前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
394件中 1 - 10件表示
  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たウゴ・チャベス

    しかし、1980年代を通して豊富な原油や天然資源により莫大な貿易利益がありながら貧富の格差、累積債務が増大し、プント・フィホ体制の腐敗が明らかになっていった。1989年2月27日には低所得者層により(カラカソ)が発生した。この暴動で非武装の群集に対して軍が発砲し、多くの犠牲者を出すなど世情不安が続いた。1992年には空挺部隊のウゴ・チャベス中佐が政治改革を求めてクーデター未遂事件を起こした。翌1993年には不正蓄財によりペレス大統領が辞任し、キリスト教社会党(コペイ党)からカルデラが再び大統領に就任した。しかし、ポプリスモ政策を取ろうとしたカルデラの貧困層、中間層への対策は失敗に終わった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たクーデター

    独立後、旧ボリバル派は排除され、商業資本家が支持する保守党による支配が続いたが、1840年に大土地所有者を支持基盤とする自由党が結成された。保守党が中央集権を唱え、自由党が連邦制を叫び、両者は対立し、ついに1858年、が勃発し、(内戦:1859年 - 1863年)に発展した。内戦は1863年に連邦主義者の勝利のうちに終結。自由党が政権を担うことになった。しかし、自由党は失政を重ね、1870年に保守系のが政権を握った。ブランコは18年間を独裁者として統治し、この時期に鉄道の建設、コーヒーモノカルチャー経済の形成、国家の世俗化などが進んだが、1888年のパリ外遊中にクーデターにより失脚した。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たジルマ・ルセフ

    チャベスはアメリカの影響力が強い米州機構に代わる南米諸国の組織とし米州ボリバル同盟を設立し、南米諸国との関係性を強めていこうとしている。しかし非左派政権である南米諸国との関係も円満ではなく、2015年にはコロンビアとの間で大使召還が相互に行われるなど、円滑なものとは言えない。また2016年のブラジルで、ジルマ・ルセフ大統領が弾劾された際には、ボリビアやエクアドルとともに大使を召還している。またペルーのペドロ・パブロ・クチンスキ大統領はベネズエラを激しく批判し、ベネズエラ側もこれに対して批判を行っている。また2017年の最高裁による立法権掌握などは、米州機構などの国際社会から批判を受け、ペルーは大使召還を行うなど強い措置をとっている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たアルバロ・ウリベ

    ベネズエラ軍はチャベス政権の下で豊富な石油で得たオイルマネーを背景にロシアや中国などから武器を大量購入して着々と軍拡を進め、近隣諸国に警戒心を抱かせた。チャベス政権がコロンビア革命軍を庇護していたことが問題となり、2004年のコロンビアのアルバロ・ウリベ親米政権から侵攻を受けそうになった。2010年代後半は逆に、ベネズエラ経済の混乱による難民流出が地域の不安定要因となっている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たミゲル・カブレラ

    アメリカ合衆国のメジャーリーグベースボール(MLB)にも多くの選手を送り込んでおり、アメリカ合衆国以外のMLB選手輩出国の中では、ドミニカ共和国に次いでいる。外国人監督として初めてMLBを制覇したシカゴ・ホワイトソックス元監督のオジー・ギーエンを始め、史上5人目のサイ・ヤング賞満票受賞2度を誇る最強左腕投手ヨハン・サンタナ、2006年ナリーグ最多勝の一人カルロス・ザンブラーノ、MLBの年間最多セーブ記録保持者でK-RODの愛称でも知られるフランシスコ・ロドリゲス、2012年のアリーグ打撃三冠王ミゲル・カブレラ、2010年のアリーグのサイヤング賞投手フェリックス・ヘルナンデスといったスター選手も多数輩出している。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たフィデル・カストロ

    ヒメネス失脚後、と(コペイ党)、の間でと呼ばれる密約が成立し、左翼勢力の排除と政府ポストの各党への割り当てが確約され、この協定は新たな民主体制の基礎となった。1959年には民主的な選挙の結果、民主行動党の創設者であるが大統領に就任した。ベタンクール大統領は1930年代にコスタリカ共産党の指導者だった経歴を持つが、反共主義者に転向しており、米州機構から非民主的な国を排除するベタンクール・ドクトリンを打ち出してドミニカ共和国のラファエル・トルヒーヨ政権やキューバのフィデル・カストロ政権と敵対した。これに反発した左翼ゲリラ(キューバ革命に影響を受けており、キューバに直接支援されていた)が、山岳部で蜂起した。一方で農地改革やサウジアラビアとともに石油輸出国機構の結成なども行った。ベタンクール大統領は、左翼ゲリラと戦うも鎮圧することは出来ず、1964年に退陣した。ベタンクール政権はベネズエラ史上初めて民主的に選ばれ、任期を全うすることが出来た政権となった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たアレックス・カブレラ

    スポーツにおいては、アメリカ合衆国の強い影響により、南米諸国では例外的に野球が盛んであり、世界でも有数の野球大国となっている。日本でも活躍したボビー・マルカーノをはじめ、ロベルト・ペタジーニ、アレックス・カブレラ、アレックス・ラミレス、エルネスト・メヒア、ホセ・ロペス、ロベルト・スアレスらがお馴染みの存在である。なかでもラミレスは日本プロ野球において初のベネズエラ人監督(中南米諸国を含めても初)となっている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たアレックス・ラミレス

    スポーツにおいては、アメリカ合衆国の強い影響により、南米諸国では例外的に野球が盛んであり、世界でも有数の野球大国となっている。日本でも活躍したボビー・マルカーノをはじめ、ロベルト・ペタジーニ、アレックス・カブレラ、アレックス・ラミレス、エルネスト・メヒア、ホセ・ロペス、ロベルト・スアレスらがお馴染みの存在である。なかでもラミレスは日本プロ野球において初のベネズエラ人監督(中南米諸国を含めても初)となっている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た桜木ジェイアール

    日本との関係としては桜木ジェイアールが挙げられる。桜木はアメリカ出身で現在は日本国籍であるが、来日前にLPBのマリノス・デ・アンソアテギに在籍していた。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たロベルト・ペタジーニ

    スポーツにおいては、アメリカ合衆国の強い影響により、南米諸国では例外的に野球が盛んであり、世界でも有数の野球大国となっている。日本でも活躍したボビー・マルカーノをはじめ、ロベルト・ペタジーニ、アレックス・カブレラ、アレックス・ラミレス、エルネスト・メヒア、ホセ・ロペス、ロベルト・スアレスらがお馴染みの存在である。なかでもラミレスは日本プロ野球において初のベネズエラ人監督(中南米諸国を含めても初)となっている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
394件中 1 - 10件表示

「ベネズエラ」のニューストピックワード