394件中 91 - 100件表示
  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た国際通貨基金

    ハイパーインフレに伴い、最低賃金も次々と切り上げられている。2017年5月1日には、マドゥロ大統領が就任して以来15回目の切り上げを行い、月6万5,000ボリバル(実勢レート約1,700円)に達したが、インフレは止まらず同年末には月45万ボリバル(実勢レート約500円)となった。国際通貨基金は、2018年のベネズエラのインフレ率を2,300%超と予測している。野党優勢なベネズエラ議会によると、2018年2月末時点の物価上昇率は6,147%に達している。海外に印刷を発注している紙幣の輸入代金が足りず、紙幣不足がインフラを悪化させている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たパリ

    独立後、旧ボリバル派は排除され、商業資本家が支持する保守党による支配が続いたが、1840年に大土地所有者を支持基盤とする自由党が結成された。保守党が中央集権を唱え、自由党が連邦制を叫び、両者は対立し、ついに1858年、が勃発し、(内戦:1859年 - 1863年)に発展した。内戦は1863年に連邦主義者の勝利のうちに終結。自由党が政権を担うことになった。しかし、自由党は失政を重ね、1870年に保守系のが政権を握った。ブランコは18年間を独裁者として統治し、この時期に鉄道の建設、コーヒーモノカルチャー経済の形成、国家の世俗化などが進んだが、1888年のパリ外遊中にクーデターにより失脚した。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たラファエル・ウルダネータ

    ボリバルは不屈の意志で独立闘争を展開し、1816年には亡命先のジャマイカから『ジャマイカ書簡』を著した。何度かのベネズエラ潜入失敗の後、ヌエバ・グラナダ人の独立指導者フランシスコ・デ・パウラ・サンタンデルらの協力を得てヌエバ・グラナダのサンタフェ・デ・ボゴタを解放すると、1819年にはベネズエラとヌエバ・グラナダからなるコロンビア共和国()を結成した。その後解放軍は1821年にでスペイン軍を破り、ここでベネズエラの最終的な独立が確定した。ボリバルはその後エクアドル、ペルー、アルト・ペルー方面の解放に向かい、1824年にアントニオ・ホセ・デ・スクレ将軍の率いる解放軍がに勝利して全インディアス植民地の最終的独立を勝ち取り、ボリバルは新たに独立したボリビア共和国の初代大統領となった。しかし、留守を預かっていたコロンビアの大統領サンタンデルとの関係が悪化し、コロンビアに帰国し、帰国した後もコロンビアの政局は安定せず、1830年には「エクアドル」(キトとグアヤキルとクエンカが連合して赤道共和国を名乗った)とともにカウディーリョ、の指導するベネズエラはコロンビアから脱退し、完全に独立した。翌1831年にコロンビアの独裁者、ラファエル・ウルダネータが失脚するとコロンビアは崩壊し、以降この地域を統一しようとする動きはなくなった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た国内総生産

    ゴメス時代にマラカイボ湖で石油が発見されるまでは、ベネズエラはコーヒーとカカオを主としたプランテーション農業の国だったが、1930年代には石油輸出額が第一次産品を抜き、1950年代にアメリカ合衆国、ソ連に次ぐ世界第三位の産油国となった。その後1960年代、1970年代を通して高成長が続いたが、南米で最高だった一人当たりGDPは原油価格が下落した1983年を境に急落し続け、2002年にはボリバル換算で1960年の水準にまで落ち込んだ。このことから、ベネズエラは「失われた三十年」を経験したとの分析も存在する。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たサルト・アンヘル

    南東部のオリノコ高地にはテーブルマウンテンやサルト・アンヘル (英名:エンジェル・フォール)で有名なギアナ高地がギアナ三国まで続いている。カリブ海には、ロス・ロケス諸島やマルガリータ島などのビーチリゾートがある。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たサッカーエクアドル代表

    同国代表は南米サッカー連盟所属10ヶ国で唯一、W杯本大会出場経験がない。また、南米選手権「コパ・アメリカ」ではエクアドルとともに優勝経験のない2国となっているが、初の母国開催となった2007年大会でベスト8入り。続く2011年大会では第4位に輝くなど、南米大陸中心の国際大会では好成績を残すこともある。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た日本大学

    総合格闘技・レスリングでは、真騎士が高校入学時から日本に留学、仙台育英学園高等学校から日本大学(いずれもレスリング名門)と進み、卒業後、育成選手として戦極と契約した。2009年8月8日には第3代ライト級キング・オブ・パンクラシスト(パンクラス王者)となった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たFIFAワールドカップ

    同国代表は南米サッカー連盟所属10ヶ国で唯一、W杯本大会出場経験がない。また、南米選手権「コパ・アメリカ」ではエクアドルとともに優勝経験のない2国となっているが、初の母国開催となった2007年大会でベスト8入り。続く2011年大会では第4位に輝くなど、南米大陸中心の国際大会では好成績を残すこともある。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た世界遺産

    ベネスエラ国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が2件、自然遺産が1件存在する。詳細は、ベネズエラの世界遺産を参照。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たグアイカイプーロ

    ヨーロッパ人が今のベネズエラと接触するのは1498年のクリストファー・コロンブスによる第3回航海が初めてである。翌1499年にはスペイン人のとイタリア人のアメリゴ・ヴェスプッチが内陸部を探検している。その後スペイン人によって1526年にクマナが建設され、先住民の首長グアイカイプーロとの戦いの最中の1567年にによってサンティアゴ・デ・レオン・デ・カラカスが建設された。植民地化当初はヌエバ・エスパーニャ副王領の一部として、イスパニョーラ島のサント・ドミンゴのアウディエンシアに所属していたが、1739年にはヌエバ・グラナダ副王領の一部となり、1777年にはに昇格した。植民地時代のベネズエラ経済はプランテーション制農業からのカカオ輸出に依存しており、クリオーリョ支配層は更なる自由貿易を望むようになった。ベネズエラはアルゼンチンと共にスペイン植民地体制の辺境だったために独立に有利な状況が整い、やがて後のラテンアメリカ独立運動の主導的立場を担うことになった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

394件中 91 - 100件表示

「ベネズエラ」のニューストピックワード