394件中 11 - 20件表示
  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たエドウィン・バレロ

    ボクシングも有名であり、かつては最古の国際機構であるWBAの本部が置かれており、4階級王者レオ・ガメス、27戦全KO勝ちを収めながら自殺した2階級制覇のエドウィン・バレロ、日本を拠点として3階級制覇を達成したホルヘ・リナレスら世界王者も多数輩出しているが、近年は興行数も激減し低迷気味。さらに2007年からは、WBAの本部も前本部のパナマに戻っている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たパストール・マルドナド

    ベネズエラ人のF1ドライバーパストール・マルドナドは、2011年にウィリアムズF1と契約。その年の第3戦中国グランプリで初完走。2012年第5戦となるスペイングランプリで初表彰台、初優勝を成し遂げた。他にベネズエラ人F1ドライバーとしては、1960年のエットーレ・キメリ(同国初のF1ドライバー。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た米州ボリバル同盟

    チャベスはジョージ・W・ブッシュ政権以降は反米路線を掲げた。2002年、アメリカの中央情報局(CIA)の援助・支援の下に軍部親米派のクーデターでいったんは失脚したが、全国的な国民のデモの激化、ラテンアメリカ諸国の抗議によって再び政権に復帰し、わずか3日間でクーデターは失敗に終わった。こうした経緯もあり、チャベスは反米的なキューバ、ボリビア、エクアドル、ニカラグア、中華人民共和国、ロシア、イランと関係を強化し、友好的な関係を維持している。また、ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体や南米諸国連合、米州ボリバル同盟、南米銀行の設立を主導して中南米の結束を図った。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た米州機構

    ヒメネス失脚後、と(コペイ党)、の間でと呼ばれる密約が成立し、左翼勢力の排除と政府ポストの各党への割り当てが確約され、この協定は新たな民主体制の基礎となった。1959年には民主的な選挙の結果、民主行動党の創設者であるが大統領に就任した。ベタンクール大統領は1930年代にコスタリカ共産党の指導者だった経歴を持つが、反共主義者に転向しており、米州機構から非民主的な国を排除するベタンクール・ドクトリンを打ち出してドミニカ共和国のラファエル・トルヒーヨ政権やキューバのフィデル・カストロ政権と敵対した。これに反発した左翼ゲリラ(キューバ革命に影響を受けており、キューバに直接支援されていた)が、山岳部で蜂起した。一方で農地改革やサウジアラビアとともに石油輸出国機構の結成なども行った。ベタンクール大統領は、左翼ゲリラと戦うも鎮圧することは出来ず、1964年に退陣した。ベタンクール政権はベネズエラ史上初めて民主的に選ばれ、任期を全うすることが出来た政権となった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たコーヒー

    独立後、旧ボリバル派は排除され、商業資本家が支持する保守党による支配が続いたが、1840年に大土地所有者を支持基盤とする自由党が結成された。保守党が中央集権を唱え、自由党が連邦制を叫び、両者は対立し、ついに1858年、が勃発し、(内戦:1859年 - 1863年)に発展した。内戦は1863年に連邦主義者の勝利のうちに終結。自由党が政権を担うことになった。しかし、自由党は失政を重ね、1870年に保守系のが政権を握った。ブランコは18年間を独裁者として統治し、この時期に鉄道の建設、コーヒーモノカルチャー経済の形成、国家の世俗化などが進んだが、1888年のパリ外遊中にクーデターにより失脚した。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たアルミニウム

    このため、輸出に占める鉱物、もしくは鉱物を原料とする工業製品の割合は金額ベースで約90%に達する。品目別では原油 (58.3%)、石油製品 (23.6%)、鉄鋼 (3.1%)、アルミニウム (2.0%)、化学薬品 (1.5%) である。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たグスターボ・ドゥダメル

    さらに、ベネズエラの教育で特色あるものとしてエル・システマというメソッドで行われる音楽教育が挙げられる。ホセ・アントニオ・アブレウが1975年に始めたもので、主に貧困層の児童を対象に無償で施されるクラシック音楽の教育は、ストリートチルドレンの救済や非行少年の更生に大きな成果を上げてきた。35年以上にわたり歴代の政権も支援をしており、35万人がこの教育を受けている。現在ではボリーバル音楽基金によってシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ、テレサ・カレーニョ・ユース・オーケストラ、児童オーケストラなど200以上もの楽団が運営されており世界的にも高い評価を得ている。また、このシステムで学び指揮者となったグスターボ・ドゥダメルのように国際的に活躍する音楽家も輩出している。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たアメリゴ・ヴェスプッチ

    ベネスエラ(Venezuela)という名の由来には諸説があり、一つはイタリアのヴェネツィアに由来するというものである。1499年この地を訪れた探検者、とアメリゴ・ヴェスプッチが、マラカイボ湖畔のグアヒーラ半島に並び建つインディヘナたちの水上村落を、水の都ヴェネツィアに見立て、イタリア語で「ちっぽけなヴェネツィア」("Venezuola")と命名した事によるとされている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たシモン・ボリバル

    国名中の「ボリバル」とは、ラテンアメリカの解放者・シモン・ボリバル(シモン・ボリーバルとも表記する)のことである。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た富裕層

    ベネズエラにおいては、富裕層の所有メディアにより反チャベス的な内容のものが報道されることが多かった。チャベス政権成立以降、チャベス大統領に批判的な放送局が閉鎖に追いやられたりするなど独裁色が強められた。これは失敗に終わった2002年のクーデターを支持した放送局のオーナーたちに対する報復だとの見方もある。なお、チャベス派からのメディア発信も行われており「こんにちは大統領」のようなテレビ番組も放送されていた。チャベス大統領はワシントン・コンセンサスを否定し、反市場原理主義、反新自由主義を鮮明に掲げ、富の偏在・格差の縮小など国民の大多数に及んだ貧困層の底上げ政策が中心で『21世紀の社会主義』を掲げていた。しかしながら、チャベス政権以前の旧体制派である財界との対立による経済の低迷や相変わらず深刻な格差・貧困問題、特に治安の悪化は深刻な社会問題となっており、それらを解決できないまま、2013年3月5日、チャベス大統領は癌により死去した。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

394件中 11 - 20件表示

「ベネズエラ」のニューストピックワード