラベネズエラ

    エディ・ディアス(Eddy Javier Díaz , 1971年9月29日 - )は、ベネズエラ出身の元プロ野球選手(内野手)。エディ・ディアス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見たベネズエラベネズエラ

    アレキサンダー・アルベルト・カブレラ(Alexander Alberto "Alex" Cabrera, 1971年12月24日 - )は、ベネズエラ・モナガス州カリピト出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。2015年現在は、ベネズエラのウィンターリーグ、リーガ・ベネソラーナ・デ・ベイスボル・プロフェシオナルのティブロネス・デ・ラ・グアイラに所属している。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • 南米諸国連合

    南米諸国連合から見たベネズエラベネズエラ

    2007年4月16日、第一回がベネズエラのマルガリータ島で2日間の日程で開かれ、南米全12ヵ国が参加した。この会議で前述の南米共同体が南米諸国連合に改称される。南米諸国連合 フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・トルヒーヨ

    ラファエル・トルヒーヨから見たベネズエラベネズエラ

    またこのころからドミニカは中米各地から追われた元独裁者たちの亡命地ともなり近隣諸国との関係が悪化。国内でも教会との対立が目立ち始める。1960年1月、自身の暗殺計画が発覚したとしてトルヒーヨは反対派に対し大弾圧をした。2月、米州人権委員会を創設時から主導していたベネズエラは、ドミニカ共和国を「人権に対する野蛮な侵害」で、米州機構(OAS)に告発。機構理事会はこの訴えをとりあげ、4つの加盟国代表からなる実情調査団を派遣する。OAS総会は、ドミニカ共和国が市民の権利を侵害したとする実情調査団の報告を受け、トルヒーヨ非難決議を採択した。ラファエル・トルヒーヨ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見たベネズエラベネズエラ

    冷戦末期の1987年1月には、ブラジル政府との間でホットラインを開設し、国交回復へ向けて両国関係は急展開する。以降、フィデルは中南米外交シフトを示し、冷戦終結後、ラテンアメリカ諸国で反共的軍事独裁政権が崩壊すると、キューバはブラジル、ベネズエラなど多くの国と国交を回復した。特に近年は、反米的政策を取るベネズエラのウゴ・チャベスやボリビアのエボ・モラレスと親しい関係を築き、南アメリカにおける「反米同盟」の盟主的な存在となった。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • スペインによるアメリカ大陸の植民地化

    スペインによるアメリカ大陸の植民地化から見たベネズエラベネズエラ

    コロンは1498年に第三回航海で現ベネズエラに相当する地域を訪れた。翌1499年にはとアメリゴ・ヴェスプッチがマラカイボ湖やマルガリータ島周辺を探検した。アメリゴはコロンとは異なり、到達した地をインドではなく新しい大陸だと考え、これを公表したため、この後、長い間名前が存在せず、スペイン人がインディアスと呼んだこの地は、ドイツの地図製作者マルティン・ヴァルトゼーミュラーによってヴェスプッチの名前から「アメリカ」と名付けられた。スペインによるアメリカ大陸の植民地化 フレッシュアイペディアより)

  • ドゥルセ・デ・レチェ

    ドゥルセ・デ・レチェから見たベネズエラベネズエラ

    アルゼンチン、チリ、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジルを中心に、ボリビア、ペルー、エクアドル、コロンビア、ベネズエラ、パナマ、コスタリカ、エルサルバドル、ホンジュラス、グアテマラ、メキシコ、ドミニカ共和国などで広く食されている。ドゥルセ・デ・レチェ フレッシュアイペディアより)

  • コントラ戦争

    コントラ戦争から見たベネズエラベネズエラ

    特に「米国の裏庭」と呼ばれるラテンアメリカ諸国に対して介入の度合いは激しく、メキシコ、キューバ、ハイチ、ドミニカ共和国、グァテマラ、エル・サルバドル、ニカラグア、コスタ・リカ、パナマ、グレナダ、コロンビア、ベネズエラ、チリなどに対して、直接的・間接的な武力介入・干渉政策を繰り返してきている。特に代表的なものとしてPBSUCCESS作戦、ピッグス湾事件、ドミニカ侵攻、チリ・クーデター、グレナダ侵攻、パナマ侵攻などが挙げられる。コントラ戦争 フレッシュアイペディアより)

2043件中 21 - 30件表示

「ベネズエラ」のニューストピックワード