309件中 11 - 20件表示
  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たアルミニウム

    このため、輸出に占める鉱物、もしくは鉱物を原料とする工業製品の割合は金額ベースで約90%に達する。品目別では原油 (58.3%)、石油製品 (23.6%)、鉄鋼 (3.1%)、アルミニウム (2.0%)、化学薬品 (1.5%) である。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たシモン・ボリバル

    国名中の「ボリバル」とは、ラテンアメリカの解放者・シモン・ボリバル(シモン・ボリーバルとも表記する)のことである。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たアメリゴ・ヴェスプッチ

    ベネスエラ(Venezuela)という名の由来には諸説があり、一つはイタリアのヴェネツィアに由来するというものである。1499年この地を訪れた探検者、アロンソ・デ・オヘダとアメリゴ・ヴェスプッチが、マラカイボ湖畔のグアヒーラ半島に並び建つインディヘナたちの水上村落を、水の都ヴェネツィアに見立て、イタリア語で「ちっぽけなヴェネツィア」("Venezuola")と命名した事によるとされている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たコロンビア革命軍

    近年ベネズエラ軍はチャベス政権の下で豊富な石油で得たオイルマネーを背景にロシアから大量の武器を購入。着々と軍拡を進め、近隣諸国に警戒心を抱かせている。辛うじて回避されたが、チャベス政権がコロンビア革命軍を庇護していたことが問題となり、2004年のコロンビアのアルバロ・ウリベ親米政権からの侵攻も一時現実味を帯びたものになった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たオリックス・バファローズ

    スポーツにおいては、アメリカ合衆国の強い影響により、南米諸国では例外的に野球が盛んであり、世界でも有数の野球大国となっている。日本でも活躍したボビー・マルカーノ(元阪急ブレーブス、ヤクルトスワローズ)をはじめ、ロベルト・ペタジーニ(元ヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツ、福岡ソフトバンクホークス)、アレックス・カブレラ(福岡ソフトバンクホークス)、アーロム・バルディリス(オリックス・バファローズ)、アレックス・ラミレス(横浜DeNAベイスターズ)らがお馴染みの存在である。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たコーヒー

    独立後、旧ボリバル派は排除され、商業資本家が支持する保守党による支配が続いたが、1840年に大土地所有者を支持基盤とする自由党が結成された。保守党が中央集権を唱え、自由党が連邦制を叫び、両者は対立し、ついに1858年、連邦戦争(内戦)が勃発した。内戦は1863年に連邦主義者の勝利のうちに終結。自由党が政権を担うことになった。しかし、自由党は失政を重ね、1870年に保守系のアントニオ・グスマン・ブランコが政権を握った。ブランコは18年間を独裁者として統治し、この時期に鉄道の建設、コーヒーモノカルチャー経済の形成、国家の世俗化などが進んだが、1888年のパリ外遊中にクーデターにより失脚した。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た福岡ソフトバンクホークス

    スポーツにおいては、アメリカ合衆国の強い影響により、南米諸国では例外的に野球が盛んであり、世界でも有数の野球大国となっている。日本でも活躍したボビー・マルカーノ(元阪急ブレーブス、ヤクルトスワローズ)をはじめ、ロベルト・ペタジーニ(元ヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツ、福岡ソフトバンクホークス)、アレックス・カブレラ(福岡ソフトバンクホークス)、アーロム・バルディリス(オリックス・バファローズ)、アレックス・ラミレス(横浜DeNAベイスターズ)らがお馴染みの存在である。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たフランシスコ・デ・ミランダ

    1789年のフランス革命によりヨーロッパの政局が混乱し、19世紀にナポレオン戦争がスペインに波及するとインディアス植民地は大きく影響受けた。インディアス植民地各地のクリオーリョ達は独立を企図し、ベネズエラでも1806年にはフランシスコ・デ・ミランダによる反乱がおきた。この反乱は鎮圧されたが、1808年ホセ1世がスペイン王に即位すると、それに対する住民蜂起を契機にスペイン独立戦争が勃発、インディアス植民地はホセ1世への忠誠を拒否し、独立の気運は抑えがたいものになって行った。1810年にはカラカス市参事会がベネズエラ総督を追放。翌年1811年にはシモン・ボリバルとミランダらがベネズエラ第一共和国を樹立した。しかし、王党派の介入とカラカス大地震によってベネズエラは混乱し、共和国は崩壊した。この時の大地震によってカラカス市の2/3が崩壊した。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た石油輸出国機構

    ヒメネス失脚後、民主行動党とキリスト教社会党、民主共和国ユニオンの間でプント・フィホ協定と呼ばれる密約が成立し、左翼勢力の排除と政府ポストの各党への割り当てが確約され、この協定は新たな民主体制の基礎となった。1959年には民主的な選挙の結果、民主行動党のロムロ・ベタンクールが大統領に就任した。ベタンクールは農地改革や1960年に設立された石油輸出国機構への加盟を行う一方で、反共政策の下キューバ敵視政策を行ったが、これに反発して折から起きていたキューバ革命に影響を受け、キューバに直接支援された左翼ゲリラが山岳部で蜂起した。ベタンクール大統領は左翼勢力と戦うも鎮圧することは出来ず、1964年に退陣した。ベタンクール政権はベネズエラ史上初めて民主的に選ばれ、任期を全うすることが出来た政権となった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た2009年

    2009年2月15日に再度国民投票を実施、賛成多数で憲法改正が承認され、大統領の無制限再選が可能となった。これにより、チャベス「終身大統領」が現実になるとの見方がある一方で、「終身独裁」に対する懸念も強まっている。また、一連の国民投票の過程で国論の深刻な分裂が露呈し、チャベス大統領の手法に対する批判も巻き起こっているが2013年3月にチャベスががんで死去した。チャベスは良くも悪くも強烈な個性でベネズエラの政治を特色のあるものにしてきたため彼の死後のベネズエラの政局がどのようになるかは不明である。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

309件中 11 - 20件表示

「ベネズエラ」のニューストピックワード