1518件中 21 - 30件表示
  • 第4回IBAF女子ワールドカップ

    第4回IBAF女子ワールドカップから見たベネズエラベネズエラ

    第4回IBAF女子ワールドカップ(2010 Women's Baseball World Cup)は、国際野球連盟が主催する、全世界規模の国・地域別対抗戦IBAF女子ワールドカップの第4回大会である。2010年8月12日から22日にかけてベネズエラで開催された。出場は11チーム。日本が2大会連続2度目の優勝を果たした。第4回IBAF女子ワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・スクータロ

    マルコ・スクータロから見たベネズエラベネズエラ

    マルコス・ヘルナンデス・スクータロ(Marcos Hernandez "Marco" Scutaro, 1975年10月30日 - )は、ベネズエラ出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。現在はMLBサンフランシスコ・ジャイアンツに所属。マルコ・スクータロ フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャン・ミハレス

    クリスチャン・ミハレスから見たベネズエラベネズエラ

    2008年5月17日、メキシコのゴメスパラシオでWBA世界スーパーフライ級王者のアレクサンデル・ムニョス(ベネズエラ)と対戦、2-1の判定勝ちを収めWBC王座7度目の防衛に成功すると同時に、WBA同級王座をも獲得し、WBA・WBC世界スーパーフライ級王者となった。クリスチャン・ミハレス フレッシュアイペディアより)

  • プエルトリコ

    プエルトリコから見たベネズエラベネズエラ

    スペイン・ボルボン朝のフェルナンド7世がフランス帝国のナポレオン・ボナパルトによって退位させられたことをきっかけに1808年に勃発したスペイン独立戦争は、ラテンアメリカ大陸部のクリオージョに自治、独立の意識を芽生えさせ、ベネズエラのシモン・ボリーバル、アルゼンチン(当時はリオ・デ・ラ・プラタ連合州)のホセ・デ・サン=マルティン、メキシコのミゲル・イダルゴらがスペインからの解放戦争を進めたが、フランス領サン=ドマングでのハイチ革命の際には黒人奴隷の蜂起によって白人支配が崩壊したこと、ラテンアメリカ各地からの王党派の難民が多く亡命してきたことなどにより、スペイン帝国最後のインディアス植民地となったキューバとプエルトリコではクリオージョによる独立運動は発生しなかった。プエルトリコ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見たベネズエラベネズエラ

    冷戦末期の1987年1月には、ブラジル政府との間でホットラインを開設し、国交回復へ向けて両国関係は急展開する。以降、フィデルは中南米外交シフトを示し、冷戦終結後、ラテンアメリカ諸国で反共的軍事独裁政権が崩壊すると、キューバはブラジル、ベネズエラなど多くの国と国交を回復した。特に近年は、反米的政策を取るベネズエラのウゴ・チャベスやボリビアのエボ・モラレスと親しい関係を築き、南アメリカにおける「反米同盟」の盟主的な存在となった。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • エディ・ディアス

    エディ・ディアスから見たベネズエラベネズエラ

    エディ・ディアス(Eddy Javier Díaz , 1971年9月29日 - )は、ベネズエラ出身の元プロ野球選手(内野手)。韓国球界での登録名は、???。エディ・ディアス フレッシュアイペディアより)

  • 近代における世界の一体化

    近代における世界の一体化から見たベネズエラベネズエラ

    ラテンアメリカの諸地域では、18世紀末のアメリカ合衆国の独立およびフランス革命やハイチ革命の影響を受け、自由主義思想が流入し、折からスペインによる貿易の統制を嫌い、自由貿易を求めていたクリオージョ(現地生まれの白人)達の間で独立の気運が高まった。1808年の半島戦争によって本国スペインがナポレオン帝国に服し、また大陸封鎖令によって南北アメリカと旧宗主国との連絡が途絶えて自立化が促された。イスパノアメリカ(スペイン語圏アメリカ)のベネズエラ、エクアドル、ボリビア、コロンビア、アルゼンチン、チリ、メキシコなどでは、1809年から1810年にかけてクリオージョの大地主と貿易商人が主導権を握ってナポレオンに服属したスペイン政府からの自治を宣言した。アメリカ合衆国は米英戦争によってイギリスからの政治的独立に続いて経済的自立を図った。近代における世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • ブラック・ラグーン

    ブラック・ラグーンから見たベネズエラベネズエラ

    銃器は一切使えず、また使わないが、いざという時の肝は据わっており、作戦においては頭脳労働が中心の参謀役。その際、サラリーマン時代の知識が役立つことも多い。記憶力や機転に優れ、取引経験のあるベネズエラの名家・ラブレス家の家族構成からその飼い犬の名前まで記憶している。また、紅茶の知識にも明るく、暴力教会のヨランダを驚かせた際には彼女達がホテル・モスクワなどのマフィアに無断でコカインの取引に手を染めていることを暴き、それを交渉材料にまでしている。常時ネクタイを欠かさないホワイトカラースタイルを貫き、ロアナプラでも「ネクタイを締めた海賊」と認知されている。ブラック・ラグーン フレッシュアイペディアより)

  • コントラ戦争

    コントラ戦争から見たベネズエラベネズエラ

    特に「米国の裏庭」と呼ばれるラテンアメリカ諸国に対して介入の度合いは激しくメキシコ、キューバ、ハイチ、ドミニカ共和国、グァテマラ、エル・サルバドル、ニカラグア、コスタ・リカ、パナマ、グレナダ、コロンビア、ベネズエラ、チリなどに対して、直接的・間接的な武力介入・干渉政策を繰り返してきている。特に代表的なものとしてPBSUCCESS作戦、ピッグス湾事件、ドミニカ侵攻、チリ・クーデター、グレナダ侵攻、パナマ侵攻などが挙げられる。コントラ戦争 フレッシュアイペディアより)

  • メルビン・モーラ

    メルビン・モーラから見たベネズエラベネズエラ

    メルビン・モーラ(Melvin Mora , 1972年2月2日 - )は、ベネズエラヤラクイ州アグア・ネグラ出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。現在はフリーエージェント。メルビン・モーラ フレッシュアイペディアより)

1518件中 21 - 30件表示

「ベネズエラ」のニューストピックワード