前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
309件中 1 - 10件表示
  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たウーゴ・チャベス

    しかし、1980年代を通して豊富な原油や天然資源により莫大な貿易利益がありながら貧富の格差、累積債務が増大し、プント・フィホ体制の腐敗が明らかになっていった。1989年には低所得者層によりカラカス暴動(カラカソ)が発生した。この暴動で非武装の群集に対して軍が発砲し、多くの犠牲者を出すなど世情不安が続いた。1992年には空挺部隊のウーゴ・チャベス中佐が政治改革を求めてクーデター未遂事件を起こした。翌1993年には不正蓄財によりペレス大統領が辞任し、再びコペイからカルデラが大統領に就任した。しかし、ポプリスモ政策を取ろうとしたカルデラの貧困層、中間層への対策は失敗に終わった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たウゴ・チャベス

    1999年に「第五共和国運動」から、1992年のクーデターの首謀者、ウゴ・チャベスが大統領に就任した。1958年代に成立したプント・フィホ体制から排除された貧困層から支持を受け、反米とポプリスモとボリバル主義を掲げたチャベスにより、同年12月には国名が「ベネズエラ・ボリバル共和国」に改称された。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たアルバロ・ウリベ

    近年ベネズエラ軍はチャベス政権の下で豊富な石油で得たオイルマネーを背景にロシアから大量の武器を購入。着々と軍拡を進め、近隣諸国に警戒心を抱かせている。辛うじて回避されたが、チャベス政権がコロンビア革命軍を庇護していたことが問題となり、2004年のコロンビアのアルバロ・ウリベ親米政権からの侵攻も一時現実味を帯びたものになった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たミゲル・カブレラ

    アメリカ合衆国のメジャーリーグベースボールにも多くの選手を送り込んでおり、2008年までに232人の選手がメジャーリーグでプレーした。アメリカ合衆国以外のメジャーリーガー輩出国の中では、ドミニカ共和国に次いで二番目の数字である。外国人監督として初めてMLBを制覇したシカゴ・ホワイトソックス元監督のオジー・ギーエンを始め、史上5人目のサイ・ヤング賞満票受賞2度を誇る最強左腕投手ヨハン・サンタナ、2006年ナリーグ最多勝の一人カルロス・ザンブラーノ、MLBの年間最多セーブ記録保持者でK-RODの愛称でも知られるフランシスコ・ロドリゲス、2008年のアリーグ本塁打王ミゲル・カブレラ、2010年のアリーグのサイヤング賞投手フェリックス・ヘルナンデスといったスター選手も多数輩出している。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たエドウィン・バレロ

    ボクシングも有名であり、かつては最古の国際機構であるWBAの本部が置かれており、4階級王者レオ・ガメス、27戦全KO勝ちを収めながら自殺した2階級制覇のエドウィン・バレロ、日本を拠点として2階級制覇を達成したホルヘ・リナレスら世界王者も多数輩出しているが、近年は興行数も激減し低迷気味。さらに2007年からは、WBAの本部も前本部のパナマに戻っている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たパストール・マルドナド

    ベネズエラ人のF1ドライバーパストール・マルドナドは、2011年にウィリアムズF1と契約。その年の第3戦中国グランプリで初完走。2012年第5戦となるスペイングランプリで初表彰台、初優勝を成し遂げた。他にベネズエラ人F1ドライバーとしては、1960年のエットーレ・キメリ(同国初のF1ドライバー。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たアレックス・カブレラ

    スポーツにおいては、アメリカ合衆国の強い影響により、南米諸国では例外的に野球が盛んであり、世界でも有数の野球大国となっている。日本でも活躍したボビー・マルカーノ(元阪急ブレーブス、ヤクルトスワローズ)をはじめ、ロベルト・ペタジーニ(元ヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツ、福岡ソフトバンクホークス)、アレックス・カブレラ(福岡ソフトバンクホークス)、アーロム・バルディリス(オリックス・バファローズ)、アレックス・ラミレス(横浜DeNAベイスターズ)らがお馴染みの存在である。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たアレックス・ラミレス

    スポーツにおいては、アメリカ合衆国の強い影響により、南米諸国では例外的に野球が盛んであり、世界でも有数の野球大国となっている。日本でも活躍したボビー・マルカーノ(元阪急ブレーブス、ヤクルトスワローズ)をはじめ、ロベルト・ペタジーニ(元ヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツ、福岡ソフトバンクホークス)、アレックス・カブレラ(福岡ソフトバンクホークス)、アーロム・バルディリス(オリックス・バファローズ)、アレックス・ラミレス(横浜DeNAベイスターズ)らがお馴染みの存在である。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たロベルト・ペタジーニ

    スポーツにおいては、アメリカ合衆国の強い影響により、南米諸国では例外的に野球が盛んであり、世界でも有数の野球大国となっている。日本でも活躍したボビー・マルカーノ(元阪急ブレーブス、ヤクルトスワローズ)をはじめ、ロベルト・ペタジーニ(元ヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツ、福岡ソフトバンクホークス)、アレックス・カブレラ(福岡ソフトバンクホークス)、アーロム・バルディリス(オリックス・バファローズ)、アレックス・ラミレス(横浜DeNAベイスターズ)らがお馴染みの存在である。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たクーデター

    しかし、1980年代を通して豊富な原油や天然資源により莫大な貿易利益がありながら貧富の格差、累積債務が増大し、プント・フィホ体制の腐敗が明らかになっていった。1989年には低所得者層によりカラカス暴動(カラカソ)が発生した。この暴動で非武装の群集に対して軍が発砲し、多くの犠牲者を出すなど世情不安が続いた。1992年には空挺部隊のウーゴ・チャベス中佐が政治改革を求めてクーデター未遂事件を起こした。翌1993年には不正蓄財によりペレス大統領が辞任し、再びコペイからカルデラが大統領に就任した。しかし、ポプリスモ政策を取ろうとしたカルデラの貧困層、中間層への対策は失敗に終わった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
309件中 1 - 10件表示

「ベネズエラ」のニューストピックワード