2043件中 31 - 40件表示
  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たベネズエラベネズエラ

    コロンビア革命軍(コロンビアかくめいぐん、)は、コロンビアでかつて武装闘争を展開していた反政府左翼ゲリラである。スペイン語の正式名称から通称はFARC。かつては中南米最大の反政府武装組織であり、活動地域はコロンビア国内のみならず、ベネズエラ、パナマ、ペルー、ブラジル、エクアドルなどの周辺国へも広がっていた。農民主体のゲリラであるにもかかわらず、幹部にはインテリも含まれ、組織のホームページを運用(現在は閉鎖中)して情報収集活動も行っていた。政府と内戦終結で合意して武装解除し、2017年以降はFARCという略称はそのままで合法政党として活動している(後述)。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たベネズエラベネズエラ

    アレックス・ラミレス(Alex Ramírez, 1974年10月3日 -) 、本名:アレキサンダー・ラモン・ラミレス・キニョーネス(Alexander Ramón Ramírez Quiñónez)は、ベネズエラ出身の元プロ野球選手(外野手)、横浜DeNAベイスターズ監督(第30代)。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • ドイツによるアメリカ大陸の植民地化

    ドイツによるアメリカ大陸の植民地化から見たベネズエラベネズエラ

    ドイツ人によるアメリカ大陸の植民地化(ドイツじんによるアメリカたいりくのしょくみんちか、)は、16世紀と17世紀にベネズエラ(ドイツ語でクライン・ヴェネーディヒ、小さなヴェネツィアの意)、ヴァージン諸島のセント・トーマス島、ガイアナのクラブ島およびヴァージン諸島のトルトラ島で試みられたが、すべて短期間で失敗した。ドイツによるアメリカ大陸の植民地化 フレッシュアイペディアより)

  • ナミシュモクザメ

    ナミシュモクザメから見たベネズエラベネズエラ

    ナミシュモクザメ はシュモクザメ科に属するサメの一種。西部大西洋、ベネズエラからウルグアイの沿岸で見られ、濁った水域を好む。小型で、一般的には1.2-1.3m程度である。他のシュモクザメ同様にハンマー型の頭部(”cephalofoil”)を持つが、本種の頭部は前縁が弧を描き、中央と左右に凹みがある。体色は金色で、これは餌のクルマエビ科やナマズ目の一種が持つ色素に由来する。この体色は濁った水中での保護色となっている可能性がある。ナミシュモクザメ フレッシュアイペディアより)

  • カナイマ国立公園

    カナイマ国立公園から見たベネズエラベネズエラ

    カナイマ国立公園(カナイマこくりつこうえん,Canaima)は、ベネズエラにある国立公園。カナイマ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • サイクロン・ネグロ

    サイクロン・ネグロから見たベネズエラベネズエラ

    サイクロン・ネグロ(Cyclone Negro、本名:Edouardo Ramon Rodriguez、1932年4月7日 - 2013年2月20日)は、ベネズエラ出身のプロレスラー。サイクロン・ネグロ フレッシュアイペディアより)

  • エセキボ川

    エセキボ川から見たベネズエラベネズエラ

    エキセボ川は、ベネズエラ方面から流れるクユニ川など多くの支流を持つ。いくつかの支流は、河口から30kmほどの場所で、いくつかの肥沃な島によって分かれている。そのうちの1つであるフォート島は、この地をオランダが統治していた頃に政府があった。エセキボ川 フレッシュアイペディアより)

  • マヤカ属

    マヤカ属から見たベネズエラベネズエラ

    Mayaca kunthii Seub. in C.F.P.von Martius & auct. suc. - ベネズエラ、ブラジル、ウルグアイマヤカ属 フレッシュアイペディアより)

  • ボア・ヴィスタ (ロライマ州)

    ボア・ヴィスタ (ロライマ州)から見たベネズエラベネズエラ

    ブランコ川の西岸、ベネズエラとの国境から南へ約220km、マナウスから北へ約785kmの距離に位置している。ボア・ヴィスタ (ロライマ州) フレッシュアイペディアより)

  • ポンセ (プエルトリコ)

    ポンセ (プエルトリコ)から見たベネズエラベネズエラ

    1800年代初期、ポンセは島に多く点在する村落の一つにすぎなかった。居住者は農業、牧畜や異国との密輸によって生計を立てていた。しかし、1820年代に起きた3つの変化により、街のサイズは急劇に大きくなった。1つ目の変化は、1792年から1804年の間に起きたハイチ革命から逃れてきた、多くのフランス人がやって来たことである。この動きは1820年代までそれほど重要では無かったが、フランス人企業家 (Entrepreneur) は、ポンセでのサトウキビを生産するために重要な、平らで広大な土地と十分な資本、奴隷、周辺との商業的な繋がりに目をつけた。2つ目の変化は、1810年から1820年代にかけて、中南米諸国がスペイン帝国から独立し、帝国の衰退によって、これらの国から(特にベネズエラ)から家主や商人がやって来たことである。3つ目の変化は1815年のスペイン国王令である。この王令は、政治的にスペインと友好的な国の市民が、カトリックに改宗し農業に従事すれば、プエルトリコへの移住を許可されるというものであった。これらの変化によって生じた集団的な移住により、街の大きさが巨大になっただけでなく、住民の性格そのものも変化させた。街が成長した結果、1848年7月29日、イサベル2世によって、ポンセ村落 (Hamlet) は、村 (Village) となることが宣言され、1877年にポンセは都市憲章を得た。ポンセ (プエルトリコ) フレッシュアイペディアより)

2043件中 31 - 40件表示

「ベネズエラ」のニューストピックワード